起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS Change or Nothing(2018.J2第20節@栃木:勝ち点20)

<<   作成日時 : 2018/06/25 09:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京ヴェルディ 3-0 栃木SC


得点:(ヴ)佐藤、平、森


画像


なんだかんだで4月から月1で栃木の試合を生で観に行ってるのですが、次節(30日)のグリスタでのジェフ千葉戦には両親から行こうと誘われたのですが、6/29(金)と7/1(日)にライブを観に行く予定が入っていて、その間なので観に行けないことはないのですが、めっちゃ疲れそう・・・だから、この試合(東京V戦)で勝ったら、30日実家に帰って強行観戦するわ!と親には宣言していたのですが、さて。

久しぶりに栃木サポのだいじゅさんとお会いし、一緒に観戦させてもらったのですが、開始早々左からのクロスボールがGKジョニーの前に飛んできたのですが、キャッチしきれず、ポロリとこぼすとそれを相手に押し込まれて失点。

その数分後のCKもけして難しいボールではなく、GKジョニーの手前で横からバウンドし、ファーサイドで構えていた選手に楽々押し込まれて2−0.。。。

ここまでたった6分以内のことです。

明らかにチームバラバラで。

ボールを持つことはできてもパスできない。味スタの1Fの最後列から見てたのでわかりやすかったのですが、ほとんど前線の選手もボールを要求する動きができていない。
マーカーを振りほどいてボールを要求するということをしない。
もちろん、そういう動きをしたところでボールを出してくるという気配もないが・・・。
ペチュニクはボールを収められる選手。でも、彼に無理を承知でボールを放り込んでくるわけでもなく。
そして、ターゲットマンでいるからなのかわからないが、もちろんボールを受ける動きをするわけでもなく。

ボールを要求する動きをする大黒を控えにしてることもあるのかもしれないけれど、ただただただただ後ろの方でボール回しするばっか。

そうしてるうちにコースをきっちりとられたゴロのミドルシュートを決められ3−0。

もう絶望感しかない前半でした・・・。

後半、大黒や菅に代えて川田を入れて、サイドを高い位置に取るように意識させると、栃木のペースで試合運びができ、大黒がヘッドで軌道を変えたシュートと、あと誰か忘れたのですが、ボレーがヴェルディゴールを急襲し、宛てのGKファインセーブで得点できなかったという場面があったがこの2つの決定機を作ることができ、(もちろん、栃木のゴールも脅かされるがこっちはジョニーがファインセーブした)後半だけならそれらしい試合をしたともいえるが、まあヴェルディも3点リードして無理してこないところもあって、その隙間の影響もあったとも思います。後半だけなら栃木がそこそこやれた理由も。

こんなわけで3−0の大惨敗。
前半だけなら前節の金沢戦以下のクソ試合。これだけなら今年ワースト確定でしたが、後半の盛り返しもあったので今年ワースト1位か2位甲乙つけがたいまでにはもっていけました。

J2昇格のお祝いエントリーの時にも書きましたし、2年前のJ3初年度からいつもいつもいつも思っておりましたが、横山監督ではやっぱりもう限界なような気がします。

確かに大量失点で開幕3連敗したこともありましたが、その後3バックで私が前回生で見た京都戦までをその後、9試合を5勝3分1敗と最高7位まで立て直しましたが、その時だって、守備を立て直せたのだから勝つサッカーよりも負けないサッカーで少しづつ勝ち点積めて、最終的にJ2残留できればと思ってるくらい、その時からも攻撃のパターンについては貧相なものだったと思います、ロングスロー、セットプレーのゴールが印章強く。それでも、最低でも失点1で押さえられれば1点とって最低でも引き分けで負けないサッカーができる。そう思ってました。

そして、アディショナルタイムに失点し勝ち点3を落とし、引き分けになったアウェイ愛媛戦から8試合0勝2分6敗。

天皇杯での同じJ2の徳島戦も入れると公式戦9試合0勝2分7敗。。。
甲府戦の大黒のゴールを最後に相手のオウンゴールを除くと6試合無得点。公式戦でいえば7試合無得点。

9試合をたった1敗で来た時期もあるので、判断に迷うところもあるのかもしれませんが、J3での2年間。2位という順位につけながら他のJ3チームよりも戦力が良いと言われながらも3点以上の大差で締めた試合は2年で5、6個あったかどうかと思います。
そして、カテゴリーアップしてからのここ7試合での連続ノーゴール(OG除く)。

・・・もう監督交代しても良いように思います。

この試合から1日経て、今ですが横山監督退任の情報は入っていません。

確かに監督を変えたところで、前回J3に落ちた時みたいに阪倉→倉田の時のように何にも変わらないかもしれません。他チームでいうと京都みたいにあまり変わらないかもしれません。
それでも、もしかしたらこれも他チームでいえば甲府みたいに一気に改善するかもしれません。

どうしても賭けみたいになってしまう部分はあると思いますが、ただ負けてるだけではなく7試合(公式戦)点が取れていないというのは深刻です。たしかに5試合は1点差の敗戦という僅差の敗戦ではあると思いますが、そういう理由からも「賭け」てみるのもいいのではないかと思うのですが・・・さて・・・。






As I amAs I am
SCOTLAND GIRL

ピザ・オブ・デス・レコーズ 2015-03-03
売り上げランキング : 23893

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Change or Nothing(2018.J2第20節@栃木:勝ち点20) 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる