ドイツワールドカップへの俺らの費用

今朝の日刊スポーツを見てみると




各国のサポーターがドイツワールドカップに遠征した際の費用の見積もりが掲載されていた。
これが大変興味深いものだったので、頑張って転載させてもらいました。
その見積もりの総額条件は下記の通りになる。

【総額】
(往復航空料金)+(最安チケットグループリーグ3試合分)+(都市間移動の鉄道料金)+(宿泊費)+(食費などの雑費)
*スタジアムのある都市内の移動は無料バス利用とした

ここから、各国の平均月収と照合して、資金稼ぎの労働日数を算出すると主な国は下記のようになるらしい。

国名 労働日数 総経費、月収(*労働日数は資金を得るための日数 *数字の単位は「万円」)
スイス 19日(29.7、49.1)
ノルウェー23日(30.4、41.3)
スウェーデン24日(30.7、38.7)
イングランド26日(28.5、33.2)
フランス1ヶ月3日(31.2、29.1)
オランダ1ヶ月4日(30.2、27.0)
日本1ヶ月5日(35.0、30.2)
アイルランド1ヶ月7日(29.3、23.8)
アメリカ1ヶ月8日(34.1、27.0)
ベルギー1ヶ月17日【29.6、18.9)
オーストラリア1ヶ月18日(48.4、30.8)
スペイン1ヶ月28日(32.9、17.2)
スロベニア2ヶ月19日(33.4、12.7)
韓国2ヶ月27日(59.1、20.4)
南アフリカ3ヶ月10日(35.6、10.7)
ポルトガル3ヶ月14日(30.8、8.9)
トルコ4ヶ月27日(30.7、6.3)
クロアチア5ヶ月7日(35.0、6.7)
チリ8ヶ月28日(39.3、4.4)
コスタリカ10ヶ月1日(36.1、3.6)
メキシコ10ヶ月24日(35.6、3.3)
ブラジル11ヶ月19日(37.2、3.2)
アルゼンチン13ヶ月9日(37.2、2.8)
ロシア27ヶ月(29.7、1.1)
ボリビア28ヶ月24日(40.3、1.4)
ルーマニア31ヶ月12日(31.4、1.0)
エジプト32ヶ月12日(32.4、1.0)
イラン57ヶ月10日(34.1、1.5)
ウクライナ63ヶ月24日(31.9、0.5)
ベラルーシ182ヶ月(36.4、0.2)
アンゴラ229ヶ月22日(48.2、0.2)

日本が1ヶ月程度働けば行ける所、アンゴラに至っては19年も働かないとワールドカップに行けない。
お国の経済事情とはいえ、こうして一覧にすると改めて日本は恵まれているんだなと痛感させられます。

TOYOTA CUPでボカジュニアーズが東京に来た時も、応援のために車や家を売って、足代にし来日する人も多かった。ボカだけではなく、主に南米から来るサポーターはいろいろなものを捨てて来日してる人が多かったですね。
また、日韓ワールドカップで、各国販売分が日本人にも渡ったのも、こうしたコストを照らし合わせて断念した人も多いからだろう。
と、考えると私が2002年に会ってきた、クロアチア人、アルゼンチン人、カメルーン人などは凄い代償を払って来てたんだなとつくづく実感しました。
当時も本当はもうちょっと当国のサポーターに来て欲しいところもありましたが、こういう一覧を観ると、ああなるのもしょうがないのかな・・・。

さて、2006年。ああ・・・1試合でもいいからドイツ行きたいなぁ・・・・。
日本代表の試合じゃなくてもいいんで・・・・。
お金1か月分くらいは出してもいいんだけど、時間が・・・・仕事が休めない・・・(哀

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック