戻れない道 (2006J2リーグ第36節@柏)

柏レイソル 3-1 愛媛FC


得点:(レ)平山、ディエゴx2 (愛)田中



画像

試合前、ゴール裏のコアサポの方がバクスタに来て指定席のサポーターを盛り上げる。


その際の言葉で「今日の先発は開幕戦と同じです」という旨のことを言った。
「初心に帰ろう」という認識の意味合いもあるとかなんとか・・・。

リカルジーニョが出場停止ということもあり、大敗したヴェルディ戦から2トップを入れ替え平山、谷澤を復帰させて4-4-2で臨むことに。


鈴木達也、北嶋の2トップということで、2人とも前線から労力を惜しまずプレスをかけようとする。そして、それに従うようにプレスが連動し、チーム全体で相手をすぐ囲みにいく。
そして、それに伴い中盤でキープする時間を少なくし、両サイドにボールを散らし、速攻に繋げる。。。。

しかし・・・・


両FWはプレスをかけまくるのは良いのだが、肝心な攻撃に繋がった時のターゲットに成り得ていない。
だからサイドに渡っても中央に人が入り込むまでクロスを出すのを待ったり、またそのクロスの精度もけして良いとは言えないものであった。だからシュートまで至らない。
一方の愛媛はボールを奪って、深く侵入する前にシュートコースがあれが果敢に狙っていくといったところであった。
その甲斐あって、柏のDFラインはまたも深く下げられる羽目になる。

ボールキープする癖はあるものの、ここでリカがいればミドルを放って逆に相手のDFラインを用心させ下げさせられることもできるのになぁ・・・とも思った。

正確にはカウントしていないが、前半は半ばまで愛媛が5本前後シュートを打っているのに柏は0本。攻め込んではいるのにフィニッシュに至らない。

しかし、先制点を奪ったのはシュートを放っていない柏。
前半30分、左サイドを駆け上がった平山。DFの岡山よりロングフィードが入る。
巧みなトラップで相手を切り返し、ドリブル。
僅かなシュートコースを見つけると、利き足ではない右脚を振りぬく。平山の右足のシュートとは思えないほど豪快なライナー性のグラウンダのシュートがゴールマウスに飛ぶと愛媛のGKの手を弾いてネットに吸い込まれた。
今月頭にあけぼの山に練習観に行った時にしきりに練習していたあの攻撃の形が出来たゴールだった。

そうして先制点を奪った後は数本シュートがあったものの、相変わらずミスから繋がれゴール前に迫られる場面が多々ある。
速攻に対して中央の選手をフリーにさせすぎてる場面も気になった。
攻撃が左に偏り、釣られるように谷澤も中に絞ってくると、柏の右サイドの選手が簡単にフリーになれるのだ。
それに決定機は2個作られていたのも気になった。(1回は雄太のファインセーブ、1回は相手のシュートミス)

そうしてなんとか前半は1-0で折り返す。

後半になってもそのムードは変わることなく押し込まれる展開が続く。
その中で、祐三がヘディングでクリアしたボールをそのまま相手にノーバウンドで頭で押し返されて、それが前方にパスになる。祐三がマークしていた田中は祐三のヘディングの瞬間マークが外れていたので、その隙を掻い潜って抜け飛び出してボールを受けるとそのままヘディングの押し戻しが結果的にスルーパスになり抜け出すことに成功する。両脇に小林亮と大谷?が居たのだが、反応が遅れると田中はゴール前に侵入。冷静にDFと雄太の動きを見て、シュートコースを見つけるとゴールに蹴り込み同点に追いつく。

この後、も攻め込まれ、特に相手のFWをフリーにさせすぎて捕まえきれない場面が多々出てくると北嶋の代わりに入れる李と同時に谷澤に代えて石川を投入。
3バックにし、守備にも重点を置こうという狙いだ。

しかし、これが今回は巧くいかない。
今度は中盤でボールキープできるようになっても、前にボールが運べなくなるのだ。
その中でフランサを鈴木達也に代えて投入。

これが大正解。
前線で貯めが作れ、波状攻撃に厚みが出る。
それでも愛媛も攻めてくるので一進一退の攻防を繰り広げられる。

その中で李の頭での繋ぎを拾ったフランサ。
ドリブルで2人を切り返すと上がってきたディエゴにパス。
ディエゴが3人の愛媛DF陣が固まるところを突破して左足を振りぬくとボールはファーサイドに突き刺さった2-1!

そして、その5分後にディエゴが拾ったボールを李に繋ぎ、李が体勢を崩しながらフランサにパス。フランサが駆け上がるとDF1人ついていることもあり、右を駆け上がってきたディエゴにパス。ディエゴが放ったシュートは相手金守の脚に当たってコースが変化するとネットに吸い込まれた。3-1!

そうして、結局3-1で試合は終了した。

終盤に投入した繋ぎ役の李、フランサの活躍もあり苦しんだ試合を勝利できた。

でも、内容は完敗・・・あーいや、柏も李がフランサのリスタートのパスの決定機を外したから負けとまではいかなくても完全に引き分けの試合だった。


もちろん、勝ち点3を稼ぐことが大前提だし、そういう意味では満足した。
ただ、懸念されるのは2点差勝ちの結果でこの試合での反省点を次に生かして貰えるだろうか?ということが気がかりだった。
「初心に帰る」ということで始まった試合ではあるが、最初の頃にはやっぱり戻れなていないし、やっぱり戻れないのではないだろうか。
怪我人も随分戻ってきているし、今日は序盤に頑なに貫いた4-4-2を崩しての勝利だった。
前節はシステムも配置も「コロコロ変えてるのが迷いになっているのかな?」みたいなことを書きました。
そして、今回はそのコロコロ変わる前に戻ろうとしたんだけれど、気持ちは見えたし、プレスもいつもよりも掛かってはいたんだけど、それでもやっぱり戻れなかった。
やっぱり道は戻れないものなんだろうなと思った。急には無理なのかと思った。
戻ろうとしたことで今年の序盤の課題も思い出した。
序盤のチームに完全に戻るのではなく、序盤のチームを思い出し、踏まえて今のチームと融合させていくのがこれから進んでいく道なのかもしれない。
今回の勝利で、そういうヒントを得たような気がなんとなくですが、します。
鳥栖戦→水戸戦→東京V戦と明らかに内容が悪い試合が続いているだけに、この勝利でも更に気を引き締めてもらいたいものです。信じるしかありませんけれど。


第52節。1節休みだからあと15試合。
星勘定抜きに勝つしかない。上位3チームはどこも同じ。
今は1位でも上位にしがみ付くという意識でいるうちが丁度いいかもしれない。


気の休まらない戦いはまだまだ続く。




GK 1 南 雄太 / 6.5
DF 2 小林 亮 / 5.0
DF 13 小林 祐三 / 6.0
DF 32 岡山 一成 / 5.0
DF 7 大谷 秀和 / 4.5
MF 28 谷澤 達也 / 5.0
MF 18 山根 巌 / 6.5
MF 11 ディエゴ / 7.0
MF 24 平山 智規 / 6.5
FW 22 鈴木 達也 / 5.5
FW 25 北嶋 秀朗 / 5.0
++++++++++
FW 20 李 忠成 / 6.5 (← 北嶋 秀朗 )
DF 26 石川 直樹 / 5.5 (← 谷澤 達也)
FW 10 フランサ / 7.0 (← 鈴木 達也)


監督
石崎 信弘 / 6.0


MOM
ディエゴ


主審
岡田 正義 / 5.0 ・・・ 微妙な判定というものは付き物で、そう見ればまずまずでしたが、明らかにルールとは誤った副審の判定を採用しプレーを止めてしまったのは遺憾。
(その問題のシーンは、前半に平山がロングスローインで前線を駆ける北嶋にパス。北嶋が深い位置で受けて、折り返しのゴール前には鈴木達也が詰めてきていた。でも、北嶋がオフサイドを取られる。試合が止められる。岡田主審もその誤りに気がついたのか、メインの副審の八木あかねに確認・注意しにいく。結局そのプレーは見間違い以前のルールを誤ったミス・ジャッジであると主審が判断。ここでスローインのやり直しにならず、GKから大きく蹴って柏のGK南に返し、再スタートとなった。 )
なんでもないプレーなのかもしれないけれど、ルールを知らないと思われても仕方がないジャッジは問題外。「アレはハンドだろ!」「あれは引っ掛けられたからPKだろ!」という微妙な判定とかではない。100人見れば100人がおかしいと判定するようなミス。また、明らかにミスと気がついたので主審は流せばいいのに流さなかったから問題。岡田さん、しっかりしろ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック