起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『こま撮りえいが こまねこ』を観てきました。

<<   作成日時 : 2007/01/07 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

究極の癒し系映画。



画像


この映画は1館限定で12月16日に公開されてるんですよね・・・。
だから、新年に入ったら劇場鑑賞では前年公開映画を持ち越さない主義なのですが(つまり、07年になったので06年公開映画はもう劇場では観ない主義)、この『こまねこ』に関しては先行ロードショーこそ06年12月ではあるのですが、全国拡大ロードショー日が07年1月6日なのですね。

本当は12月に含めなきゃならないのでしょうが、今回だけ特別に07年扱いで書くことにしました。



で・・・これはね、癒される。
そんな映画でしたよ。


長編パペットアニメーション映画。

こまねこという存在はこの映画で初めて知ったが、「かわいい」それに尽きる。

そして、ニャニャニャーなどの泣き声は声優さんが出しているものの、台詞は一切なし。


こまねこの大本になってるアニメが公開されている東京都写真美術館向けの作品は残念ながら拝見したことないけれども、もっともっとエピソードが見たくなった。

1時間という短い尺の中で描かれる3つのエピソードはパペットのコマ撮りの作品が3本に、半立体アニメが2本という内訳になっている。

どの作品も、かわいらしくついついクスリとした笑い顔にさせてくれる珠玉の作品となっている。

中でもラストのエピソード「ほんとうのともだち」。

この話に出てくる雪男にはある秘密があるのですが、その雪男に対してのこまちゃんの純粋な振る舞いについついこう、感情の一部分を強烈に刺激されるのですね。

06年度の1位に推した『イノセント・ボイス』もそうですが、子供とか動物とかの無垢・純粋なキャラクタの姿というものは巧く描けていれば銅線でも辿らせるかのように観客に想いを伝えやすいんですね。

とにかく、見終えた後に誰もが暖かく、そして微笑ましく、幸せになれるような映画です。

猫のかわいらしいパペットアニメ映画なのに17時台の回を見たせいもあるのかもしれませんが、客に中学生以下の子供が一人も見られなかった。 来てる客はみんな大人ばっかりでした。これはちょっと意外でしたね(笑)

ほとんどカップルの来場者でしたが、日ごろ社会の荒波に揉まれ、殺伐とし荒んだ大人たちの心の芯から暖められる映画であり、みんなそれを求めて劇場に観に来てるんだろうなと思うと頷ける想いがしました。

ただ、少しだけ難癖つけるとすれば、コマ撮りなのかもしれないが2話、4話の時半立体アニメは要らなかったかなぁ・・・。 いや背景などもこの半立体アニメだけは無いのでどこか簡素感が急激に襲ってくるのが勿体ないのです。もちろん、力を込めて、愛を込めて半立体アニメの方も作っているのでしょうけれど、そういう感触を生じさせてしまうのはやっぱり勿体ないですよ。
全編、質感のある人形劇で通してほしかったけど、敢えて言えばそこが難点というだけで・・・。ええ「敢えて」なので、大した問題ではないんですけどね。

1時間の上映時間で当日窓口購入でも\1,300円で見られます。上映されている劇場は限られていますが、是非みなさんにも見て欲しい作品ですね。


本当に愛らしく、かわいい作品なんです。
上記にも書いたように来る客は大人ばっかりという実績からも、子供だけではなく大人の人にも多く是非見て欲しいですね。

鑑賞料も安いですし、損はないと思いますよ?!


P.S.
つーか・・・あのアルバかよ!!www
http://www.albatros-film.com/movie/komaneko.html

いや、アルバというとこんな作品のイメージしかないw
http://www.albatros-film.com/title.phtml?route=&titleid=164







・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★★☆☆☆☆☆☆(14) 
・公式サイト


*2007年度から評価を★20個評価に変更しました。
 金額評価はいつも拝見してるblogからパクったものでしたし、
 でも★5個や10個評価じゃ細かいところまで分けれない。

 ということで、20個評価に。
 感覚的には★1個100円評価くらいで・・・
 例えば★18個で1800円、正規入場料。
 ★20個なら、2000円?!ということで「正規以上の価値がある!」
 という感覚で読んでもらえればと思います。

 今回で言えば、★14個なので\1,400くらいの価値があるよ!(入場料は\1,300なんですがね。それ以上のものがあるよ!)と私が見ていて、★10個ならば2で割って7  個の評価くらいですかね。お手数おかけしますが、そこらへんの変換は各自お願いいたします。

 ということで、主にサッカー系のblogなのですが、本年も映画もバシバシ観ていく予定ですので、2006年の108本劇場鑑賞数を越えたいと思っておりますので、映画系目当てで本blogにご来場くださる皆様も、本年もどうぞ宜しくお願いします!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
こまねこ
公式ホームページ ...続きを見る
獅子の手帳
2007/01/25 12:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『こま撮りえいが こまねこ』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる