今日も元気にカルト映画館~第25回 『ホーリー・マウンテン』

しょこたんLOVE





画像


サブタイトルは何のこっちゃ?とお思いでしょう。
単にしょこたんがこの映画を好きというだけのことです。
こことか、ここにちょこっと書いてたりするようです。

ソースはどこか忘れてしまったけど、ホドロフスキーのDVDの宣伝コピーに「しょこたんも好きなホーリー・マウンテン。あんな小娘に語らせておいていいのか!是非、自分の目で見ろ!」みたいなことが書いてあって、そこで興味を一層高まらせたわけですね。

んで、実際自分で見て「よーし、ハマったらしょこたんのファンになろう」と。(なんだこの決意?)

そんなわけで3日にオーダー入れたDVDが昨日18日に到着したんですよ。(おせーよ!)
それで『ファンドとリス』、『エル・トポ』と謎の怪しいサウンドトラック2枚とメイキング?という豪華BOXセットが届いたのですが、真っ先に見たのがこれというわけです。

そんな映画のあらすじはgooより。

あらすじ
砂漠で磔にされている盗賊(ホラシオ・サリナス)が、裸の子供たちに石を投げつけられた後、自らの力で十字架から降り立ち、腕のない小人と共に町へ向かった。喧騒の町で盗賊は捕えられ、石膏で作られたキリスト像が積み重ねられている鏡の間に閉じ込められる。やがてそこから脱出した彼は、高い塔のてっぺんにたどりつき、そこで練金術師(アレハンドロ・ホドロフスキー)と出会った。彼らと大工場を所有する者、兵器産業を支配する者、戦争玩具の製造者、警視総監、建築家など9人の男女は、山頂に不死の賢者たちが憩うという「聖なる山」に向けて旅立つことになる。そして彼らは自我の桎梏から解き放たれるために経なければならない苛酷な儀式の連続の後に、ついに「聖なる山」の山頂にたどりつくが…。


なんだろう。
自分が英語字幕で見てたからっていうわけじゃないと思うけど、全く持って意味不明な画が続く。
だって、開始30分は英語字幕の出番もろくに無いほど台詞がない展開が続きますもの。
自分の英語の読解力のせいじゃないってことくらいわかりますさーそりゃ。

オープニングの後、主人公の男性が顔に無数の蟻を這い蹲らせながら倒れてる。
それをフリークスの男が見つけ、子供たちとそこから救う。
救ったかと思うと、十字架に貼り付けにし、子供たちは爆笑しながら石を投げつける。
主人公の男はさすがに目覚め「怒ったぞ~!」と言わんばかりに叫ぶ。
子供たちは笑って逃げる。そして自分を救った?のがフリークスの男性とわかると彼とその十字架を抱えて笑顔で街に繰り出す・・・。

シュールすぎる・・・。

この後、イエス・キリストとして主人公の人型を無数に複製されたり、街の人が銃殺刑になるも血、はらわたの変わりに鳥が出たり、青い血がでたり・・・。
もうあれですね、難解です。それしかいえません。だって、ウンコ錬金術とか行いますよ?
理解なんかできるのでしょうか?無理矢理こう思うと型にはめて考えることはできますが、それは正解なのでしょうか?追求すると永遠のループに陥りますよ。

この後、惑星に準えた主人公含む9人とプリーストと不死の賢者を目指すためにホーリー・マウンテン目指す珍道中?となる・・・。

人間の醜悪な部分をいきなり描いたりして、生理的に嫌悪と興味を掻き立ててそれでもってとびきり美しい色彩映像で見せる。狙ってるにしてはもの凄い狙い方で終始描き続けるのだ。

こうして「何これ?」という思いを観客、視聴者に見せ付けておいてあのオチである。

そのオチは敢えて伏せておくがこの展開であんなことを堂々と語られていては「う・・・・うん・・・」と納得せざるをえなくなる。
ホドロフスキーという人はとことん人の裏の裏を突く映画を撮った


とりあえず 「感覚」で観る映画 だと思います。
「理屈」は置いてきた方がいい。
何か辻褄、整合性を考えているとそれはたぶん意味がない行為になることを知ってるからここでそれだけは言っておけると思う。

こういう意味わからない映画は最終的に好きか嫌いか。
それだけで充分な理由だしそれで判断されていいと思う。

それでいうと間違いなく好きな映画。いや、大好きな映画。

そして、こんなキ●ガイ映画を愛するしょこたんにも萌えというオチで。



・理解不能度:★★★★★   
・キ●ガイ度:★★★★★ 
・グロゴア度:★★☆☆☆ 
・おバカ様度:★★★★☆ 
・御エロ様度:★★★☆☆

あらゆる点において沸点に到達していると思います。



【本作品など】2011.10.20追記






【本作品、関連作品】




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック