浜崎あゆみさん左耳の聴力が奇跡的に回復(笑)

いやあおめでたいことです(棒)




ヤフーヘッドラインより

あゆ10周年にミラクル!左耳が回復
4月9日7時2分配信 スポーツニッポン


 浜崎あゆみ(29)がCDデビューから満10周年を迎えた8日夜、東京・国立代々木競技場第1体育館で記念公演を行った。アンコールで1万2000人の観客が代表曲「Who…」を合唱して祝うサプライズがあり、浜崎は感涙。フィギュアスケートの浅田真央(17)も祝福に訪れた。また、聴力を失ったとされる左耳もメモリアルデーに向け、回復していたことが分かった。

 ファンからの思わぬ贈り物に驚いて口に当てた左手は、いつしか両目からあふれる涙を何度もぬぐっていた。スタッフから大判のタオルを渡されるほど、涙は止まらなかった。

 1万2000人の大合唱。「Who…」は女子高生の教祖としての地位を決定付けたアルバム「LOVEppears」(99年11月発売)の収録曲。♪これからも ずっとこの歌声が あなたに届きます様にと…。その言葉は、作詞した浜崎がライブでファンへの思いを込めて歌いかけることが多い。この日は逆に、ファンから「あゆに届きますように」とささげた。

 98年4月8日にシングル「poker face」でデビュー。以来、10年間で2000億円以上を稼いだ。トップを走り続けた心身の疲労は計り知れない。昨年末、体調を著しく崩し、恒例の年越しライブさえ、一時は危ぶまれた。

 左耳も10年間のストレスと無縁ではない。関係者によると「いまも体調は万全ではない」という。だが、メモリアルイヤーに「自分の精いっぱいの歌声を届けたい」という思いが、ステージに向かわせた。ライブでは何度も左耳のイヤモニターを入れ直し、関係者も「どの程度かは分からないが、いまは聞こえているそうです」と話した。

 ジュエリードレスなど豪華衣装のほか、ピンクのミニスカ姿で松田聖子風に“ぶりっ子”しながら歌うユニークな場面も。アンコールでは重量50キロの巨大ケーキも登場し「こんなにお祝いしてもらって本当に幸せ者だと思います」。最後はマイクを置き、肉声で「ありがとうございます!」と客席に叫んだ。

 この日発売の記念シングル「Mirrorcle World」はオリコンのデイリーチャートで首位発進。通算30作1位の記録達成は濃厚で、メモリアルイヤーに花を添えることになりそうだ。

最終更新:4月9日7時2分



わー。すごいやー(棒)
あゆ、よかったねぇ(笑)

笑顔笑顔。


それはさておき、この人のライブ。昔行ったことがあります。
最初のほうの全国ツアーか何か。
大学時代の後輩のジンボくんと行った思い出があります。
で、確か病気かなにかで延期食らった思い出が。

そのときは楽しかったですよ。ステージも凝ってて。


僕は本気で心配してましたけど!!!当たり前じゃないっすかぁ!!!!

いやー、よかったよかった(棒)






特別ファンでもないんですけどね。




追記。(4/11)

あゆ左耳 やっぱり聞こえてない
 デビュー10周年記念ツアーを行っている歌手の浜崎あゆみ(29)の聴力が回復してきたとされることについて、所属レコード会社のエイベックスは10日、本紙の取材に「聴力は一切回復していない」と説明した。

 問題となったのは9日付のスポニチ本紙で左耳に入れたイヤモニターを何度も入れ直していたことなどから、完全に聴力を失ったとされた左耳が「奇跡的に回復していた」と報じた内容。これに対し、エイベックスは「左耳の聴力は残念なことに全く回復していない」と説明。年明けに浜崎本人が公式ファンサイトで明かした通り、担当医の説明によれば回復の見込みがないことをあらためて強調した。同社では「デリケートな問題を抱えた中、奮闘しているツアーなので、誤解を招かないようきちんと説明したかった」としている。

 浜崎の10周年記念ツアーは5日に東京・国立代々木競技場第1体育館で開幕。デビュー記念日の8日までの3公演で連日満員の3万6000人が集まるなど、計23万人を動員予定と注目を集めている。

[ 2008年04月11日



えーんえーん(涙)
やっぱり、あゆのお耳治ってなかったよう。

かわいそうですー。早く元気になってねー><

心から心配してまーす。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック