『ハプニング』を観てきました。

前夜祭にて鑑賞!




画像

あらすじはgooより
ある日突然、アメリカ全土からミツバチが姿を消したのを皮切りに、街で人が次々と倒れていく異常現象が始まる。連絡も取れなくなり、情報はだんだん少なくなっていく。原因も分からないまま世界はパニック状態に陥り、“何か”に人々は追い詰められていく…。

『シックス・センス』『サイン』のM・ナイト・シャマラン監督が、何かに追い詰められ、人類滅亡の危機から逃げ延びようとする家族を描くサスペンス。本作についてシャマラン監督は、R指定が付く可能性も恐れずに、自分が本当にやりたいことをとことんやったとコメントしている。主演は『ディパーテッド』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたマーク・ウォールバーグ。(作品資料より)


シャマラン作品って、なんかどれもこれも好かんのですよ。
糞映画が多くってねぇ・・・。

でも、これは見たかった。
この映画の劇場トレーラ見たときから見たかった。

それは個人的に大好きなジャンルである謎のパニック」、「巻き込まれ型パニック映画である様相が拝めたからだ。

で本日、26日から公開なものの一部ワーナーマイカルでは前夜祭と称して先行公開を行ってくれた。

さっそく見てきたが・・・・


うん、これは面白い。シャマラン作品の中でも一番好き(他が大嫌いな作品ばかりというのもありますが)

公園で、通りで人がばったばった死んで行く。
立ち止まっては死んで行く。

倒れるだけではなく、銃を持ったり首を釣ったりと街は自殺志願者で溢れだす。

1人、2人の話ではないので当初はこれを「テロ」と報道され、緊急避難を呼びかけられ、どこに人々は逃げたらいいのかわからず模索しながらも生きる道を探す。

この作品が面白いのは、『宇宙戦争』、『クローバー・フィールド』、『ミスト』などのように主人公が軍隊の人間だったり、特殊工作員だったりとかそういうパニックに対峙しやすい特殊な職種の人間ではないことだ。
主人公の中年は数学の講師。まさに一般人だ。

その一般人視点で謎の病?テロ?から逃げるから観客も同化しやすくなり、彼の一挙手一投足に同調するように見れるのである。

これが『アルマゲドン』みたいにもうベッタベタのヒーローもんだとやっぱり距離を作ってしまうだろう。
そうではないのが、まずこの映画を素直に面白いと思えた一因なのではないかと思う。

この謎の現象の原因を何もわからない一般人はあれだ、これだと推測しながら協力しあって逃げていく。

逃げては追いかけ、逃げては追いかけ。

果たして彼らはどこへ逃げたらいいのか・・・・?


いろいろもっと多く語りたいけど『ミスト』の時も書いたようにこれは予備知識持たずに見たほうがいい。

そして、この収束の仕方に賛否両論あるんじゃないかな?
それはそれでもいいけど、私既述の理由から全然在りだと思うんですよね。


でも、この作りでそれを求めるのかな・・・?とも思うんですよね。
見ていればこの映画はそういう見方をしないのはよくわかってくると思いますが・・・。
そういう人は『アルマゲドン』みたいな映画をお勧めします。

先ほど書いたように『宇宙戦争』、『ミスト』などが好きな人であればたぶん好きなんじゃないだろうかと思うんですよね。


個人的に、なのかもしれませんが本当に面白かったんですよね。
人を選ぶ映画かもしれませんが、それでもよければ是非劇場で!




・評価:★★★★★★★★★★  
     ★★★★★★★★☆☆ (18)
・公式サイト


【関連作品】






自殺ドミノ――自殺事件に巻き込まれた人々の恐るべき証言 (晋遊舎ブラック新書9) (晋遊舎ブラック新書 9)自殺ドミノ――自殺事件に巻き込まれた人々の恐るべき証言 (晋遊舎ブラック新書9) (晋遊舎ブラック新書 9)
石原 行雄

晋遊舎 2008-05-31
売り上げランキング : 115169
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事へのコメント

2008年07月26日 23:21
こんばんわ!私も観てきました☆
確かに、観ながら「宇宙戦争」を思い出しました!
特に泊めてもらった家の住人が、かーなり怪しくて怖いところなんかは!
かつを
2008年07月27日 12:06
こんにちわ!

あのおばさんの人形が一番怖いところかも・・・・w
変わり者の人にお世話になることは怖いことです。はい。
しの
2008年07月30日 13:04
なんの予備知識なしに、土曜日の2時頃見ました。いつもより
観客が多いので、びっくりしました。どんどん引き込まれてしまいました。久し振りに、おもしろかったわ。
マジックアワー見ましたが、全然笑えませんでした。
私がおかしいのかな?
かつを
2008年07月30日 16:16
こんにちわ。

オチで賛否ありますが、自分は面白いと思いました。

マジックアワーはそうですねえ・・・。最後のところの脚本の妙もへったくれもないコントみたいな締めが無ければもっと面白かったのにとは思いました。

まあ、感想なんて人それぞれですから、気にしないでいいかと・・・。

この記事へのトラックバック

  • ハプニング/The Happening

    Excerpt: 『シックス・センス』で評価されて以来、一発屋とか言われちゃってるMナイト・シャマラン監督、久々の新作{/ee_1/} 今回も、もちろん自身が脚本を務める。 シャマランが来日してのジャパンプレミア.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2008-07-26 10:20