起妙的・2008年ワースト映画20選

ということで、まずはワースト20から。






映画関係ブロガーにとっては恒例の本年公開作品のベスト、ワースト企画ですが今年も当blogでもやらせていただきたいと思います。

昨日も書きましたが、134本(『地球最後の日』を年内鑑賞予定なのでそれを含む)を映画館もしくは劇場にて、47本をDVDにて、合計【181本】を本年(08.1月~12月)劇場公開作品を鑑賞しました。

若干まだ年内も鑑賞するので後ほどちょっと修正があるかもしれませんが、とりあえず挙げさせていただきたいなーと思います。

まずは、「ワースト20」です。ワーストということは簡単に言うと私が好きじゃない映画です。
ですので、少し暴言?などもあるかもしれませんが、私のチラシの裏みたいなブログですし、どうぞ心の広い人のみ、下記にお付き合いください!

では、発表です。

*基本的には★10個以下からがメインです。
*なんか敢えて低予算だとか、糞映画も覚悟してるようなものは選ぶこともあるけど、選ばないこともあります。
(なので『DOA/デッド・オア・アライブ』なんかは選ばない。)
*もちろん、個人的な評価です。だから、ただの好き・嫌いにおいてこういう総括の時にコメント欄で反論されても困るかも。このワースト評価に何か我慢ならないという人はトラックバックにてお願いしまーす。そのトラバに関しては承認の方向で行きますので。

どうか、怒らずに許していただける方だけ読んでくださいっ!お願いします(笑)

***********************************************
●ワースト20位
K-20 怪人二十面相・伝

上映時間 137分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2008/12/20
ジャンル アクション/アドベンチャー/ミステリー
画像


結構、評判はいい映画みたいですね。 でも、私には全く受け付けない映画でした。あくまでも、個人の好き嫌いの範疇で述べさせて貰ってますのでご了承ください。

***********************************************
●ワースト19位
アース

アース スタンダード・エディション [DVD]
上映時間 96分
製作国 ドイツ/イギリス
公開情報 劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月 2008/01/12
ジャンル ドキュメンタリー
画像

普通に放送されていたドキュメンタリ番組の再編集みたいです。最後に取ってつけたようにそれまでさほど強調されていなかった環境問題に結び付けて映画を締めるあたりもなんつーか、編集が命のドキュメント映画では粗が目立ちすぎて苦笑するしかなかった。
 また、中学生だか小学生以下を500円に設定したせいで、普段映画館に来てないようなバカ家族が多くてとにかくウザかった。どいつもこいつもマナーのなってないガキとバカ親ばかり。どこにも連れて行けない家族が安上がりに映画館に来たんでしょう。
いつも「映画料金高いなぁ」と思っているのだけど、こういう惨状を見るとある程度高く設定し敷居を高くしておくのも大切なのかもと思ってしまった。

***********************************************
●ワースト18位
帰らない日々

帰らない日々 [DVD]
上映時間 102分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ブロードメディア・スタジオ)
初公開年月 2008/07/26
ジャンル ドラマ/サスペンス
画像

心の葛藤の表現の方法が肝になるところなんですけどね。なんていうんだろう・・・これほどダラダラと冗長すぎる映画ってのもそうそうないかなと。 短くできる内容も無理矢理引き延ばした感じがしてどうもこうかったるかった。

***********************************************
●ワースト17位
紀元前1万年

紀元前1万年 特別版 [DVD]
上映時間 109分
製作国 アメリカ/ニュージーランド
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2008/04/26
ジャンル SF/アドベンチャー
画像

ああ、「アポカリプト」みてぇだなぁ・・・と思ったら眠くなった。

***********************************************
●ワースト16位
: 『大いなる陰謀

大いなる陰謀 (特別編) [DVD]
上映時間 92分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2008/04/18
ジャンル ドラマ
画像

 アメリカが自分たちを省みてるのはわかる。しかし、この映画では現地よりも卓上での危機の直面に重点を置かれ、危機が目の当たりにある現場のシーンは少ない。たまにはこういう映画もいいのだろうけれど、私は日本人だしなぁ・・・。軍隊に入ることで愛国心を維持するとかそこまでには至らないし・・・。まぁ、考える映画ってよりは、アメリカに「考えてくださいねっ!」って思える映画ってところですかね。すんません、正直90分くらいで短いのに退屈すぎました。

***********************************************
●ワースト15位
: 『蛇にピアス

蛇にピアス [DVD]
上映時間 123分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月 2008/09/20
ジャンル 青春/ドラマ/ロマンス
映倫 R-15
画像

 脱いでる吉高由里子を拝むだけの映画。それだけと言っても過言じゃないです。

***********************************************
●ワースト14位
: 『シャッター

シャッター (特別編) [DVD]
上映時間 90分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2008/09/06
ジャンル ホラー
映倫 PG-12
画像

 奥菜恵のハリウッドデビューだぁ?監督は落合さんだし、舞台は日本だし。あんまりハリウッドって気がしない。
これは、タイの『心霊写真』のリメイクだけどアジアンホラーをアメリカでリメイクするのはやめてくれって。成功した作品あんのか?

***********************************************
●ワースト13位
: 『ミラクル7号

ミラクル7号 [DVD]
上映時間 88分
製作国 香港
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2008/06/28
ジャンル コメディ/ドラマ/SF
画像

 とにかく、愛らしい宇宙人のナナちゃんの虐待が酷い。笑えない。マジで酷い。これで笑いやアットホームなコメディを作ったと考えるならチャウ・シンチーはマジキチ。お国柄なんでしょうかね?ナナちゃんを虐待するところで笑える人っているんですかね?日本人で。

***********************************************
●ワースト12位
: 『ダイアリー・オブ・ザ・デッド

映時間 95分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(プレシディオ)
初公開年月 2008/11/15
ジャンル ホラー
映倫 R-15
画像

 ロメロのファンには楽しいらしいです。でも、私は特にロメロファンじゃないんで面白くなかったです。
 (ちなみにアンチロメロでもないですよ。)

***********************************************
●ワースト11位
: 『D-WARS

上映時間 90分
製作国 韓国
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2008/11/29
ジャンル 特撮/SF/アクション
画像
 
 いやあ・・・本当は前評判の酷さからワースト5に入るようなもんを期待していたんだけどね。市街地戦でつい見入ってしまったんで(笑)でも、ストーリーの破綻っぷりはものすごいね。大人が書いた脚本とは思えない。

***********************************************
●ワースト10位
: 『相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン

相棒-劇場版-絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン <通常版> [DVD]
上映時間 117分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東映)
初公開年月 2008/05/01
ジャンル サスペンス/犯罪/ミステリー
画像

 なんだかフジテレビの安っぽいドラマの映画化みたいな雰囲気の映画。

***********************************************
●ワースト9位
: 『イーグル・アイ

イーグル・アイ スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]
上映時間 118分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(角川映画=角川エンタテインメント)
初公開年月 2008/10/18
ジャンル アクション/サスペンス
画像

 期待値高かったんだけどなぁあああああああああ!!!!だからかな?なんだか物凄く酷い出来の映画に見えてしまったのは。

***********************************************
●ワースト8位
: 『カンフーくん

カンフーくん スペシャル・エディション [DVD]
上映時間 98分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(角川映画)
初公開年月 2008/03/29
ジャンル アクション/格闘技/ファミリー
画像

 見るからに糞映画です。まあ、糞映画でしたがこの映画の場合は糞映画と呼ばれるのをどこか覚悟というか、狙ってるというか。そういう浅ましさが鼻についた。

***********************************************
●ワースト7位
: 『マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋 [DVD]
上映時間 94分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(角川映画)
初公開年月 2008/02/16
ジャンル ファンタジー/コメディ
画像

 映像は綺麗ではないけど、華やかだった。でも、泣かせどころ?では泣けないし。笑えるところもないし。子供の層をターゲットにしたんだろうけど中途半端すぎる映画でした。

***********************************************
●ワースト6位
: 『少林少女

少林少女 コレクターズ・エディション [DVD]
上映時間 107分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2008/04/26
ジャンル アクション/コメディ/格闘技
画像

 ラストの対決のあたりはもうさ、ギャグでしょ?そういういかにも「どうぞ、糞映画って俺を呼んでくれ!」って空気がプンプンする映画には厳しいですよ、おいらは(笑)ってことで、敢えてワースト5から外してみる。

***********************************************
●ワースト5位
: 『パコと魔法の絵本

パコと魔法の絵本 通常版 [DVD]
上映時間 105分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2008/09/13
ジャンル ドラマ/コメディ/ファンタジー
画像

 これ、すごい評判いいですよねー。でも、これ本当に良いですかねぇ?私は中島哲也の『嫌われ松子の一生』も『下妻物語』も大好きですけどね。これはダメでした。”泣かそう”という中島監督のコースを外れた勝負球にバットを振らなかったといったところでしょうか。いつも書いてるように泣かそうとする作品で、そこで泣けたら素直に評価するんですけどねー、これはちっとも泣けず。あと、阿部サダヲのテンションが空回りでウゼェ。サダヲは好きな役者なんだけどね、この作品でのサダヲはホントにウゼェ。あとなんていってももともと役所さんが嫌いだからかな?私が。
アヤカ・ウィルソンたんは可愛い!異論はない!でもね、すげえ演技下手だよね。まあ、まだ子供だからこれからだとは思うけれども、役所とかサダヲとか暑苦しい役者が多い映画なだけに妙にこの子の演技の下手さが目立って仕方なかった。セリフとは多いわけじゃないし、むしろ同じセリフが多いし、難しい役でもないと思うんだけれどもね。

***********************************************
●ワースト4位
: 『奇跡のシンフォニー

奇跡のシンフォニー [DVD]
上映時間 114分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(東宝東和)
初公開年月 2008/06/21
ジャンル ドラマ/音楽
画像

 これも評判は悪くないのが何か意外ですね。まあ、偶然が映画にはつきものはのはわかるけど、ここまで連鎖させられると萎えるって(笑)まあ、そこも含めて「奇跡」と言ってしまえばそれまだだけど(苦笑)


***********************************************
●ワースト3位
: 『彼が二度愛したS

上映時間 108分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ショウゲート)
初公開年月 2008/11/08
ジャンル サスペンス/ミステリー/犯罪
映倫 PG-12
画像

 ここまで馬鹿で幼稚なサスペンス映画って稀だな。去年の『パーフェクト・ストレンジャー』以上に間抜けなサスペンス映画かも(笑)

***********************************************
●ワースト2位
: 『シルク

シルク スペシャル・エディション [DVD]
上映時間 109分
製作国 カナダ/フランス/イタリア/イギリス/日本
公開情報 劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月 2008/01/19
ジャンル ロマンス/ドラマ
映倫 PG-12
画像

 今年一番最初に観た作品がよりにもよってこれ(笑) 本当に酷い映画だよ。突っ込みどころ満載。

***********************************************
●ワースト1位
: 『リボルバー

リボルバー DTSスペシャル・エディション [DVD]
上映時間 115分
製作国 イギリス/フランス
公開情報 劇場公開(アステア=アスミック・エース)
初公開年月 2008/06/07
ジャンル サスペンス/犯罪
映倫 PG-12
画像

 これ面白いと言ってる人はガイ・リッチーのファンだけでしょ?どこが面白いの?これほどまでのオナニー映画ってそんなにないでしょ。もうね、なんか後半になればなるほどストーリーがわけわからなくなって、破たんしてきて気持ち悪い(笑) 理解できないお前が悪いとか言われそうですが、理解できなかったんだから自分にはつまんない映画なわけですよ、そりゃ。・・・つーか、本当にこれ面白いって言えるのかな?

***********************************************


総括:

自分ではそんなつもりは全く無いのですが、自分は捻くれてるのでしょうかね・・・。
『K-20』とか『パコと魔法の絵本』とかすっごい評判いいじゃないですか。
でもね、ごめん・・・ちっとも面白くなかったんだよなぁ・・・。

まあでも、個人的な評価だし仕方ないよね!いいよね!・・・と自分では思っておりますです。

明日、今度はベスト20を発表できればと思っております。
またお暇がありましたら読んでやってくださいませ!よろしくお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

りん
2009年01月04日 20:30
毎年楽しみなこの特集♪
イーグル・アイは詰めが甘い点は多々ありますが、ベストに入ります。
目が離せませんでした。
他は、同意。大いなる陰謀とパコのどうしようもなさには参りました。
面白くなさそうで見なかったものが一番多いんですが。。
かつを
2009年01月05日 08:08
おはようございます。
去年(08年)は劇場鑑賞数を約20本減らしました。
映画は見てみなければわからないものも多いのですが、色々な事情で少しだけ減らさなければならないところもありまして・・・。

なので、りんさん同様に面白くなさそうなものは全くとは言いませんが、スルーするものが多かったですね。だから、本当につまらない作品とは出逢ってないのかも?w

今年ももう少し劇場鑑賞数を減らしてみたいなと思いますが(多くても120本程度に抑えたい)・・・できるかな・・・?自分に・・・w

この記事へのトラックバック