08秋クールドラマ”簡素”感想(10-12月ドラマ私的評価)

いつものように簡素に。





(火曜日)
●【21】『セレブと貧乏太郎』
・・・フジの枠らしいコメディだなぁと。 

*最終感想:★★★☆☆




●【22】『チーム・バチスタの栄光』
・・・判ってるだけでチーム・バチスタの中に少なくても3人以上も人殺しがいるなんて・・・(現在放送迄)。なんなのさ。

*最終感想:★★☆☆☆




(木曜日)
●【22】『風のガーデン』
・・・回を重ねるごとに良さがわかってきました。この秋一番の作品でした。 

*最終感想:★★★★★




(金曜日)
●【21】『ギラギラ』
・・・最初は見なかったけど、いつしかそれなりに観てました。佐々木蔵之介ってホストって感じじゃないんだよねぇ・・・。まあ、ホストらしいホストじゃなくてっての役だったけど。

*最終感想:★★☆☆☆




●【22】『流星の絆』
・・・面白い話なんだろうけど、下手にクドカンテイストを挿入しようとするところがマイナス。 原作は未読なので、詳しくは突っ込めないで憶測にすぎないんだけど、たぶん東野圭吾原作でのクドカン脚色はやっぱりミスマッチだったのかな?

*最終感想:★★★★☆




●【23】『サラリーマン金太郎』
・・・いつも金太郎が情熱アタック。大会社のお偉いさんとなぜか直に接触。そして、根性で気に入られる。いつもそんなノリだよなぁ。高橋克典の金太郎の時から。

*最終感想:★★★☆☆




●土【21】『スクラップ・ティーチャー~教師再生~』
・・・リタイア。

*最終感想:☆☆☆☆☆(リタイア)






*まとめ*


前回の初見感想からは、『スクラップ~』がOUTで、『ギラギラ』がINになったくらいですかね。
今回も個人的な当たりはないかな?と思ったのですが、『風のガーデン』が最初はしっくりこなかったのですが、回を増すごとにジワジワと染み入るものがありますね。
倉本脚本の作品で言えば、前作『拝啓、父上様』もそうでした。
個人的なことなんでしょうけど、リタイアせずに見ていけばハマってくるものがあるんだろうなと。


そんなかんじで2008年のドラマ鑑賞も一区切り。
月末にまた、2008 favoriteのコーナーで今年のこの一本でも挙げさせてもらえればと思います。




拝啓、父上様 DVD-BOX拝啓、父上様 DVD-BOX
倉本聰

ポニーキャニオン 2007-08-01
売り上げランキング : 1306
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック