09冬クールドラマ”簡素”感想(1-3月ドラマ私的評価)

冬はサッカーも少ないし、結構ドラマはちゃんと見てます。




(火曜日)
●【21】『メイちゃんの執事』
・・・特撮好き歓喜wwwwwww カブトの水嶋ヒロと電王の佐藤健も出すなら響鬼さんも出してほしかった。
まあ、女の子歓喜狙いのイケ面ドラマですた。ジャニーズがいないのもよかった。 

*最終感想:★★★☆☆



●【22】『トライアングル』
・・・ロッカーに拳銃を管理する刑事(笑)、令状もないのに家宅捜査(笑)驚かせようという意図だけ先行し、突っ込みどころだらけの糞ドラマに。そもそも秘密を打ち明けるような二人だけの会話を第三者が近くで立ち聞きするシーンが少なくても2つ以上あったし、江口の妹役の相武と北大路がこっそり会っていたのも偶然江口が見かけるとか、もうねそういう展開ばっかり。脚本が糞なのか、演出が糞なのか。たぶん両方だな。これで関係ない人が犯人だったら本当に☆は0個でもいいかも。
ドラマには偶然とかそういう話の展開も必要でしょう。わかります。しかしですね、緻密さを重要視するジャンルでもある”サスペンス”でこんなバラバラな脚本書くなよと。

*最終感想:★☆☆☆☆



(木曜日)
●【21】『特命係長 只野仁(4th シーズン)』
・・・ゴールデンにこのドラマ持ってくるなよ、ゴールデンへの気遣いも多々見られてキレが無い。つまんねえ。 

*最終感想:★★☆☆☆



●【22】『ありふれた奇跡』
・・・回を重ねるごとに良さが無くなっていく。山田太一ならではの格差社会の偏見を見せつける脚本は悪くはない。
悪くはないのだけれど、仲間由紀江が子供を産めない体だから結婚できないだの、男が種なし精子なんだろうとか、ばあちゃんが孫娘は変な男に嫁に出せないと言えば、こんどはじじいが孫息子とあの子供ができない女を結婚さすわけにはいかない、とか。いつまで引っ張るんだよって。 

*最終感想:★★☆☆☆



(金曜日)
●【22】『ラブシャッフル』
・・・初見感想では★1個だったけど、なんだろう?観ているうちに面白く感じてきた。「嘘だと言ってよジョー」だの「タラちゃんず」みたいな聞いている方が恥ずかしくなるノリは野島流のギャグなんだろうと体になじませたり、他にもこの当初受け付けなかった時代外れのノリなどを不思議と面白く感じるようになってきた。


*最終感想:★★★★☆



   【23】『歌のおにいさん』
・・・子供番組のドラマなのに子供がメインにならない。おにいさん、お姉さんの”芸能活動”の話ばっかりが焦点になる。それに子供が惹きつけられるようなシーンもあるけど説得力が全然無い。あと大野くんの元の彼女役の女の子。誰あれ?演技が下手すぎる・・。


*初見感想:★★☆☆☆



●土【21】『銭ゲバ』
・・・面白い。こんなに面白いドラマは久しぶりだ。とことんドギツイ主人公。今日の放送含めてあと2話あるが、ここまでは主人公の風太郎の背景に同情できる余地はあったものの、その余地を塗り潰してはみ出すくらいの残酷な行為を重ねていくという。
これからの残りの2話で少しは人々の心に救いを与えて終わるのか。このまま救いのないまま終わっていくのか。
どちらにしても、近年自分が知るドラマの中では無かったほどの傑作。

また、内容が内容なので提供スポンサーがコカ・コーラ1社であり、従来のこの枠のスポンサー(スバル自動車)などは本編の前後に名前を連ねるという措置に。そんなコカ・コーラ大好き!コカ・コーラさんの英断には感謝しております!

あとこの枠の従来のスポンサーって明治製菓だっけか?・・・まあ、全く買わないことはないだろうけど・・・。

とにかくもう今年No.1のドラマ決定と言っても過言じゃないかも知んないドラマでした。
まあ、視聴率も良くないわけだし実は一部だけが好きなカルトドラマかもしれないけど(笑)

*最終感想:★★★★★+★





*まとめ*
駄作は豪華キャストなのにクソすぎる『トライアングル』。
傑作は『銭ゲバ』。

これに尽きるでしょうか。

あと山田太一にはちょっとガッカリしましたかね。
「ふぞろいの林檎たち」最新作でも書いてkれればよかったのに・・・。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック