『ザ・スピリット』 無駄な時間を過せる映画 (23)

5/29 東京厚生年金会館 試写会にて鑑賞。




画像

あらすじはワーナーマイカルHPより
【ストーリー】
鬼才フランク・ミラーが放つ超映像ワールド!

スピリットは、一度は死んだ元刑事。なぜ墓場から甦ったのかは本人にさえもわからない。ただひとつ、彼が確信できるのは、愛すべき町セントラル・シティを守り続けなければならないという使命だけ。倒すべき敵は、町を混沌に陥れるマッドな犯罪者オクトパス。二人の間に繰り広げられる超絶バトルの中で、スピリットの驚くべき過去が明かされていく!

「バットマン:ダークナイト・リターンズ」でアメコミ界に革命を起こし、『シン・シティ』をロバート・ロドリゲス監督と共同監督したフランク・ミラー。他の追随を許さないスタイリッシュな世界観、日本の漫画に多大な影響を受けたミラーが映像的アートにまで高めたコミック表現、そして、モノクロームの色彩に1点うごめく“色”の存在。『シン・シティ』からさらなる進化を遂げたパートカラームービーは、ただ1点の迫力で、ありきたりなリアルを凌駕する。主人公スピリットの象徴とも言うべき「赤」が、バトルにはじけ、エロスになびき、バイオレンスに染まり、ミステリーに絡みつく。スピリット役を『恋とスフレと娘とわたし』のガブリエル・マクト、敵のオクトパスをサミュエル・L・ジャクソンが演じる。(作品資料より)


もともとそのような設定だったのかもしれないけれど、2階建ての厚生年金会館の客席が1階しか解放されなかった試写会は久しぶり。

で、客席も半分くらいしか埋まってない。



※ 以下、後日記載予定。とりあえず仮アップ。










・評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (3)
・公式サイト



【関連作品】





主将戦記 宮本恒靖主将戦記 宮本恒靖
佐藤 俊

小学館 2006-02-10
売り上げランキング : 280656
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック