ナンダカンダ(2010FIFAワールドカップ アジア最終予選)

日本代表 1-1 カタール代表


得点:(日)Own Goal  (カ)ヤハヤ〔PK〕


画像


いままで岡田ジャパンの試合なんか面白くねーなぁと思っていましたが、キリンカップ2連戦は面白かった。

ワールドカップを決めたウズベキスタン戦は審判が誰から観てもクソだったので、参考外。
この試合はいわば消化試合。

もちろん主力は落としてくることは想定できたが、日本”代表”ということもあり、誰が出ても同じパフォーマンスをしてもらわねばならない。

そういう意味でもキッチリ勝って、実のある試合にしてほしいと願った。

しかし、幸先よくオウンゴールで開始1分過ぎに先制しただけで終わってしまった。

アジアカップでも対面した、角刈りのインチキ審判の微妙なPK判定、ファウル判定もあったにしろ、パスがつながらないのでは勝てない。

玉田は前線で貯められない。左SBの今野は左SBの仕事がほとんどできず。ボランチを通じてこなした橋本は阿部、途中から中村憲とのコンビネーションも悪い。
個人的には闘莉王だけは素晴らしかったと思う。彼はラフプレーも多く批難されることも多いが、その裏にあるそういうハートのある選手は嫌いではない。あくまでも個人的なものですけどね。

こういうリベロが柏にもいればなぁ・・・なんてみてました。


まあ、そんなわけで1-1で引き分けでした。


一言でいえば「つまんねえ試合。」
だから、岡田ジャパンなんかあんまり見たくねんだよなあと。

まぁ、これが突破をかけた試合とかであれば、愚痴少なめで祈る気持ちなどを書き綴るところですけどもう突破も決まってここから南アフリカへの試合の第一歩の試合なわけですから、そりゃ愚痴っちゃいますって。


まあ、生で観る今のフル代表については来年ワールドカップへ出かける直前の壮行試合だけそんなときだけ調子よく行ければいっかな。
絶対とは言わないけど、そんな漠然とした予定です。
(会社などで代表観戦企画とか出るかもしんないですしね。壮行試合まで生では”絶対”見ないとは言いませんが。)


まあ、なんだかんだいっても選手のモチベーションも低かったんだろうなと。
試合前は監督も選手も奇麗事をいっぱい述べられていましたが。
仕方ないのかもしれませんけどね。

で、そんな試合を観て・・・別に柏の選手をどうしても選べとは言いません。
でも、代わりに出た選手などで俺がスタメン奪ってやるくらいの気迫で臨まない選手なんかは他の選手に代えておくれよ。

そういうところ、トルシエなんかはほんと控え選手のモチベーション上げていくのうまかったよな。
かなり自身、憎まれ役にもなったとは思うけど(苦笑)

まあでも、17日のオーストラリア戦。
ここで退場食らうと本大会まで響くので、闘莉王、中澤は出さなくていいのでは?何があるかわからないしね。
この2人はやっぱりキーパーソンですし。

そんなわけでまた控え選手がメインだと思うのですが、この試合(カタール戦)みたいな無様な試合ではない気持の入った試合を期待していますよ!




ナンダカンダナンダカンダ
藤井隆 GAKU-MC 浅倉大介

アンティノスレコード 2000-03-08
売り上げランキング : 108039
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック