今日も元気にカルト映画館~第101回 『ミディアン』

デヴィッド・クローネンバーグ””観る作品。




画像



あらすじなどはgooより
解説
禁断の秘密都市“ミディアン"に足を踏み入れた青年が直面する恐怖を描くホラー映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはジェームズ・G・ロビンソンとジョー・ロス、製作はガブリエラ・マーティネリ。クライヴ・バーカーの原作『死都伝説』を、自ら監督・脚本。撮影はロビン・ヴィジョン、音楽はダニー・エルフマンが担当。出演はクレイグ・シェーファー。デイヴィッド・クローネンバーグほか。

あらすじ
毎夜、秘密の地下都市“ミディアン"の悪夢に悩まされるブーン(クレイグ・シェーファー)は、精神科医デッカー(デイヴィッド・クローネンバーグ)の治療をうけていたが、実はデッカーは殺人狂で、これまでに犯した連続殺人をブーンの罪にしようとしていた。果たしてそれを思い込んだブーンは自殺を企てるが、未遂に終わる。病院でナルシス(ヒュー・ロス)という男からミディアンはある、と教えられたブーンはその死都へと向かう。そこには夜族たちがいたが、人間であるブーンは仲間にはなれない。そしてデッカーは警官隊を連れて彼を追いかけ、ブーンは警察の銃弾に倒れるのだった。ブーンの死を知らされた恋人のローリー(アン・ボビー)は病院へ向かうが、そこには彼の遺体はなかった。ブーンはミディアンで夜族たちに迎えられていたのだ。デッカーはローリーに襲いかかることで、ブーンをミディアンからおびき出そうとし、案の定ブーンは彼女を助けるために街に戻って来る。そして彼は逮捕された。一方デッカーは、夜族を絶滅させるために警察をけしかけ、死都を総攻撃させる。その頃ローリーに助けられ、留置所から脱出したブーンは、ミディアンに戻り戦いに加わる。 (以後、終盤引用部分カット)


この映画、高校時代に観に行きましたよ。放課後に直行で。
宇都宮のオリオン通りにあるテアトル宇都宮でしたっけか?(とっくに閉館していたのか・・・。)

ただ、印象として「あんまり面白くなかったな」という記憶だけが・・・。

でも、DVDは廃盤になってるし、クライヴ・バーカー自らが監督し、監督として有名なデヴィッド・クローネンバーグをラスボス的な役割で役者として登場させたりで、正直自分はそんなに好きではないんだけれどカルト人気だけはあるので今回扱ってみようかと

ちなみにスーパードラマTVだったかな?そんなチャンネルを契約していたのでスカパー!で鑑賞しました。


まあ、話の内容は人間vs妖怪(正確にはナイトブリードなる存在らしいけど)。
殺人犯に仕立てられた無実の主人公の兄ちゃんがミディアンの入り口あたりで殺されて、念願の妖怪の仲間入り。

そして、自分を殺人犯に仕立て上げた医師がこのミディアンに攻め込もうとし、一方の妖怪たちはそんな人間に立ち向かうってお話。

正直、そんなにそそられる内容ではない(苦笑)
いや、妖怪(←注:正確には妖怪ではないよ)はいろいろな種類でいっぱいいるんですけどね。
なんていうか、大して強くない(苦笑)だからもういい勝負ですしね。

前半までの主人公ブーンの見る悪夢、そんな悪夢を利用する医師。
そのあたりのサスペンスティックなパートは面白かったんですけどね。
後半の妖怪大戦争のあたりになってくるともう胃もたれが・・・。

もっと落ち着かせてほしかったかな。
一応ブーンの立場や奇形なナイトブリードの切なさを感じる部分もありますが、この騒々しさに紛れて薄まってしまってる印象でなんか勿体無い。

だから、全体的にどこか忙しないイメージしかないままクライマックスまで突入していくわけで。

それでもこの映画で強烈なインパクト、感銘を受ける箇所があります。
それが既述のとおり数々の名作と撮っている監督でもあるデヴィッド・クローネンバーグ役者として出演していることでしょうか。
また、人間の役なのにこれが実に憎たらしい役で、大好演しているのですね。
自分が知らないだけで幾つか役者もこなしているのかわかりませんが、自分が知る限りは役者としてのデヴィッド・クローネンバーグが拝めるのはこの作品だけです。

デヴィッド・クローネンバーグを尊敬している方はそういう意味でも一度この作品を観てみるのも良いかもしれないですね。

オールナイトロング3』のレビューで北川悠仁はもっと役者をやるべき!みたいなことを書きましたが(その後、今から見てちょっと前に堀北真希と月9ドラマにやっと役者として出ていましたけれども(←ノーマルな北川の役なんか見たくもないのでそのドラマ見てませんけどね))、クローネンバーグももうちょっと役者としても観てみたくなる、そんな一作ですね。



・芸術ぽい度:★★☆☆☆
・理解不能度:★★☆☆☆
・キ●ガイ度: ★★☆☆☆  
・グロゴア度: ★★☆☆☆
・下品汚物度:★★☆☆☆  
・おバカ様度: ★☆☆☆☆ 
・御エロ様度: ★☆☆☆☆



【本作品・関連作品】








妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]

角川エンタテインメント 2006-02-03
売り上げランキング : 33303
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック