無駄な時間を過せる映画(27) 『GOAL!3 STEP 3 ワールドカップの友情』

「あれ?3作目はいつ公開?」→本当にヒッソリとDVDスルーされてました(爆笑)




画像

あらすじなどはgooより

夢と希望を抱き世界のフィールドを駆け抜ける青年の栄光から挫折、復活までを描いた感動と興奮のサッカー・エンタテインメント3部作の完結編!いよいよワールドカップが迫ってきた。イングランドの代表としてサンティは、チームメイトのチャーリーとリーアムと共に世界の頂点を目指すことに…。


1作目、2作目は試写会やら劇場で見ましたよ。(下部の感想文リンク参照)
1作目なんかあの国立競技場で史上初の試写会が行われたんですからね。

1作目はアスリートのサクセスムービーとしてはまずまず。
2作目はまあ、サッカーが好きな人ならとりあえず楽しめるかな?って作品。
全3部作ってのは知ってました。そして3部目がワールドカップが舞台で、実際に2006ドイツワールドカップで映画用の撮影カメラも入っているというのも知ってました。
噂では中田英寿も出るとかなんとか?

しかし・・・。
待てども待てども(正直そんなに心待ちにはしてなかったが)、3作目の公開の情報がない!!!

私は映画をこんなに観ていますが、普段映画雑誌などは買わない人なので、もしかしたら3作目についてはちゃんと情報は流れていたのかもしれませんが、私の耳に入ることはなく先週まで過ごしていました。


で。栃木x柏の試合に実家に戻った時。
サカダイの名鑑派の私は、実家で親が買ったサカマガの出した2010年のJリーグ名鑑をとりあえず読んでたわけですね。すると、そのサカマガ名鑑に載ってた公告で『GOAL!3』が既にDVDリリースされていたことを知ったわけです。

「いつの間に公開されて、いつの間にDVD化されたんだよ!!!(笑)」

それで急いでDISCASのレンタル候補に入れましたが、焦るまでもなくリリース間もないのに余裕で借りられました(笑)


で。まあ、楽しみ?にして、DVDを観たわけですよ・・・。すると・・・

なんだこれ・・・

えっと、まずgooの作品情報の引用を勝手にこちらで訂正しますね。
イングランドの代表としてサンティは、チームメイトのチャーリーとリーアムと共に世界の頂点を目指すことに…。

↑これ、サンティはイングランド代表じゃないし。メキシコ代表だし。
それに・・・
以下、★①から★②の箇所までネタバレ含むので、読みたくない方はすっ飛ばしてください。



※読みたい方は範囲指定で反転。
★①

サンティは作品の開始早々車の事故で重傷を負ってワールドカップ絶望になります。
でも、サンティが苦悩jしながらワールドカップを見守る・・・という話ではなく、サンティなんぞ用済みとばかりにこの3作目では主役が代わってしまい、クラブのチームメイト2人のイングランド人になります。
しかも、彼ら過去の2作品に出ていたわけでもないので、思いいれも何にもないという(笑)
サンティの彼女もいないことになっており(勝手に別れたことになってる?)メキシコからの難民のサンティがニューカッスルで活躍し、レアルマドリーに移籍出世し、そして夢のワールドカップに出る映画なのではなかったのか?と思っていたけれどそうではないという。
1、2作目を見ていた人をコケにする最低な作品(笑)

要するに、サンティは本当にただの脇役に成り下がったわけですね。

★②


と、ストーリーでツッコミ入れるところはそれくらいですが、他にもツッコミどころはございます。
ワールドカップは規定で1-23までの通し番号でのユニフォームの着用が義務付けられていますが、イングランド代表の2人は「25」「26」という昔のことは知らないけど、少なくても最近のワールドカップではありえない背番号を背負っています。

また、ネタバレになるので伏せておきますが、あるチームの関係している人が亡くなっているというのに次の試合は喪章もなにも着けずに試合をするという。

サッカーファンならありとあらゆることにツッコミ入れまくりの作品でした。
さすが、劇場未公開で俗に言う”DVDスルー”されるだけの作品でありました(苦笑)

海外のヒット事情のことはいちいち調べてないので知りませんが、日本国内で言えば1作目が国立競技場で試写会するなど力を入れていたくせに大コケもいいところで、2作目で規模をかなり縮小しての公開。3作目は中々公開の情報が入ってこない。

これは私の憶測だったんですけれども、「3部作とかデカイことを最初に言ってしまったけれども、ここまでコケるともう次は作りたくねーな。」って気持ちだったんじゃないだろうかと。
たぶん、アメリカとかイギリスでもコケたんですよね?(1作目はwiki で制作費$30,000,000に対し、全米で$4,280,000 、全英で£1,852,900 。ちなみに映画ってのは制作費の3倍でヒット扱い。)
とはいえ、FIFAとの契約もあるし、とりあえず作らなきゃしょうがなかった・・・みたいな。


かなり勝手な憶測入ってますけどね(苦笑)


これを見て改めて思ったことがあります。
昔はやっぱり実際のサッカーのプレイの映像を使うと違うな!と思ったときもありましたが、この作品で合成が胡散臭いとかそういうことを抜きにしても、やっぱりピッチの外で撮る映像よりも、作られたものであっても『インビクタス』のようにピッチレベルでの視点で見せてくれた”映画”の方がより興奮させてくれる。

せっかく映画で見せるつもりならもうちょっと考えて撮ってほしかったなぁと。


何はともあれ、ガッカリもいいところの糞映画でした。
DVDスルーなので”映画”と呼んでいいのかどうかもわかりませんが(笑)



P.S.
ちなみに中田英寿は出ていません。
あれ?もしかして、出ているとすれば日本の試合のシーンが一瞬でている(日本xオーストラリアで日本が失点を喫するシーン)のですけど、よく見てないけど映ってるとすればそこに出ているかどうかってレベルなので、見落としても気にすることはないですね。私にはよくわからなかったです、はい。





(参照)
・『GOAL!2』の感想文
・『GOAL!(1作目)』の感想文


【本作品・関連作品】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

hyui
2010年03月26日 23:20
まあこの映画は後日談がありまして
1作目は当初1話完結で終わらせる予定だったんですが
思ったよりもスポンサーが付いたためパート2の制作がパート1終了時には決まっていたそうです
で1作目がヒットして2匹目のドジョウということで宣伝費をパート1の10倍にし
制作費もハリウッド大作並にかけたらしいのですがこれが大ゴケして
パート3はとりあえず契約もあり仕方無しに作ったという曰くつきの作品なんです
ぱたた
2010年03月27日 11:11
予告で「3部作」と宣言してましたが、何という尻すぼみ。
シリーズを重ねる事に主要人物が抜けスケールも縮小の
「トレマーズ」「ポリスアカデミー」シリーズを思い出しました。

★『花のあと』は鶴岡公園の桜、北川景子の所作と殺陣、
 飄々とした甲本雅裕を注目してくださいネ。
かつを
2010年03月27日 21:08
>hyuiさん

あれ?最初から3部作でなかったんでしたっけか?自分の記憶間違いかな・・・?
hyuiさんの言われるように「とりあえず」感たっぷりな三作目です。お暇なら見るのもよいかと思われます。


>ぱたたさん
結構、サッカーの映画なので期待していたんですけどねー。残念です。
『花のあと』は自分の通える映画館(銀座シネパトス、有楽町スバル座、ワーナー妙典)で上映されれば是非みてみたいです!

この記事へのトラックバック