南アフリカワールドカップ日本代表、ありがとう。

当初期待していなかったことへのお詫びは→こちら




強豪パラグアイ相手に0-0で引き分けて延長も凌いでPK戦。
駒野@磐田が外してそれが響いて負けたけれど、PK戦なんてそんなもの。
全てとは言わないけど、PK戦なんて運みたいなもんだ。運、運。
五輪でU.S.A.に負けた時には中田英寿だって外したし、1994のワールドカップではイタリア代表のエース、ロベルト・バッジオだって外すもんだ。

だから駒野も胸を張って帰ってきて欲しい。

全ての試合でそうだったわけではないけれど、守備的なシステムで大会に挑んだ岡田JAPAN。
間違いじゃないでしょ。身の程知らずに理想だけ掲げて挑んで玉砕されたところで何になるのと。惨敗しても岡田JAPANで続くわけではなく、どうせこれが最後の代表を率いることとわかっているのに。
勝利を目指すためにはとことん泥臭くて構わない。そんなリアリストに徹した姿勢は素直に賛同できるところでしょう。
その上、結果もついてきた。言うことはない。

ただ、もう少しリアリストの姿勢が早く固まっていれば選手選考なども幾分か変わったと思うと、ちょっとだけ惜しいかなと思うけど。

それでも、本大会で2勝1敗1分(PK負けは分けと個人的には思ってるので)。
最後がPK戦ってことでベスト8までほんの僅かに手が届くところまで行ったのも事実なだけに素直に残念ではありますが、それでも大きな拍手を贈れるチームだったと思います。最後の最後に。


決勝トーナメント1回戦のパラグアイに敗れて、岡田監督が辞意を固めたらしいですが、恐らくどこで負けてもそうなったと思います。
そして、結果的にベスト16進出したものの、私個人としてはこの後の代表を率いるのは岡田さんじゃない方がいいと思っています。

「辞めろ」だのいろいろ批判は多かったのですが、そう言われるだけの根拠はそれなりにあったのが理由です。
みんながそう思うのはやっぱり仕方なかったよと今でも思いますもの。

それでも、立派な結果をちゃんと残しただけにこんなところ読まないとは思いますが、それでも謝罪はしっかりしたいと思いますけれどもね。
(他の方でも、この代表チームに期待していなかった人はちゃんと謝罪しましょうね!)


あくまでも個人的にですが、次の監督はできれば、外国人監督がいいです。
できればトルシエのように協会が横やり入れてきても強硬に自我を押しとおせるだけの人材であってほしい。
ビエルサという話もありますが、ビエルサだったら個人的には歓迎ですけど・・・さて。

もし、次期代表監督が日本人なら・・・西野さん一択ですね。
それ以外は理想の監督がいませんかね。


あくまでも個人的な考えですけどね。


そんなわけで、改めて。
岡田監督、そして南アフリカワールドカップ日本代表メンバー、スタッフのみなさん本当にお疲れ様でした。




0勝3敗 (タツミムック Football Time vol. 1)0勝3敗 (タツミムック Football Time vol. 1)

辰巳出版 2010-01-07
売り上げランキング : 7485
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools








六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間ドキュメント DVD-BOX六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間ドキュメント DVD-BOX
岩井俊二

ポニーキャニオン 2002-11-20
売り上げランキング : 623
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック