Hungry Spider(キリンチャレンジカップ2010)

日本代表 1-0 アルゼンチン代表


得点:(日)岡崎


画像


ご無沙汰してました。
月曜日の夜まで実家に戻っていたり、でオロオロしていたら昨日の韓国戦も終わってました(笑)
まあ、それはおいておいての感想になります。


久しぶりに日本代表のサッカーが心から面白いと思った試合でした。
たぶん、トルシエ時代以来かな。個人的には。
まあ、この1試合だけ奇跡って可能性もあるんですけどね(笑)

でも、奇跡だろうがなんだろうが、相手が長旅のハンデがあるのだろうが、とりあえずアルゼンチン代表に勝ったっていう事実を目の前で見たわけですから。

それも、ワールドカップのカメルーン戦の様に攻撃人数を減らし必死にゴール前を固めて、先日の栃木SCみたいな戦い方をしたわけでもない。

そりゃあもちろん、ゴール前の人数を少なくしたというわけではない。1トップに入った森本をはじめ、前線に入った岡崎、香川、トップ下の本田圭と守備にも奔走し、注目のメッシにも必ず人数をかけてアタックに行く。

その集中力が欠如してしまうと、タレント軍団に網を突破されるところだが、運動量に任せて人数でクモの巣を張り巡らせるとアルゼンチンの選手は次々と網にかかり、もがいていく。

で、目を見張る気持ちになることができたのは海外組の落ち着きです。
ゴールを決まる前までも、右SB内田の落ち着き様だったり、香川だったり。

どうも強国を相手にした今までの感覚だと相手のゴールライン付近までいくととりあえずクロスあげて、相手に当ってもCKもらえる!というところがありましたが、主に海外組はアルゼンチンの選手が飛び込んできても上手くボールを回して、それを掻い潜ってクロスをあげたりしていましたね。

まあ頼もしいのなんのって。

そして、一度右サイドからのクロスを突っ込んでGK正面のシュートを放っていた岡崎が、今度は決める!
本田からのパスを受けた長谷部がミドルシュート!アルゼンチンGKロメロが弾いたところを岡崎が押し込んでなんと日本が先制!!

会場ではオフサイド?とか正直思ったけれど、家かえって録画を見るとギリギリオンサイドでしたね!

リードしたからといって防戦に入るってわけでもなくて、その後も隙あらばアルゼンチンゴールを攻め立てる。
後半のカウンターからの前田のシュートは実に惜しかった!

そんなわけで1-0で日本が勝利したわけですが、まぐれ勝利ではないしっかりとした緻密な組織力で対抗した上での勝利。

「相手をリスペクトしすぎないようにしよう」
報道ではそのような言葉が踊っていたが、そのとおりの内容でした。

いや、アルゼンチン代表もメッシは結局フル出場し、テベスも脅威であった。
異国の地に来た彼らのコンディションの問題もあるだろう。
でも、日本も川島、内田、長友、長谷部、香川、森本、本田圭と先発のうち7人が海外組。
まあ、母国への帰国とは訳が違うと言ってはそれまでだけれども、そこまでせっかくの勝利に対して卑屈になることもない。

強国アルゼンチンに勝利。
しかも、ブラジル五輪代表を破ったマイアミの奇跡のように守って守ってまぐれの一発という勝利ではないだけに、この勝利は本当に大きい。親善試合とはいえ。

この試合、今まで中村俊輔がつけていた背番号10は不在だった。
本田圭がこの10を欲しいと公言するように、他の選手も新しい指揮官の前で常に貪欲だった。
今までは弱気にゴール前で横パスをしてしまうところも貪欲だった。
まあ、ここは横パスだろうと思うところもあったけれども・・・でも、それはそれで外したら「シュート打っておけよ!」ってことになるんだろうし、どうせ。
だから、この貪欲さ、積極性は私は買いたい。

12日に行われた韓国戦は0-0であったが、この試合でもみんな積極的であった。

明らかに岡田監督2期目の下地を生かしてそれに上積みが出来ている状況だと感じ取りました。
このザックJAPAN。

今後も本当に楽しみです。
こんな気持ちになれたのは日本代表ではトルシエJAPAN以来ですね。(最初にも言ったか!(笑))

もう代表戦は今年はありませんが、来年はこの期待を裏切らないチーム作りをしていってほしいです!



EXPLOREREXPLORER
槇原敬之

EMIミュージック・ジャパン 2004-08-11
売り上げランキング : 6937
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック