今日も元気にカルト映画館~第112回 『黒い太陽七三一 II 悪魔の生体実験室』

※2011.5/23追記。まさかのDVD化決定




画像

あらすじなどはallcinemaより
【解説】
 1946年、731部隊の残党がある屋敷に集められる。招待主は謎の外人女性で、彼等から731部隊の機密を買おうとする。話そうとする仲間を引き留めるため、部隊員の一人、飯田太郎の物語が回想される。飯田は人体実験、細菌を充填した陶器爆弾などによる捕虜虐殺に疲弊していた。そこに彼と父を捜して朝鮮人捕虜に紛れ込んでやって来た婚約者を助けるため、飯田は捕虜を助けて脱走しようとするが、731部隊員によって捕虜共々殺される。そしてその回想が終わったとき、その話をしていた元部隊員も、謎の銃弾によって倒れるのだった。


以前紹介した『黒い太陽731 戦慄!石井細菌部隊』の続編です。

今回もまた残虐非道な日本軍の中国人を使った生体実験がメインの作品ではあるのですが、今回は日本人側の視点で作られているんですね。
でも、登場人物の日本人みんな中国語しか喋らないんですけどね!!!

まあ、このようなプロパガンダ臭プンプンであれば、いつものことながら史実に沿ってるとかどうとかいう流れになってくるかもしれません。しかし、この作品に関してはそれは置いておいていいのかもしれませんね。

1作目の評判に味を占めたのか丸太と呼ばれる捕虜の人体実験の酷さをより濃くしてるからです。
10℃、20℃で人間の手の変化をしらべたり、マイナス温度で凍結させれば、今度は100℃の熱湯に入れて、手の皮がベロベロになるのを調べたり、-196℃で凍らせた腕を軽く粉々にしてしまったりなど・・・。

また、こんな実験もしていました。捕虜に野生動物の血を注射針で注射するんですね。これは野生動物が持っているペスト菌を人体でどれだけ耐えうるか実験してるんですが、13秒、20秒くらいで泡吹いて死んでしまうんです。

そのペスト菌を捕虜のところに空中散布しようとするのですが、飛び立った戦闘機の中でペスト菌が誤って撒かれ、機に乗っていた日本兵を集めて仲間の日本兵が射殺するなどなど・・・。

まぁ、相変わらず日本軍の酷さをこれでもかとPRしてくれちゃってます。

日本人だから観ていて面白くないってのもあるのもわかるのですが、でもそれ抜きにしても1作目に比べたら遥かに駄作臭が漂います。
既述のように日本語を使わないのもあるし、日本兵がカンフーで相手と組み合ったりとかありえないから(苦笑)
明らかに日本側の視点としながらも、日本側に全然立っていない作りという。

まあ、中国人にとっての娯楽作になるんでしょうかね。こういうのは。
本物の人体を使った解剖シーンは1作目に次いで本作でも健在で、こんなので娯楽作と呼べてしまうのもなんだか残念ではありますが(苦笑)


グロいところは今回もバッチリありますので、それを観る分には良い?のかもしれませんね。
あと、中国に限らずアメリカなどの視点から描くおかしな日本人像ってあると思うのですが、そういうのもふんだんに拝める映画でもあると思います。
まあ、戦争終わる前までの日本ってのは確かにそういうキチガイじみたところもあるのはわかるんですけれどもね。
なんか感情的になり過ぎてるような気がして。まあ、こんな日本軍の中でもちゃんとした良心持ってる登場人物が一応いるのがせめてもの救いかな。


P.S.
こんなの書いてないでさっさと新作映画の感想書かなきゃ・・・。
3本も貯まってるのに。



・芸術ぽい度:☆☆☆☆☆
・理解不能度:★★★☆☆   
・キ●ガイ度 :★★★★★ 
・グロゴア度 :★★★★★
・下品汚物度:★★★★☆  
・おバカ様度 :★☆☆☆☆ 
・御エロ様度 :★☆☆☆☆


【関連作品】※緊急追記。まさかのDVD化!ちなみに無印のがここで紹介している「2」作目であり、下記のDVD紹介で「死亡列車 II」というのが世間でいうところの「3」作目という認識です。ややこしいですね。一応各自ご確認を









e-ウッド ステップストーン(丸太)e-ウッド ステップストーン(丸太)

タカショー
売り上げランキング : 157339

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

jerry
2010年11月26日 08:34
こんにちわ!

ピグのほうにメッセージありがとうございます!

ちょくちょくこちらも覗きにきますね!^^
かつを
2010年11月26日 12:36
>jerryさん

おおお!いらっしゃい!!
ピグではお世話になってます!

拙い感想文ではありますが、コツコツやらせていただいています。
本当にお暇な時に読んでいただけたら嬉しいですw

この手のお話できる方は大変ありがたいので是非とも今後とも宜しくお願いします!

この記事へのトラックバック