起妙的・2010年ワースト映画20選

ということで、まずはワースト20から。





映画関係ブロガーにとっては恒例の本年公開作品のベスト、ワースト企画ですが今年も当blogでもやらせていただきたいと思います。

先日も書きましたが、118本を映画館もしくは劇場にて、37本をDVDにて、合計【155本】を本年(10.1月~12月)劇場公開作品を鑑賞しました。

若干まだ年内も鑑賞するので後ほどちょっと修正があるかもしれませんが、とりあえず挙げさせていただきたいなーと思います。

まずは、「ワースト20」です。ワーストということは簡単に言うと私が好きじゃない映画です。
ですので、少し暴言?などもあるかもしれませんが、私のチラシの裏みたいなブログですし、どうぞ心の広い人のみ、下記にお付き合いください!

では、発表です。

*基本的には★10個以下からがメインです。
*なんか敢えて低予算だとか、糞映画も覚悟してるようなものは選ぶこともあるけど、選ばないこともあります。
(なので『DOA/デッド・オア・アライブ』なんかは上位には選ばないこともある。)
*もちろん、個人的な評価です。だから、ただの好き・嫌いにおいてこういう総括の時にコメント欄で反論されても困るかも。このワースト評価に何か我慢ならないという人はトラックバックにてお願いしまーす。そのトラバに関しては承認の方向で行きますので。


どうか、怒らずに許していただける方だけ読んでくださいっ!お願いします(笑)


***********************************************
●ワースト20位
: 『劇場版 機動戦士ガンダム00(ダブルオー)-A wakening of the Trailblazer-

上映時間 120分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(松竹)
初公開年月 2010/09/18
ジャンル SF/アクション
映倫 G
画像

「なんていうんでしょうか。感覚的には『ターミネーター3』を観た時のような大胆に変革を求めて、でも”やってもうた!”という言葉がでそうなノリっていうか。そんなもんです。」



***********************************************
●ワースト19位
:『Mr.Children / Split The Difference

上映時間 115分
製作国 日本
初公開年月 2010/09/04
ジャンル ドキュメンタリー/音楽
映倫 G
画像

「最近、映画館でよく3Dライブなどを上映したりとかいろいろあるんですが、これは映画なのか?と判別にも迷いましたが映倫の審査マークが出てるってことで映画として判定。で、内容ですが小林武史のオナニー映画。こいつは正式なメンバーなのかよと。扱いが中川やジェン、田原よりも多かったように思う。プロデュースしてるからの特権?ファンは小林さんよりもっと4人を観たかったんじゃないかな。」


***********************************************
●ワースト18位
:『君にラヴソングを

製作国 日本
初公開年月 2010/05/11
ジャンル ロマンス
画像

「映画としてみればツッコミどころ満載のフジテレビだけが盛り上げているような韓流(笑)アイドル糞映画なので、こんなのはワースト1位じゃねえの?と思われるかもしれませんが、観る前から糞とわかってて、見てみるとやっぱり糞で、まあこんなもんだろと思える程度だったのでこのあたりで。知名度も低い一部限定公開映画かなにかでしょ?これって。よくは知らないけど。いや、マイナーでも、それでも頭にくるほどだったら去年のワースト20の上位のようにもっとワースト順位をあげるのだろうけど、さほど頭にもこなかったので。」


***********************************************
●ワースト17位
:『かいじゅうたちのいるところ

上映時間 101分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2010/01/15
ジャンル アドベンチャー/ファミリー/ファンタジー
映倫 G
画像

「いつも巡回しているサイトで満点出していたので期待していたのですが・・・どうやら私には全く合わなかったようで。いや別にこの怪獣が気持ち悪いとかそういうのはどうでもいいんですよ。むしろ気持ち悪いパペットは大好物なので。そうじゃなくて、子供との別れも感動的ではないし、子供を使えばもう少し感動的にできたのんいどうしてこうなったの?としかいえない作品」


***********************************************
●ワースト16位
:『THE LAST MESSAGE 海猿

上映時間 129分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2010/09/18
ジャンル アクション/サスペンス/ドラマ
映倫 G
画像

「もう飽きた。あと、あんまり3Dの凄みを感じない。」



***********************************************
●ワースト15位
: 『ゴールデンスランバー

上映時間 139分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2010/01/30
ジャンル サスペンス/ミステリー
映倫 G
画像

「好きな役者が主演、好きな監督がメガホンを取ったというのになんだこれ・・・。首相暗殺という壮大な事件だから嫌な予感がしたが全然練られてない脚本に失望した。脚本のせいじゃなくて原作がそうなのか知らないけれども・・・。」



***********************************************
●ワースト14位
:『ロストクライム-閃光-

上映時間 118分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(角川映画)
初公開年月 2010/07/03
ジャンル サスペンス/ミステリー
映倫 PG12
画像

「まあ、昭和ピンキー映画を作ってきた人だからと聞けば納得するんですが、男と女が2人きりになるシーンになるとかなりの高確率でセックスをするってどういうことなのか。サスペンスとしても2時間サスペンス以下というのもなんとも。」



***********************************************
ワースト13位
:『さらば愛しの大統領

上映時間 87分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月 2010/11/06
ジャンル コメディ
映倫 G
画像

「去年の松本人志のの映画もそうだけれど、なんで吉本の人が人を笑わそうとするとこういう鼻くそみたいな映画しか作れないのか。やっぱり映画で表現するもんじゃないよなと。コメディ映画ってのは実は難しくて、製作側が客を笑わそうというのは客も汲み取れるので、観る客も笑わせてもらいましょ♪と、やけに構えるんですよ。で、その構えを崩せないと評価は上がらないわけで。私もそんなとこですね。」



***********************************************
●ワースト12位
:『ストーン

上映時間 109分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(日活)
初公開年月 2010/10/30
ジャンル ドラマ/ミステリー/サスペンス
映倫 R15+
画像

「豪華キャストの無駄遣い」


***********************************************
●ワースト11位
:『トロン:レガシー

上映時間 125分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ディズニー)
初公開年月 2010/12/17
ジャンル アクション/SF
映倫 G
画像

「やっぱりお3Dが売りなのに2D部分が半分というのはどういうこと?詐欺じゃないだろうか。まあ、それ抜きにしても眠くなる演出が多かった。こういうスタイリッシュ(笑)な映画は意外と飽きるよね。」


***********************************************
●ワースト10位
:『恋するナポリタン~世界で一番おいしい愛され方~

上映時間 105分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(日活)
初公開年月 2010/09/11
ジャンル ロマンス/ドラマ/ファンタジー
映倫 G
画像

「『さらば愛しの大統領』より笑えたwwww ナベアツはこういう映画を参考にしないと駄目だよ。映画では何が笑いのツボを刺激するかって勉強しなさい!・・・と言いたいところだけど、このスタッフはスイーツ(笑)層をターゲットにした大真面目な映画を作ったのだろうと思う。だから、とりあえずワーストには入れました。けれど、その意に反したところで私はこれ嫌いじゃないです。パーティなどでみんなで笑いながらツッコミながら観るのは最高の映画じゃないでしょうか!」


***********************************************
●ワースト9位
:『ザ・ウォーカー

上映時間 118分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(角川映画=松竹)
初公開年月 2010/06/19
ジャンル SF/アクション/サスペンス
映倫 PG12
画像

「魔法が掛かった本とかならまだしも、本(聖書なんですけどね)一冊で世界が変わるとかアレなんじゃないだろうか。」


***********************************************
●ワースト8位
:『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!

上映時間 141分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2010/07/03
ジャンル ドラマ/アクション
映倫 G
画像

「『海猿』もそうだけど、フジテレビが凄いですよ!凄いですよ!と煽れば煽るほど観る客も構える。で、構えが崩せないと罵声を浴びる。さっきのナベアツ映画の時も笑わせで同じようなことを書いたけれど、この手の大作映画もそんなところですよ。フジテレビってだけでスケール感だけ無駄にある糞映画を作るというイメージしかない。」


***********************************************
●ワースト7位
:『秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE3 ~http://鷹の爪.jp は永遠に~

製作国 日本
公開情報 劇場公開(DLE)
初公開年月 2010/01/16
ジャンル コメディ
映倫 G
画像

「最初の方は面白かったけれど、もうこれオワコンだろ。こんなの今更ありがたがる人って・・・。だんだん過去作品よりもゲスト声優が出てきたり、CMも多くなったりと完全に調子こきまくりだろ。この作品は基本的にフロッグマンが1人で何人ものキャラの声をやるところがいいのにもうあの頃の鷹の爪団は跡かたもない。初心に戻らない限りもうこの作品が面白いと思えることは絶対にないと思う。TOHOでも、メインキャラが他のキャラに奪われつつあるし(なんていうんだっけ?あのヤンキーみたいな動物のショートムービー)。もう、いいだろこれ。まだ続編作るというラストの予告はシャレだよね?もう作らないよね?作らない方がいいって。」


***********************************************
●ワースト6位
:『インシテミル 7日間のデス・ゲーム

上映時間 107分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2010/10/16
ジャンル サスペンス/ミステリー
映倫 G
画像

「期待してたのになああああああああああああ。なんすかこれ。心理戦やってくれ。全然心理ゲームのシーンがないんだもん。最初に石井正則が殺されるけど、誰が殺したのかとか読めるじゃん・・・。あと、藤原辰也は同じような役ばっかりだねえ。いや、その道で極めるってならいいけど。」


***********************************************
●ワースト5位
:『プレシャス

上映時間 109分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ファントム・フィルム)
初公開年月 2010/04/24
ジャンル ドラマ
映倫 R15+
画像

「どこが感動作なんだよ。いい加減にしろよ。このデブ黒人女にイライラさせられっぱなしでしょうがなかった。」


***********************************************
●ワースト4位
:『BANDAGE バンデイジ

上映時間 119分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2010/01/16
ジャンル ドラマ/青春/音楽
画像

「これって『NANA』?」


***********************************************
●ワースト3位
:『ソラニン

上映時間 126分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月 2010/04/03
ジャンル 青春/ドラマ/音楽
画像

「どうせ、サッカー選手がこんなブログなんか読むわけないので、ちょっと書いてしまいますと・・・柏レイソルから横浜F・マリノス移籍していってしまった小林選手がサンプルDVD?かなにか観てこの作品を絶賛していたんですけど、いやいやいやハッキリいって糞です。ゴミ映画です。たぶん小林選手も関係者からDVDもらってたので褒めざるをえなかったんだと思いますが、もう一度言いますが、これ糞映画です。ただ宮崎あおいだけは神レベルの可愛さだったのでワースト1位ではないです。」


***********************************************
●ワースト2位
:『恋するベーカリー

上映時間 120分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(東宝東和)
初公開年月 2010/02/19
ジャンル ロマンス/コメディ
映倫 R15+
画像

「当初これをワースト1位にしてたんだけれど、よくよく考えればこの映画がターゲットにしてるであろう層には好評なのか?ということもありワースト2位に。しかし、このメリル演じる女も結構酷い女ですよ。アレック・ボールドウィン演じる元夫も酷いけど。「アレックざまあwwww」というところでこんな映画を面白いと思ってる人は、スティーブ・マーティン演じる男のや気持ちを考えてやれよと。」



***********************************************
●ワースト1位
:『運命のボタン

上映時間 115分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ショウゲート)
初公開年月 2010/05/08
ジャンル サスペンス/ミステリー/SF
映倫 G
画像

「ということで、当ブログの本年度のキング・オブ・糞映画はこの作品に決まりました。面白そうなテーマ。なのに、面白いどころかその売りを映画の中盤?で早々と放置してつまらない・予想していない展開へと進んでいくという。これは誰もが認める糞映画じゃないですかね。ちなみに「お願い!ランキング」で映画評論家3人が持ち点10(3人の満点で30点)で評価するコーナーがあり、この作品は前代未聞のを叩きだしていました。30点満点中の7点です。」



***********************************************

総括:
いつもより少し遅れての発表になりました。

いやー、忙しいわけじゃないんです。むしろ暇。
でも、その暇を暇と感じられないほど無気力な日々で・・・つい・・・。

ああ、年賀状も書いてません。
「そんなヤツに出す年賀状なんかねぇ!」って方ごめんなさい。
来た年賀状にはちゃんとお返ししますので。この分じゃ年内に出さないかも・・・。


と余談はそれくらいで。
こんな感じのワースト20になりました。

今回は洋画が1、2位。邦画のワーストは「ソラニン」です。
小林選手がブログで勧めれば勧めるほど「そんなに万人に勧めない方がいいんじゃないだろうか・・・」と心の中で呟いてました。私も★8個くらいつけてましたが、半分以上は宮崎あおいちゃん加点ですから。
けして小林選手が柏から出て行ったのでヤツ当たりでそんな扱いにしたわけじゃないですので。マジで。

とりあえず今回のワースト1位は、個人的ワーストランクも上位なこともありますが、万人が見て糞映画と思える作品を挙げさせてもらいました。

去年の『アサルト・ガールズ』もそんな観点ですね。


取り急ぎこんなところで。

明日か明後日にベスト20を挙げさせてもらいます。

たぶん明後日になるかなー。ほんとここ最近、何事もやる気ナッシングだけど年内にはまとめたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック