伝説のドラマ、『世紀末の詩』が13日、20日にスカパー!で放送!!

スカパーch.278,日テレプラスにて放送!




・日テレプラスのHP

映画のみならずドラマも結構観る私ですが(1-3月はあまり見れていませんが)、その私の中でベスト1のドラマがこの作品です。

このブログでもたまにその想いを書かせていただいたこともありました。

DVD化を望む声も多いのですが、何故かDVD化されないという本作。
再放送も昔1度か2度くらい流れたことがあったとかないとかいううわさもありますが、私は知らないことでしたし、今回の放送は本当に心待ちにしていたことでした。

そんな伝説のドラマが明日、スカパー!にて放送されるという!!
『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』主演の竹野内豊に関連しての彼の主演作品ドラマ特集ということでの放送らしいです。
(ちなみに『太平洋の奇跡』は本日劇場で鑑賞してきました。良い映画でしたよ。)

私の理想の男性像、こういう男性になりたい・こういう大人になっていきたいとう理想がありまして。
その理想がこのドラマの主人公の野亜 亘(のあ わたる)なんですね。

結婚式の当日、ダスティン・ホフマンの『卒業』ばりに嫁になる人を誰かに奪われ、失意のまま屋上から飛び降り自殺をしようとするところに大学の学長選挙に負けてやはり生きる希望を失くした百瀬夏夫も飛び降りようとして、その2人が屋上で目があったことで思いとどまって、その2人を笑って見つめるミアという少女。その3人の不思議な共同生活が始まるというオープニングなんです。

そこから野亜亘は様々な人と出会いながら「愛」について模索していくというエピソードは1話完結の連続ドラマになっています。
男と女の愛はもちろんのこと、親と子の愛など様々な「愛」の形に直面しながら、亘は彼らにその愛を問いかけ、そして、同情したり、時には絶望して愛の意義をかなぐり捨てたくなったり。

この野亜亘という男はけして、綺麗事だけ並べるわけじゃないんです。
第2話では斉藤洋介のことを盲目の美少女(遠山景織子)が星の王子様と呼べば、上から目線で見下してついつい噴いてしまったり。でも、それを教授に責められると素直に反省したりと。

いろいろな面において素直なんですね、亘は。

私がこのドラマを見てたのは最初の会社(某W社)を辞めて、次の仕事が決まったもののバカな会社で辞めたくてモヤモヤしていた時期でした。1998年の秋ですね。
当時お付き合いしていた年上の彼女・・・私の前で涙を見せたことがない女性でしたが、彼女が涙を見せたのが当時ビデオに録画しておいた第10話「20年間待った女」のエピソードを私の家で観てた時でした。
そんな鉄のような(失礼!)女性でさえ涙腺を刺激するという本作。本当に心に凍みいるものがあると思います。

そして、放送から12年が経って。亘が求めていた「愛」というものを自分でも模索してみて(ちょっと臭いことを書いてしまいましたがw。
ああこういうものなのか、というものがわかりかけているような気がする。


そんな人生のバイブルにもなっているドラマ、『世紀末の詩』。


みなさんも、是非是非是非!スカパー!に加入している人は、個別契約で日テレプラスに今すぐ加入手続き取ってでも観てほしい一作です。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

和歌山マル子ラーメン
2011年02月18日 13:54
『世紀末の詩』日テレプラスみましたよexclamationリアルタイムで、欠かさず見ていましたTV第一話、幽霊になった広末涼子さんの彼氏役…初期の野島伸司作品によく出る『石橋 保』さんだったでしょう~友人とまで云えないんですが、知り合いなんですよ指でOKなんか、嬉しかった個人的な感想exclamation…第何話か知りませんが?ゲストに三上博史さんの出た回、凄くいいですexclamation勿論、第一話も、泣けますねぇグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
かつを
2011年02月20日 00:37
おお!石橋保さんと知り合いなんですか!!他の野島ドラマにもでてましたよね~。

三上博史のエピソードは第六話ですね!
本日(20日)に一挙放送の後編が放送されます。お見逃しなく!!

この記事へのトラックバック