いい感じ(コジマドリームマッチ2011)

栃木SC 0-1 浦和レッズ


得点:(レ)高崎


画像



栃木県グリーンスタジアムのバックスタンドが完成し、この試合で杮落としとなった。

親が先週のちばぎんカップに来場できなかったこともあったので、その代わりにこの試合の観戦となった。
親にとってはこの試合が本格的な2011年のシーズン開幕となったわけです。

で、グリスタの敷地に到着すると・・・すごい車、車、車・・・。
相手の浦和レッズは日本一人気のあるチームでありますし、しかも電車を使っても1本で来れるエリアでもありますし、それに当然の如くPSMなのに事前完売!

そんなこともあり、ものすごいんです。客入りが。
駐車場もこんなに埋まるのを見たこともないほどの入りでしたし。

結果的に入場者数は10,000人弱でした。
サガン鳥栖戦の15,000には結構及ばなかったが仕方ないでしょう。
バックスタンドということで1人のスペースが整備され、ゴール裏~バックスタンドのつなぎ目が死角となるために封鎖。そして、浦和相手ということで緩衝地帯も1ブロックほど設けられてましたし。
今までのように芝生席に何人も押し込める状況ではないだけにチケット完売でもこんなものかもしれませんね。

そして、キックオフとなるわけですが浦和レッズはエジミウソン、マルシオ・リシャルデス、永田充(笑)、田中達也、柏木、快足のマゾーラなどなどガチメンバー!
栃木は右SBに西澤、CBに柏からレンタルの渡部、ボランチに鈴木修人、右MFに戻ってきた河原。
新戦力は4人並べることになってキックオフ。

誰もが浦和の主導権を予想したことでしょう・・・でも、その予想に反し、栃木が攻める攻める。
浦和の攻撃陣に対し2人がかりで潰しそこからカウンターで前線に早くボールを展開していく。
鈴木修の読みが素晴らしく、パウリーニョとのコンビネーションも絶妙でこの調子で開幕を迎えられればJ2屈指のボランチコンビになるのではないでしょうか。
ロングパスの精度も最初はズレていましたけれど時間が経つにつれてそのミスも少なくなってきましたし、本当に楽しみです。

浦和からやってきた西澤は先週のPSMの大宮戦でそのスピードでド肝を抜いて話題になっていた浦和のマゾーラを完全に封殺。2人で対応し潰し、また1人でも適切に対処。攻撃面でも最初に崩しから豪快なシュートを浦和ゴールに向って放つなどこれまた楽しみな存在です。
前半で交代しましたが、これは使える目処が立ったための交代でしょう。もし、後半も出場していましたらもしかしたらもしかしたかも?というくらいの◎な出来でした。

我が柏レイソルから移籍してきた渡部。
去年はスタメン1試合、途中出場1試合の合計2試合の出場で終わったけれどもこの試合でも堂々としていた。
エジミウソンやあのマルシオ・リシャルデスを完全に封じ込めた。
彼らの決定的なシュートチャンスを全く生み出さなかった。
特に終了間際の強烈シュートをスライディングカットした渡部の献身的な守備は印象に残る。

結局、前半はシュート1本あるかないかくらいでした。
栃木は柏木のミスからのロボのクロスバー直撃シュートなど数本決定機を生み出す。

後半になるとマゾーラ→原口にチェンジし、また途中投入の高崎も機能しこの2人で決勝点を奪ったわけだが、このゴールの他に高崎のシュートがクロスバー直撃したものが1本あったが決定機はこの2本だけだったと思う。

栃木は高木のクロスからのチェのゴール前1mでのヘッドがオーバーしたものや(これは浦和DFに体を寄せられてチェが上手くヘッド出来ずにゴールならず)、那須川だったかな?クロスだったのかもしれないが、クロスバー直撃のボールをあげることもあれば、終了間際に水沼がジャンピングボレーをクロスバーに当てるなど決定機はたぶん6、7本くらいあったのではないか?という出来。

試合は何よりもまず「結果」が大事だと思う。

けれど、PSMは結果よりも「内容」。
その内容がこれだけ充実していれば開幕も楽しみになってくる。

一方の浦和はただ勝っただけだった。
この調子の浦和だったらPSMで勝ってない調子のあがらない柏といい勝負かも・・・。


さてさて、この試合悪かった選手もいます。
それが河原とトリポジでしょうか。

河原はまずコンビネーション。
ここを改善すればもっとよくなりそうです。

で、トリポジ・・・顔はイケ面だけれども・・・ゴール手前でフリーでボールをトラップするシーンがあったのですが、うーん・・・近くのDFが早めについたこともあれど一応シュートまで持っていってほしかった。
少なくてもこの試合だけではトリポジにポジティブな印象はもてなかった。
これからでしょうけれどもね!


さてさて、開幕は3/6にザスパ草津戦。
前日の日立台から直行で帰省し、こちらの試合も観戦予定ですが実に楽しみです!



ふたり舟ふたり舟
千葉一夫 三代沙也可 千葉一夫 三代沙也可

キングレコード 2008-10-22
売り上げランキング : 410005

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック