『悪魔を見た』を観てきました。

今、見てきたわけじゃないです。(3/15記)




画像

<2011.3.7 丸の内ルーブル にて鑑賞。>
あらすじなどはgooより
血も涙もない凶行を繰り返す猟奇殺人鬼と、最愛の婚約者を殺された男の熾烈な攻防を描く“復讐”をテーマとしたサイコ・スリラー。韓国を代表するスター、イ・ビョンホンと、名優チェ・ミンシクの火花を散らす顔合わせが見ものだ。監督は『甘い人生』や『グッド・バッド・ウィアード』など、快作を連打するキム・ジウン。チェ・ミンシクが不気味に演じる仇役は、良心のかけらも持ち合わせていない悪魔そのもの。観る者は、イ・ビョンホン扮する悲劇の主人公に同情し、極悪人に天罰を下すヒーローとみなすに違いない。しかし復讐に執着するあまり、彼自身も血みどろの残虐行為に手を染めてゆく…そんな予測不能な展開は、もはや一介のサイコ・スリラーの域を超えている。

解説 - 悪魔を見た
婚約者を殺された男が、猟奇連続殺人鬼を執拗に追い詰めていく姿を描くサイコ・サスペンス。監督は「グッド・バッド・ウィアード」のキム・ジウン。出演は「アイリス THE LAST」のイ・ビョンホン、「クライング・フィスト」のチェ・ミンシク、「義兄弟 SECRET REUNION」のチョン・グックァン、「デイジー」のチョン・ホジンなど。

あらすじ - 悪魔を見た
ある夜、雪の夜道で車がパンクし、レッカー車の到着を待っていた若い女性が、黄色いスクールバスに乗った男に連れ去られる。地元警察は大規模な捜索を開始。まもなく川底から切断された頭部を発見する。このバラバラ殺人事件の被害者は、引退した重犯罪課の刑事チャン(チョン・グックァン)の娘ジュヨン(オ・サナ)だった。一ヵ月前にジュヨンと婚約したばかりの国家情報院捜査官スヒョン(イ・ビョンホン)は、ジュヨンが事件に巻き込まれる直前まで携帯電話で会話を交わしており、彼女を救えなかった自分のふがいなさを何度も呪う。深い絶望感に苦しむ彼は、自力で犯人を追い詰めると決心。上司に休暇を申し出、チャンが元部下から入手した捜査資料を受け取り、捜査線上に浮上した4人の有力容疑者をひとりまたひとりと力ずくで締め上げる。保険外交員を装って残る容疑者ギョンチョル(チェ・ミンシク)の実家を訪ねたスヒョンは、ひとり息子から現在の住みかを聞き出すことに成功。ギョンチョルのねぐらで女性用の下着やバッグを発見し、この男こそが犯人だと確信する。ねぐらの隣には被害者たちをバラバラにした血生臭い作業場があり、排水溝からジュヨンの婚約指輪を拾い上げたスヒョンは大粒の涙をこぼす。そんな中、塾の送迎バスの運転手であるギョンチョルは、ジュヨンに続いて別の若い女性を惨殺、さらに塾生の少女を広大な畑に連れ込む。だがそこにスヒョンが現れ、真夜中のビニールハウスでふたりは初めて対峙する。スヒョンを刑事と察知したギョンチョルは、鎌を振りかざして先制攻撃を仕掛けるが、スヒョンは強烈なキックで相手をノックアウト。朦朧としたギョンチョルの左手の骨を砕き、GPSチップのカプセルを飲み込ませ、その場を立ち去る。やがて意識を取り戻したギョンチョルは、自分を逮捕することも、とどめを刺すこともしなかったスヒョンの真意がまったくわからず、再び蛮行に及ぶのだが……。


---------------

大地震が起きた今、節電の呼びかけもあって映画館は軒並み休館です。

私も帰りの電車などを心配すると妙典以外での映画鑑賞は今は考えられないです。
(妙典ももちろん映画館は今は休館中)

ていうか、夜の生活は大人しく自宅でひっそりする以外何も考えられないなー。

今は。



そんなわけで、とりあえずそんなわけで★評だけ掲載。

この映画はけっこう面白い映画だったので、後で詳しく書きたくなったら書きます。

取り急ぎ★のみで。
--------------




・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★★★★★★☆☆(18) 
・公式サイト


【関連作品】




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぱたた
2011年03月17日 17:12
3/11本震時、社内の揺れまくるPCのモニタを抑えてました。
おちびは帰りの園バス内で後から聞いて焦りました。。
3/14に所用で鶴岡駅(山形県)に行くと被災者の方々で
窓口から駅構内を相当数はみだす長蛇の列,列,列!
殆どが大きなリュック&ヘルメットです。
被災地から山形市~バス~鶴岡市~JR~新潟・関東等
と大変な思いをして移動されているのでしょう。
私は後で来れるので順番譲りました。
国内や世界各国から支援も有るし
1日でも早く復興する事を望みたいですね。

★本作は3/6に鶴岡まちなかキネマへ上映リクエスト済です。
かつを
2011年03月17日 19:35
>ぱたたさん

お疲れ様です!
地震の時は会社に居ました。会社の入ってるビルは築8、9年という比較的新しいビルでも損壊するところもあり地震の大きさを実感しました。

とっさに「今日(11日)は帰れない」と判断し、近くにすぐさま会社の人たちの食料を買いだしに行き、会社の人たちは自分のおかげで空腹にならずに済みました!(自慢げw)

しかし、その爪痕は1週間経っても原発の事故に伴う節電などの影響で首都圏通勤の人の負担にもの凄くのしかかっています。もちろん、現地被災者に比べたら屁でもない辛さですけれどもね(苦笑)

1日でも早い復興。本当に願っています。映画館も休館ばっかりで(妙典の映画館もまだ再開アナウンスが出ません)、今日も試写会が入ってましたが、それをキャンセルするほど帰りの電車が心配になったり。
こんな日常じゃストレスたまります・・・。はぁ・・・。

早く気楽に映画を見たい!!です。

この記事へのトラックバック