Jリーグ再開は4/29から濃厚。また、夏の開催への個人的な提案。

こんなところに書いてもしょうがないかもしれないけれど、提案




Jリーグは4/29再開だそうです。

Jリーグは4・29再開 東京・東北電力管内はデーゲーム変更へ

なお、ナビスコ杯はトーナメント方式に変更し試合数を削減するらしいです。
一方、同じプロスポーツのプロ野球はたった4日開幕を延期し、4/3まではデーゲーム対処とのこと。
まあ、4/5からは伝統の(笑)巨人-阪神戦のナイターありますからね!
ああ、奇跡ですね!阪神戦の直前でデーゲーム終了じゃん!!!ミラクルすぎる!!!!!!夢かコレー!


まあ、野球については節電で苦しんでる人をいっぱい見てるだけにその分、いっぱい言いたいことあるけれどいいです。言うまでもないですしね。

とりあえず、野球の選手会の方は引き続き抵抗していくそうで。
野球では、フロントが異常で選手はマトモです。ほんとそうよ。やっぱり、パ・リーグと一緒にやった方がいいっすよ。

でも、個人的には東京ドームより全然電力喰わない最寄りの映画館の再開を心待ちにしてるんですけどねー。
(映画ファンだから当たり前ですね)

さて、まあそういうわけで4/29にJリーグ再開との報道が。
4月下旬まで計画停電もあるというし、ほとんどのチームの外国人選手が一時帰国してる最中ですし、まあ適切かなと思います。

そこで懸念されるのが夏場の試合。
通常は夏の暑さを回避するためにほとんどナイトゲーム開催されるわけですが、そこで個人的な提案です。


夏の開催は一律17時キックオフにしませんか?
うーん、いや・・・やっぱり16時30分かな・・・。18時過ぎるとそれなりに暗くなってしまうかな・・・。


栃木SCなどではJFL時代は電機代の節約(まあ、この理由は電力がないというよりは、お金がなかったからの理由ですが)のためによく夏場は17時キックオフの試合が多かったです。

確かにキックオフの時は少し暑さもあるのですが、夏は18時でもまだまだ明るいし、照明が必要になる場合でも最後の数分使う程度で済むことが殆どです。


2節~7節の休止で夏場の平日に試合が回ってくる場合もあるかもしれません。
その時でもまあ、会社早退してでも観に行くし。
(・・・客の入りが心配ではありますが)


という、あくまでも個人的な提案なのですがいかがでしょうか?
これであれば節電+夏場の開催を上手い具合にバランスとってクリアできそうな素人考えなのですが。


もし、関係者の人の耳に届いたらご一考お願いします。





○追記:浦安の液状化の瞬間現象。これは大変、貴重な映像です。

妙典は大丈夫ですが、この映像の浦安、また幕張や私のJRの最寄り駅になる市川塩浜などの内房側では似たような状況の地域が多いと聞きます。


4/12開幕でパ・リーグの千葉マリンは大丈夫なのでしょうか・・・?











液状化現象―巨大地震を読み解くキーワード液状化現象―巨大地震を読み解くキーワード
國生 剛治

鹿島出版会 2009-07
売り上げランキング : 275306

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

MONICA
2011年03月27日 16:35
あたしの住んでる市原市、ほとんど被害の報告はないですが
バイト先は海岸線なので、やはり液状化現象で、もう営業は無理だし
ヘルメットなしでは建物内に入れない状態でした。
コスモ石油の爆発もすごかったし、、、
これからどーなっちゃうんでしょう
かつを
2011年03月28日 11:20
>MONICAさん

返事が遅くなりすみません!
市原といえば私の会社の契約倉庫が市原にあり、道路の液状化で倉庫からの出荷が出来ずに困っていたりしたこともありました。

今はどうにか出荷作業は行っているようですが・・・。

大地震、原発事故と本当にどうなるのか先の見えない不安でいっぱいですね・・・。

この記事へのトラックバック