起妙的・2011年ワースト映画20選

ということで、まずはワースト20から。





映画関係ブロガーにとっては恒例の本年公開作品のベスト、ワースト企画ですが今年も当blogでもやらせていただきたいと思います。

先日も書きましたが、114本を映画館もしくは劇場にて、46本をDVDにて、合計【160本】を本年(11.1月~12月)劇場公開作品を鑑賞しました。

若干まだ年内も鑑賞するので後ほどちょっと修正があるかもしれませんが、とりあえず挙げさせていただきたいなーと思います。

まずは、「ワースト20」です。ワーストということは簡単に言うと私が好きじゃない映画です。
ですので、少し暴言?などもあるかもしれませんが、私のチラシの裏みたいなブログですし、どうぞ心の広い人のみ、下記にお付き合いください!

では、発表です。

*基本的には★10個以下からがメインです。
*なんか敢えて低予算だとか、糞映画も覚悟してるようなものは選ぶこともあるけど、選ばないこともあります。
(なので『DOA/デッド・オア・アライブ』なんかは上位には選ばないこともある。)
*もちろん、個人的な評価です。だから、ただの好き・嫌いにおいてこういう総括の時にコメント欄で反論されても困るかも。このワースト評価に何か我慢ならないという人はトラックバックにてお願いしまーす。そのトラバに関しては承認の方向で行きますので。


どうか、怒らずに許していただける方だけ読んでくださいっ!お願いします(笑)


***********************************************
●ワースト20位
: 『犬とあなたの物語 いぬのえいが

メディア 映画
上映時間 88分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月 2011/01/22
ジャンル ドラマ/コメディ/ファミリー
映倫 G
画像

「前作は良かったんですよ。でも相変わらず短編で綴って前作のようにラストの方で「まりも」のエピソードみたいに泣かせてくれるかと思えば今回のは拍子抜け。全然泣けなかった。」



***********************************************
●ワースト19位
:『女忍-KUNOICHI-

メディア 映画
上映時間 65分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(日本出版販売)
初公開年月 2011/03/19
ジャンル アクション
画像

「せっかく武田梨奈ちゃんが主演なのに彼女の格闘センスが垣間見えるようなシーンが本当に少ない。こんなんじゃ何も彼女を主演にすることもなかったろうに。」


***********************************************
●ワースト18位
:『ザ・ライト -エクソシストの真実-

メディア 映画
上映時間 114分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2011/04/09
ジャンル サスペンス
映倫 G
画像

「要するに怖ければいいんすよ、怖ければ。なのに全く怖くない。なんなんすか。」


***********************************************
●ワースト17位
:『モンスターズ/地球外生命体

メディア 映画
上映時間 94分
製作国 イギリス
公開情報 劇場公開(クロックワークス)
初公開年月 2011/07/23
ジャンル SF/サスペンス/ロマンス
映倫 G
画像

「まあB級とかZ級とかいうのはいいんですよ。わかります。でも、ここまでドキドキさせておきながら最後のあれはない。本当にふざけすぎ。」


***********************************************
●ワースト16位
:『スペイン一家監禁事件

メディア 映画
上映時間 85分
製作国 スペイン
公開情報 劇場公開(キングレコード)
初公開年月 2011/07/02
ジャンル サスペンス/ホラー
画像

「リアルといえばリアル。でも途中まで。特に最後の方はやっぱり”映画”にまとめてしまったかね。とことんリアルな感じで見せたいのであれば脚本を意識させたような展開にしないでおくれ。」



***********************************************
●ワースト15位
: 『ファンタスティック Mr.FOX

メディア 映画 Anime
上映時間 87分
製作国 アメリカ/イギリス
公開情報 劇場公開(ショウゲート)
初公開年月 2011/03/19
ジャンル コメディ/アドベンチャー
映倫 G
画像

「コマ撮りアニメ映画って大好きなんですよ・・・そのはずなのに・・・これは受け付けなかった。まず、主役のキツネどもが気持ち悪い。愛きょうがない。人間のところに盗みに入っているのに、逆襲にあっただけで人間が極悪に見えてしまうのもどうかと。もう少しキツネに肩入れできるような脚本にしてくれればよかったものを。」



***********************************************
●ワースト14位
:『スパイキッズ4D:ワールドタイムミッション

メディア 映画
上映時間 89分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(松竹=アスミック・エース)
初公開年月 2011/09/17
ジャンル アドベンチャー/ファミリー
映倫 G
画像

「ニオイを感じさせることで3D+1Dの4Dってことらしいんだけど、その肝心の臭いのカードが本当に面倒臭いし邪魔。そして、映画のストーリーになんも関係ないという。話題作りのために頑張っちゃtんだろうけれど、本当に残念な出来でしたね。」



***********************************************
ワースト13位
:『七つまでは神のうち

メディア 映画
上映時間 82分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(S・D・P)
初公開年月 2011/08/20
ジャンル サスペンス/ホラー
画像

「女の子たちはみんな可愛いんですけれどね。なんていうか、とにかくツッコミどころも多いし、残念なサスペンス?映画。特に序盤の車での追跡のシーンはどれだけの人がどれだけツッコんだことか・・・。」



***********************************************
●ワースト12位
:『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉

メディア 映画
上映時間 141分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ディズニー)
初公開年月 2011/05/20
ジャンル アドベンチャー/アクション/コメディ
映倫 G
画像

「しかしまあ、これだけ大きな作品なのに時間も長いのに中がダルダル・・・。話はかなりシンプルなのに、引き延ばしが酷くて途中なんど睡魔に襲われたことか。このシリーズの割に意外とアクションシーンが少ないのも減点材料。」


***********************************************
●ワースト11位
:『ブローン・アパート

メディア 映画
上映時間 100分
製作国 イギリス
公開情報 劇場公開(リベロ=日活)
初公開年月 2011/01/29
ジャンル ドラマ
映倫 R15+
画像

「自分が不倫していて他の男とセックスしてる途中にサッカーを観に行った夫と息子がテロに巻き込まれて死亡。主人公の人妻ビッチは息子を失ってオロオロするが、夫についてはほとんど触れてあげず。そして、自分も勝手に不倫していたのに息子が死んだのを不倫相手のせいにするクズっぷり。結局この映画は何を言いたかった?」


***********************************************
●ワースト10位
:『アウェイク

メディア 映画
上映時間 85分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ショウゲート)
初公開年月 2011/05/21
ジャンル サスペンス
映倫 G
画像

「まず麻酔で動けない状態なのに意識はある。手術をそれで受けるので痛くてしょうがない!という設定なのに最後の方はその痛さを感じる設定は無視。また、ある人が亡くなるんですけれどとってつけたように亡くなります。こういう人なら死んでもいいだろう?くらいの勢いで亡くならせてしまうことに疑問。」


***********************************************
●ワースト9位
:『パラノーマル・アクティビティ2

メディア 映画
上映時間 91分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(パラマウント)
初公開年月 2011/02/11
ジャンル ホラー
映倫 G
画像

「1作目の方がよかったね。3作目も今年のうちに劇場公開されてそれは劇場へ観に行きましたけれど音で驚かせるばかりでビックリする。もうネタ切れでしょ。ってかただお化け屋敷が怖い!だけでいいのに、余計な方向に向かないでほしいです。」


***********************************************
●ワースト8位
:『ガリバー旅行記

メディア 映画
上映時間 85分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2011/04/15
ジャンル コメディ/アドベンチャー
映倫 G
画像

「なんかジャック・ブラックって好きになれない。まあ暑苦しい外見はともかくとして、出る映画のキャラがみんな似ていてそれであのノリでしょ?まあそれはともかくこの映画についていうとあと、ミュージカル映画でもないのに途中でミュージカルになる箇所が2つ。最後の方の敵と一緒に踊ってみんなで仲良くっていうオチも「はぁ?」としか思えない。コメディ映画だったらあれでもいいんすか?いいんすか?」


***********************************************
●ワースト7位
:『アントキノイノチ

メディア 映画
上映時間 131分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(松竹)
初公開年月 2011/11/19
ジャンル ドラマ
映倫 PG12
画像

「本当に途中の途中までベスト20・・・いやベスト10候補でもよかった映画。ただ、最後の方のくだりで急降下。これは酷い。一気に萎える。だから感動も糞もない。苛立つのでもっと書きたいけれどどう憤ったのかは11月の本作品の感想文のページをご覧ください。」


***********************************************
●ワースト6位
:『学校をつくろう

メディア 映画
上映時間 109分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(ゴー・シネマ)
初公開年月 2011/02/19
ジャンル ドラマ/伝記
映倫 G
画像

「専修大学出身者、または関係者以外は観ても退屈なだけ。こんなに大した山も谷もないまっ平な平凡な垂れ流し映画も珍しい。まあ私の出身大学に関係した映画であれば、評価も変わるんでしょうけれど専修大学になんの関係もない私にはこの評価しかならないです。」


***********************************************
●ワースト5位
:『プリンセス トヨトミ

メディア 映画
上映時間 119分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2011/05/28
ジャンル コメディ/ミステリー/ファンタジー
映倫 G
画像

「いま気がついたけどallcinemaのデータベース・・・コメディってwwwwまあ、コメディかなぁ。よく大阪って大阪民国としてちゃねらーなどにバカにされたりするけれど、それを映画化したような映画。リアルの話にするとでも橋下大阪市市長は森田健作県知事()の下で暮らす私にしてみたらすごく羨ましいです。」


***********************************************
●ワースト4位
:『DOG×POLICE ドッグポリス 純白の絆

メディア 映画
上映時間 104分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2011/10/01
ジャンル アクション/サスペンス
映倫 G
画像

「犬は可愛い。ほんとそれだけしか取り柄のない映画。特に映画の鍵にもなっている”タイムリミット”という場面設定についてこの監督、脚本家は今一度よく考えた方がいい。こういうのは萎える。おかしいと思わないのかね?」


***********************************************
●ワースト3位
:『ブリッツ

メディア 映画
上映時間 97分
製作国 イギリス
公開情報 劇場公開(ショウゲート)
初公開年月 2011/10/15
ジャンル アクション
映倫 PG12
画像

「ステイサムってすごくカッコいいし大好きな役者ですけれど、この映画はどうもね・・・。せっかく、ステイサムが追う敵は姿を見せない警官殺しの愉快犯っていう面白そうな設定なのにそれが全然活きてない。ステイサムの相棒になるホモ刑事もそのホモっていう設定が全然絡んでこないし。そしておまけに蛇足。その蛇足も綺麗に片付かない蛇足だし・・・この後どうすんの?と突っ込みたくなるような終わり方でした。」


***********************************************
●ワースト2位
:『縁切り村~デッド・エンド・サバイバル~

メディア 映画
上映時間 90分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(スカイアンドロード)
初公開年月 2011/10/15
ジャンル ホラー
映倫 G
画像

「こっちが1位でもよかったんだけれども、まあこれを映画って呼んでしまっていいのかも迷ったので2位。それくらい酷い映画。正直そのへんの映画学校の自主製作映画の方がたぶんよっぽどマシ。AKBの人がでているから色々制約もあったのかもしれないけど、それにしても酷い映画。ホラーなんてジャンル付けが失笑もの。こんなものをレイトショー料金とはいえお金を払って観た私がホントに馬鹿みたいです(苦笑)」



***********************************************
●ワースト1位
:『ツーリスト

メディア 映画
上映時間 103分
製作国 アメリカ/フランス
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2011/03/05
ジャンル サスペンス/ミステリー
映倫 G
画像

「ということで、当ブログの本年度のキング・オブ・糞映画はこの作品に決まりました。この映画、本当は劇場で観る予定でチケットも買っていたんですよ。でも、直前で遊んでたメダゲーでJP当たってウハウハだったのでチケットを無駄にして、その後DVDで観たのですけれどDVDでよかったです。それくらいの糞映画。いかにも低予算のレベルの低い俳優陣を使った2位の映画と違って、ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリーという世界的な俳優を起用し、監督はあの名作『善き人のためのソナタ 』の人という。どこでそうなったらこんな糞映画作れるのか驚かされます。きっと、ジョニーやアンジェリーナの威光に押されて監督もいろいろ制約させられた中での映画作りだったのかな?そうとしか思えない酷さ。」



***********************************************

総括:
去年より更に1日遅くなっての恒例の年間ワースト発表になりました。

パッと見て概してそれまではよくなかったのに、なんでこうなるの?とかそれが余計じゃない?とか思える映画がやっぱりここに該当してるもんが多いかなと。
『アントキノイノチ』とか『ブリッツ』とかはその類でしょうか。

また、こんなもん全国ロードショーの映画館で上映していいもんなのか?という糞映画も多かったですね。
『縁切り村』とか『七つまでは神のうち』とかもね。
まだ都内のミニシアターでひっそり公開してるってのならわかりますが、ワーナー妙典で見ましたからね。
両方お金出して観てしまった私は馬鹿です。はい。

今年は1位、2位で迷いました。
やはりビッグネームが連なってこの程度の映画しかできなかった『ツーリスト』をワースト1位にしました。
名前だけでは期待してしまいますしね。期待を裏切られた人は山ほどいるんじゃないでしょうかね?


さて、もう29日ですか。
今日中、もしくは明日の午前中にはベスト20も発表させていただきますね!
引き続き宜しくお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック