今日も元気にカルト映画館~第125回『ロボコップ』:オールタイムBEST10③

今回カルトコーナーとオールタイム10コーナーを同時にやってみました!




画像



この映画。私が中学生の頃にロードショーになったんですよ。
結構、大ヒットしていたイメージがあるのでごく一部の人たちのための映画って感じではなかったので今までここで紹介してこなかったんですけれどもね。

でも、公開から24年。
3作目まで劇場公開されて、リメイク映画が作られるという噂もある『ロボコップ』。
当時の熱気を覚えてる人もいるかいないか存知あげませんが、未だにロボコップが好きすぎてついついfigmaのロボコップを購入してしまう私みたいなバカがいるので、このタイミングでカルトムービーの視点とオールタイム10の視点でまとめて紹介できたらなと思いのエントリーです!
(手抜きじゃねえよ!!!ほんとだよ!!・・・・ほんと。)

以前、『ロボコップ3』についてはこのブログで書かせてもらいました。
まあ、あの時にも書いてますが3作目はこれこそ一部のマニアが支援しているような作品で、1作目はメジャーだった!みたいなことを書いてます。
極力メジャーなものはここでは扱いたくなかったんだけれども、やっぱりなんか想い出とか色々書き残したくてエントリー作っちゃいました(笑)

今回紹介するのは記念すべき1作目!というわけです。

ストーリーはみなさん御存じかもしれませんけれど、近未来設定の暴力都市デトロイトで警官をしていたマーフィーが凶悪強盗のアジトに相棒の女警官アン・ルイス(あの歌手のアン・ルイスじゃないよ!)と突撃するも、マーフィーは強盗団に弄ばれてショットガンで撃たれまくってしまうんです。
腕は吹っ飛ばされるわ、体が穴ぽこだらけにされるわ、そしてトドメで頭を拳銃で撃ち抜かれてしまうマーフィーは民間警察組織の若手開発者の重役モートンの手によりその残った体をベースにロボコップとして生まれ変わるわけです。
未見の人でもこの映画の入り口の部分はよく知られてるところではないかなーと思います。

この映画はこのようにして生まれたロボットヒーローの活躍が面白いのはもちろん、この近未来の世界観がとても面白い。
冒頭から架空のニュースを流し、その世界の日常の一部と言うモノを見せてくれる。これはポール・バーホーベン監督ではよくあることで『スターシップ・トゥルーパーズ』などでもユニークなCMだったりニュースなんかありますよね。
そうして紹介されるマッドシティ「デトロイト」(私の中ではデトロイト=車の産業都市ではなく、凶悪都市と子供心にインプットされてしまいました)。
冒頭に披露される警察ロボットのEDー209が失敗に終わるのもまた1つのミソ。この失敗があるからこそ、ロボコップの存在が引き立ち、オムニ社の内部の事情も色々と激しくさせられるわけです。
そして、先ほども書いたように「ヒャッハー!!!!」とキチガイの凶悪強盗にすぐに惨殺される主人公。
それだけでこの映画はどんなになるのだろうとワクワクさせられるのですが、犯人vs警察の構図の他に警察の業務にオムニ社という企業の内部抗争事情なども絡んでくると目が離せない展開が繰り広げられるんです。
EDー209を推したい保安担当のオムニ社重役のジョーンズ。このおっさんが犯罪集団と癒着していることがわかると・・・と、ジョーンズvsモートンの構図。
あとあと、普通ならロボコップがジョーンズをぶちのめして逮捕!!と考えそうなものですが、オムニ社の役員に手出しできないという設定を施されているのでそのあたりも着目してほしい。

映画としては小難しいことは何もないですが、ただ少々グロいシーンはあるかな。
悪魔の毒々モンスターみたいなものが出てくるところもありますし(笑)
まあでも、グロ耐性のついてなかった中学生時代にこの映画を大興奮して観ていた私なので、きっとたぶんみなさんでも大丈夫かと思いますよ。

そんなこんなでバイオレンスアクション満載の面白い大傑作。
超x10お薦めです。有名な作品なので見てる方も多いとは思いますが、未見の方には是非ともみなさんに騙されたと思って一度は見て欲しい!!

もうちょっと特典が充実したらBD欲しいです。はい。



P.S.
公開されてもう25年になりますが、いまだに根強いファンの人気がある作品ということで今回「カルト」カテゴリーにも加えました。
でも、メジャーすぎるかな・・・?(笑)




・暴力殴打度:★★★★☆
・芸術ぽい度:☆☆☆☆☆
・理解不能度:★☆☆☆☆
・キ●ガイ度: ★★★☆☆  
・グロゴア度: ★★★☆☆
・下品汚物度:★★☆☆☆  
・おバカ様度: ★☆☆☆☆ 
・御エロ様度: ☆☆☆☆☆







【本作品、関連作品】
※今回のリンクは全てBDですのでご注意。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

ぱたた
2012年03月21日 11:33
自分も学生時確か2本立(併映:不明)でwktkして観ました。
2、3と↓になり、やはりバイオレンス色が濃い「1」かなぁと。
ギャバンを参考との事だけど、ロボット刑事Kはどうなのかな?
村石太レディ
2012年03月21日 19:54
BIGGLOB プログランキングから テーマ 映画で検索中です。
ロボコップ 面白い映画ですね。映画同好会(名前検討中
かつを
2012年03月22日 08:30
>ぱたたさん

自分はバイオレンス度が増した2も結構好きですw
ただ2はあのテーマ曲を使ってないのがちょっと高揚感が沸かないところですかねー。
3は以前紹介したとおりですw

>村石太レディさん
こんな感じで不定期に映画のことをだらだら書いてますのでお暇な時は是非宜しくお願いします!

この記事へのトラックバック