はじめてはじめて(2012.J2第7節@栃木:勝ち点11)

栃木SC 2 - 0 ロアッソ熊本


得点:(栃)棗、當間


画像



今季初めて栃木SCの試合を生で観にいきましたっ!!
PSMの横浜FM戦はちばぎんカップと被っていましたし、まああとは都合つかず。先週の千葉戦は柏が関東圏外のアウェイで足を運ばなくて、まあ行ってもよかったんですがここんところ良い試合してなかったんで負けたらやだなと思っていかなかったら劇的勝利という!

で、今回は別にその劇的勝利があったからというわけではないのですが実家で導入したスカパー!HDの接続のお手伝いに行くこともあったのでもともと8日の熊本戦は行くつもりでおりました。はい。


さて、今季初めて訪れるグリスタ!

まあまあイッチョ前(褒め言葉)に大型ビジョンが完成していた!昔から馴染みのドットキャプチャーはもう拝めませんが、これでもかというくらいに綺麗な映像を見せてくれて・・・。
なんか毎年、シーズンが始まるごとに少しづつ進化してますね。グリスタ!

今回の席はSA席・・・。と、席割に関しては最後に思いっっっっっきり愚痴りたいと思いますのでそれはまた後で。

バクスタが完成してからのグリスタでの指定席はアウェイ側の中央より前方。
今回もここで試合を待つ。
すると、目の前は熊本の選手がアップする姿が見えるので武富・・・そして雄太の姿がよく見えました。

栃木には頑張って欲しいけれど、雄太にもいいプレーは見せて欲しいなと思いつつキックオフを待ち、そしてキックオフ。

開始直後から栃木の方が攻めてましたね。
バクスタアウェイ側でみていたせいでもありますが、菊岡とあと24番の左SBのユ・デヒョンが素晴らしい動きを随所に見せていて、前半15分の先制点はそのユ・デヒョンから生まれる。左サイドへのスルーパス。
相手との競り合いに勝ったユは角度がないところから真横にクロスをあげるとゴール前に詰めていた棗が足でそれを流し込み、プロ初ゴールを記録!!

この後も尻込みして引く事は無く、栃木ペースで試合が進んでいく。
注目していた武富はちょっと目立たなかったかな・・・。

FW棗、MF菊岡、管、DFユ、チャ、當間、山形と7人が今季の新メンバーですが、いずれの選手も躍動していたように思います。

そうそう、前半半ば。
當間と昨年まで栃木に在籍したチェ・クンシクの競り合いでチェの左の肘が顔に入ったということでチェが副審の目の前で見つかり一発退場。
後で家で映像見るとちょっと可哀想ではあるかな。でも肘が入っていたことは入っていたし、副審の目の前だったし。


その退場で引いて守るかなーと思われたのですが、栃木が数的優位で少し気持ち的に緩んだところを見逃さず1人少ないのに後半は攻勢をかけてきた熊本。
押される展開になりましたが、ここで外国人選手ながらにキャプテンを務めるパウリーニョが今季初めて投入されることに!
大きな拍手に見守られながら入ってくるパウリーニョ。すると彼が入っただけでまた栃木の選手が落ち着きだした。
これには驚きましたね。目に見えるように動きが変わりましたもの。
昨年の9月上旬にFC東京梶山に悪質なタックルを受けて負傷してしまい、それ以来7ヶ月ぶりの出場。
嬉しそうな表情してましたね、パウリーニョ。

そして、そこからセットプレーで當間がヘディングで押し込み2-0。
こうして2-0の勝利。
ちなみに當間もPSMの横浜FM戦でゴールを決めているものの、公式戦ではプロ初ゴール。
この日のグリスタはパウリーニョの今季初出場・・・など色々と初物尽くしでした。

私にとっての今年初めての栃木SC生観戦でもありましたしね(笑)


さて、なぜ初観戦になったのか・・・というのは冒頭にもちょっと書きましたが色々と都合が合わなかったこともあります。

が、これからも今年はあまり足を運べないかなーというのが本音のところ。
試合前に栃木ゴル裏に居るだいじゅ師匠と挨拶させてもらった時にも「俺、今年はあんまりグリスタこれないかも・・・」と言ったのですが、理由の1つには柏と栃木ならもちろん柏を優先するのです。J1は土曜日・J2は日曜日・・・じゃあ連日行けるじゃないかと思われるかもしれませんが、常に連日はちょっとキツイですよ。体力的にも財力的にも。
だから、開幕や最終戦などの特別な時はちょっと無理してでも連日行きますが、そうでない時はやはり柏優先ですしね。
もともと日曜日のナイトゲーム、夕方のゲームには行かなかった。いや頑張れば行けなくもないけど翌日の仕事に堪えるし。
あと、J2は11月11日(だったかな?)にシーズンが終るちょっと前倒しスケジュールの皺寄せもあるのかな。
なんか都合がつかないんですよね。

と、その土日J1・J2分別開催や前倒しスケジュールなどの日程がまず1つ。
あとは、やっぱりチケット代””値上げ。これに尽きます。

FC会員でもない私は一般前売りを買います。
昨年はゴール裏~バックスタンド一律1500円。
まあ、バックスタンド1500円は安いです。観やすくて良心的でした。
昨年が良すぎた。だから、観づらいゴール裏と格差をつけるのはまあしょうがないです。それは思います。
でも、いきなりバクスタも両端を2500円、真ん中を3000円と分けるのはどうなんでしょうか。
私の場合は昨年までバクスタアウェイ寄りで見ていたので実質1000円増、バクスタ中央で見てた人であれば2倍増(1500円)増ですよ。
まあ、柏もバクスタ両端は2500円だったかな。前売りで。物心付いた時から値段はほぼ変わってないような気もします。それでもサポは定着しています。
正直、栃木の場合はこれから定着していくサポを作っていかなければならない段階で急に1000円UPはそりゃ、ライト層では引くでしょ・・・。
私は両親と3人で行きました。7500円です。昨年だったら4500円で済んだ。
つまり、昨年なら同じ値段で2人招待できるんですよ。
あとあと・・そうそう。少しでも安くしようとして手数料のかからないセブンチケットでパネル捜査していたら、栃木SCの取り扱いがない!!!!!!!!!
その場でぴあを選択することもできたけれど、憤慨したのでローソンチケットで敢えて買いましたよ。そっちも手数料かかるけど、同じ手数料ならローソンでいいやってね。
トータル\3,315円のアップ。

そして、アウェイゴール裏はホームゴール裏より500円高い2000円という・・・。
主にアウェイの方向けにバスを無料にしてるからとかそういうことでしょうか?
それならもう長時間走るバスも有料にしてもいいんじゃないでしょうかね?
アウェイ客がみんなバスで来るわけではないですし、同じゴル裏で500円差は印象悪いですよ・・・。
柏は一般前売りだとホームゴール裏の方がアウェイより高いっつーのに・・・。

まあ柏の場合はFC会員(アソシエイツ)入ればむしろアウェイよりも安く買えますということを根付かせたいのもあるのかもしれませんね。
栃木のFC会員も割引料とか調べてないけど、そういうのが狙いだったりするのかな?
だとすれば、このチケットガイドにはFC会員だったらこの価格というものが載ってなくて、わかりづらい。
また、お世辞にも栃木はまだ集客があるチームだとは思ってないので、強気の設定にするにはまだまだ早すぎるんじゃないかという想いがあります。

もちろん”サポーター”であれば、そのあたりは「少しは運営の足しになるなら」と料金アップを素直に受けてもいいのかもしれませんが、私のような”非サポーター”、もしくは一見さんにとっては足を遠ざける要因になってませんかね?

このロアッソ熊本戦はいいサッカーが見れたし、勝ったのでまあ良かったですがこれで糞試合を見せ付けられたとしたらもう、この10倍は愚痴ってるかもしれません(笑)

こういう価格設定にしてしまった以上、年チケ保持者のことも考えたら価格は変更できない。
でも、もしかしたらそこ・・・先ほど書いた「ロアッソ熊本戦はいいサッカーが見れたし」ってところがヒントなのかもしれませんね。

いいサッカーをする。勝てるチームになる。
少しでもお金を払ってでも見にいきたい。
そうなるしかないですね。
いや、そうなってほしい。昨年同様のスローガン「J1へ」。
今年は実現してほしいです。相変わらず柏を応援してる傍らになりますが、栃木も応援してますので。
がんばれ、栃木。



P.S.
次回観戦確定してるのは6/9の岡山戦かなー。
5/1のブリーラム(タイ)とのACLと連日じゃなければ4/30の鳥取戦も見に行きたかったけど・・・。





画像


画像


画像



画像







NHKいないいないばあっ!うた☆うた☆だいすき!NHKいないいないばあっ!うた☆うた☆だいすき!
加藤千晶 TVサントラ ふうか(原風佳) うーたん(間宮くるみ) ワンワン(長島雄一) チャップン(宮田幸季・菊地祥子) クックーA(石川寛美) ぐーたん(深雪さなえ) ハミガキマン(柴本浩行) バコン(東さおり)

コロムビアミュージックエンタテインメント 2006-07-19
売り上げランキング : 96537

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック