今日も元気にカルト映画館~第128回『赤い密室(へや) 禁断の王様ゲーム』

Z級のオリジナルビデオです。




画像

あらすじなどはamazonより
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
誰もが一度は経験したことのある「王様ゲーム」を引き金に、人間の本性が暴露されるエロスドラマ。真っ赤な照明に照らされた不気味な部屋で、賞金欲しさに「王様ゲーム」に興じる4人の男女。だが、彼らのバトルと命令は次第に激しさを増していき…。
内容(「Oricon」データベースより)
「王様ゲーム」が発端で、隠れていた人間の本性が暴露されていく様を描いたエロスドラマ。出演はつかもと友希、大川真由実ほか。


ちょっとここで紹介するにしては微妙な位置づけの作品かなーとも思いましたが、まあ『肉だるま』なども紹介してるし、よく巡回するマニアック作品を扱うサイトなどでも紹介されていたりするので、ここで扱ってもいっか!と思いまして簡単に書かせていただきます(笑)どうか寛大な気持ちで見ていただけると幸いです!


ってことで見ましたが・・・まぁ~予想通りチープテイストなオリジナルビデオです(笑)
さすが、JVDです。

話は簡単。
赤みがかった灯に照らされたどこかの地下一室みたいなところに集められた4人。
勝ち気な30代風の主婦。そしてその主婦の尻に敷かれてるダメダメの無職の夫(たぶん30代)。
これまた勝ち気な女子高生。そして、この作品が作られた1999年の色が感じられる20代のOL。

その4人が王様ゲームを行い、ギブアップをしたら敗退。
残った1人が1000万を獲得。この4人の様子は隠しカメラで誰かに見られている。
・・・さて、誰が勝ち残る?

そんなストーリーです。
今でこそ『カイジ』だの『LIAR GAME』だの残酷ゲーでは『SAW』だのありますがこの頃(20世紀の終わりごろ)、この手の罰ゲームを課した作品ってあまり無かったようにも思います。
(と、書いたものの私が忘れてたり、知らないだけでたぶん色々あったかもしれませんね。教えていただけるとありがたいですw)

さてそんな王様ゲーム作品ですが、最初はベロチューキス、その次はドライヤーを口につっこんで2分耐久。
それから、飲尿、5分間リンチ・・・そして。という流れになっていきます。

ここで残念なところがあります。この手のゲーム系の作品だと誰があてられるんだ。どんなことを課せられるんだ。と、いうドキドキする感じが沸き上がってくるものですがゲーム参加者が最初からたった4人なので、ちょっとその辺りの駆け引きみたいなものが薄い。

だが、この参加者の中の1人の暴走によって直接的な描写が無いにしても見ていて「ああ、痛い!(視覚的に)」と思わせるような展開になっていくのです。

まあ、ネタばれもへったくれもないような作品なので書いてしまいますと、女性の性器に電球を入れて「割れると大変だぞ~」と脅かすんですよ。
なんか漫画『カメレオン』のちょいとした一コマでそんな言葉を読んだこともありますが、こう映像にされると男性である私が見ても痛々しい・・・。ある意味卑怯な演出ではありますね(苦笑)

まあ、結局それが割れてしまうわけですがその割れたまんまその女性はゲームに参加し続け、その女性が王様になると「私とセックスする」という罰ゲームを宣言したりとか・・・。
もうなんていうんでしょう。想像するだけで血の気が引きますよ・・・。そういうおっそろしいイマジネーションをたやすく喚起させられるようなことをラストにかけて畳み掛けて出してくるものですから、直接的な描写がなくても、血糊がチープであっても厳しいものがある。

まあ、それしか売りが無い作品なんですけれどもね。


役者はみんなヘタクソで素人でもこれくらい出来るというくらい酷い演技力ではありますが、その酷い演技力が非現実であるというどこか救いにも似た思いにさせてくれるのはどこか皮肉な結果でしょうか(笑)


最後に。ホントに作品のクオリティを期待してしまうと本当に裏切られる結果になりますし、AV並みのエロを求めると肩透かし食らいますし、『ホステル』や『グロテスク』みたいなグロ展開を期待するとまたこれ肩透かし食います。
サービスデーの50円レンタルとかの時によっぽど興味を持った場合のみ見てみるのも良いかな?と思います。
出来がよくないので正直あんましお薦めはしません(苦笑)




・暴力殴打度:★★★☆☆
・芸術ぽい度:☆☆☆☆☆
・理解不能度:★★★☆☆
・キ●ガイ度: ★★★☆☆  
・グロゴア度: ★☆☆☆☆
・下品汚物度:★★★☆☆  
・おバカ様度: ★☆☆☆☆ 
・御エロ様度: ★★☆☆☆







【本作品、関連作品】









王様ゲームトランプ王様ゲームトランプ

ビバリー 2010-11-13
売り上げランキング : 42193

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック