最後の最後で(2012.J1第15節@柏:勝ち点21)

柏レイソル 1-1 鹿島アントラーズ


得点:(レ)近藤 (ア)小笠原


画像


圧倒的に柏がポゼッションするも、どこか持たされてる感も。

どちらかていうと柏ペースで。
でもキメ手が出て無くて。

そして満男にファインゴールを決められて、そこからギアが入ったように柏が猛攻をしかけるもゴールが割れず。
アディショナルタイムに鹿島の西のハンドで得たPKをニーヤンが外す。
それを詰めようとした林が倒されてまたPKか・・と思ったものの、近藤が流しこんだので2回目のPKを流され、ゴール認定。

林がニーヤンが蹴る前にペナルティエリアに侵入したとかで鹿島の選手が猛クレームを入れてた。
まあ、映像で見ると確かに入ってるね(苦笑)
でもなんていうのかな、あんまそこは厳しく取らない審判だったのかもしれませんね。
(ちなみに副審がアピールしてたのはタイミング的に林が倒されたことへのファウルへのアピールだったように思います。林の侵入へのアピールじゃなくて)

その直後、その林がペナルティエリアでハンドしたということで鹿島の選手がアピール。
これも映像で見ると、まあ当たってるようには見えますが・・・。故意じゃないって言えばそっちの方が濃厚で、主審もそう判断したのかなーと思います。「違うだろ!!」と思われる方もいるとは思いますが、もちろん私は柏サポなので、当たり前ですが柏には優しい視点にはなってしまうこともご了承ください(笑)


最後の最後にかなりドタバタした試合。
結局1-1で終わることができた。

まあ鹿島サポは試合後、審判団にブーイングしてましたが・・・そうっすね。逆の立場だったら明日の朝まで延々と審判の悪口言ってると思いますのでお気持ちは察します(苦笑)
でも、私は柏サポなので素直にこの引き分けには安堵しました。

鹿島って守備堅いし、シュートは柏に比べたら圧倒的に少なかったもののでも守りの面では堅守のいいチームでしたね。
とはいえ、22本も打ってやっとこさ1点ってのもちょっと問題かも。

ロボ、北嶋、酒井という攻撃的な選手(酒井は攻撃的な選手と呼んでもいいでしょう)3人放出し、その代わりの補強はまだ噂レベルでしか聞こえてこない・・・。
それもFWではないとか・・・。実際どうなのかわかりませんけどね。

順也、工藤もいいけど彼らも安定してないところもあるので、ほんとロボと北嶋の代わりそのままFWでもいいような。
今日、Jリーグデビューしたクォン・ハンジンはまあ、可もなく不可もなくってところか。
前半半ばまでの出来が最後までだったら確実に枠を空けた方が・・・と思ったが、試合に馴染むとまあ大叩きされるような感じでもなく無難だったかなと。
ただ、カバーリングが味方と被ったりするところが多々あったのでそこは連携の問題なのかな。
時間と練習で解決できればね。


とりあえず、でもやっぱり酒井の代わりのSBとFW2枚の3人は欲しいところです・・・。
改めてそう思えた試合でした。



ジェリービーンジェリービーン
太陽族

ワーナーミュージック・ジャパン 2004-05-12
売り上げランキング : 127867

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

JC14
2012年06月25日 12:56
鹿島のゴール裏からはおそらく肉眼では確認できないだろうし。なんであそこまで鹿島サポーターがブーイングするのかわかってませんでした。でも、おそらく、誤審か微妙なジャッジがあったのだろうかと思ってました。
映像でみると、ハンドはハンド、林のフライング??小笠原の林へのスライディング、これレッドじゃん。私も、かつをさんと同じく柏サポーター、視点は柏よりに。
優しく。負けなくて良かった。
ハンジン、初めてのスタメンにしては想像してたより良かったと思いますよ、菅野や栗沢がしっかりコーチングしてましたし。
補強どうなりますね?酒井の位置にマイコン来ないかな。
かつを
2012年06月25日 15:59
まあ、林のフライングも見逃しならば、小笠原の林への背後からのタックルも一発レッドなはずでそれも見逃しなんですよね。
あの時審判は2回目のPKを宣告しようとしていたので間違いなくファウルは取ってたんです。でも、近藤のゴールが決まったからプレーオンで流れてファウルに対してはイエローすら出なかった。
流すプレーでもプレーが止まったらしっかりと選手に対して注意、警告などをするものですが結局有耶無耶になって小笠原の処分無かったですからね。

もしそこで10人になっていたのなら、僅かの時間の総攻撃も出来たかどうかわかりませんし、林のハンド疑惑も起こらなかったかもしれない。

まあ、個人的には林のハンドのところはあの時の体勢から見ても故意じゃないと思うので流されたとは思ってますけれどもね。

とりあえず、2つの林の件の見逃しがあったとしても審判が【確実】にファウルを確認したところは小笠原のタックルだけなんですよね。
まあ、それも「ファウルは確認したがカードまで出るレベルじゃないと判断された」・・・と言えばそれまでなんですけどね(笑)

この記事へのトラックバック