『ラム・ダイアリー』無駄な時間を過せる映画 (30)

けして、アンチ”ジョニー・デップ”ではないんですけどね。。。




画像

<2012.6.30 ワーナーマイカル市川妙典 にて鑑賞>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:ジャーナリズム界の異端児と称された故ハンター・S・トンプソンの小説を基に、親友ジョニー・デップが製作、主演、企画をこなして映画化した伝記ドラマ。ニューヨークでの生活に疲れ、プエルトリコにやって来たジャーナリストが送る破天荒な日々を描く。監督・脚本は、『ウイズネイルと僕』のブルース・ロビンソン。ジョニーの恋の相手役を注目の新進女優アンバー・ハードが演じるほか、『サンキュー・スモーキング』のアーロン・エッカート、『扉をたたく人』のリチャード・ジェンキンスが脇を固める。

ストーリー:1960年、ニューヨークでの生活に疲労し切っていたジャーナリストのケンプ(ジョニー・デップ)は、地元紙に記事を執筆するためにプエルトリコへやって来る。個性的なジャーナリスト仲間に囲まれすぐに現地に溶け込んだ彼は、ある日アメリカ人企業家のサンダーソン(アーロン・エッカート)と知り合う。やがて彼の婚約者であるシュノー(アンバー・ハード)と出会ったケンプは、彼女に惹(ひ)かれていくが……。


ラストシーンについて触れる箇所がありますネタバレなどを回避したい人はこの先を読むのをやめてください



昨年の私の選ぶワーストNo.1映画はジョニー・デップ主演の『ツーリスト』ってクソ映画でした。
でも、この映画を見るとまた彼が主演の映画が今年のワースト1になりそうかな・・・とも思えるほど酷かったです。

ちなみにサブタイにも書きましたけれど、私はアンチジョニー・デップってわけではないです!ほんとですよ!!
(まあ、特別好きでもないですけど)でも、本当に彼の最近の映画ってクソ映画多くないですか?


ジョニー・デップが製作、主演したということで彼が映画にしたかったんだろうという気持ちはありありとわかるようなものの、監督が悪いのか脚本が悪いのか、製作が悪いのか・・・。よくもまあ、こんな映画を作ろうという気持ちになったよとほとほと呆れるくらいの出来の作品。

ジョニー・デップはケンプという記者を演じているのですけれど、そのケンプは自分を採用してくれたプエルトリコの新聞社にいくわけですが、その新聞社は表でその新聞に対して新聞を縛る結束機導入で切られた従業員解雇の件で暴動が起こってるし、ただごとじゃない雰囲気。
またこの記者の同僚は闘鶏にはまるデブ、クビを宣告されるから昼は会社に行かないという淋病のルンペン(みたいな人)と揃いも揃って屑ばかり。そして、揃いも揃ってアル中という。このタイトルの『ラム・ダイアリー』にラムってのはラム酒のラムってことですね。

そんなケンプを何故か気に入った地元の権力者のサンダーソン。開発に関する事業を行なおうとするサンダーソンはケンプの書く記事で自分のイメージアップを図る目的があったのでしょう。ケンプたちが酒場で起こした喧嘩のトラブルに巻き込まれて警官に反抗したために逮捕されて、深夜の法廷で(そんなもんあるんですね)実刑処分が下りそうになるのですが、サンダーソンがその保釈金を肩代わりし、彼に協力するしかなくなる。
サンダーソンの裏を取って彼の陰謀を暴こうとしていただけにどうもキマリが悪い。

そして、サンダーソンに気に入られ高級車も貸し与えられたりしていたんですけれど、サンダーソンの主催するパーティにケンプが呼ばれた時に呼ばれてもない同僚の闘鶏デブを勝手に連れてきたことでサンダーソンは気分を害するわけです。「お前(ケンプ)は口が悪い!」と。
そして、どうみても自分達がそのパーティーに場違いとわかると出会ったアバズレみたいな女の誘いでクラブみたいなところに行くことに。ケンプも闘鶏デブは一応、サンダーソンに告げてそこに行くことにするのだけれど、それを聞いたサンダーソンの彼女のシュノーは「私も行く!」と言い出して、これまたサンダーソンの気分を害するわけで。
彼女が心配だからサンダーソンも付いてくるわけですが、そのクラブで踊る黒人に色気を出して誘うように踊るシュノー。
パンツのファスナーを下ろしてもう彼女を犯しそうな体勢に入る黒人。それを止めようとするサンダーソンは他の客に店の外に追いやられ、ケンプも同時に追い出される。
まあ、誰がどうみても糞ビッチな行動をとったシュノーが悪いわけですが、こんな切っ掛けを作ったケンプに対してサンダーソンはブチ切れ。

彼らのために払った保釈金は撤回。
新聞社は編集長がトンズラ、印刷機は撤収。
ビッチ扱いされたシュノーは自分のところに転がり込んできたけれど・・・。

という流れです。
この先も書いちゃってもいいくらいの駄目映画ではありますが、露骨に書くことは避けますけれど・・・。
(追記:やっぱちょっとだけ書いちゃうかも)


さて、保釈金が撤回されてその金をどうやって捻出するか!・・・。
その方法とはルンペンの同僚の淋病も治したっていう呪術師に闘鶏にパワーを与えてもらって、その賞金で稼ぐという・・・んな、馬鹿な・・・(呆)


で、この映画ですね。
「印刷機も会社から無くなっても、なんとかして知恵を働かせて新聞を苦労して発刊して、んでサンダーソンの悪事を暴いて、大逆転して終るんですね?!!」

と思うでしょ?・・・。普通はそう思うでしょ?違うんです・・・。

どうするかっていうと、サンダーソンのヨットを盗んでプエルトリコを脱出し、アメリカ本土に帰ったシュノーに会いに行くというところで終ってしまいます。


本当にそれだけで終ってしまいます。

「ちょと、省略しすぎじゃない?なんか他にあったでしょ?」
って思われるかもしれませんが、本当にそれだけで終ってしまいます。ガチです。

その後、シュノーと結婚したということを文字で説明だけされますけどね(笑)


起承転結も何も無い。もちろん、盛り上げどころなんて存在しない。
この映画のモデルになった実際の伝説のジャーナリスト(笑)を元に書きたいエピソードを箇条書きのように映像化しただけ。そんな愚作です。


どこがどう伝説なのか。それを映像化すればいいだけなのにそれをしない。
どこのシーンにいっても酒に溺れる屑記者たちの絵ズラは小汚いし、見ているだけで不快で吐き気がするし。

そういやこの映画、R15指定なんだけれどどこがR15なんだろう。
シュノーとの絡みのシーンはありますが、裸の胸が薄暗い中でほんのちょっと出てた程度。
エロくもなければ、グロくもない。・・・、まあ雰囲気がガード下で酔っ払いが吐き散らかしたゲロみたいな(ゲロそのものはちょっとだけでそんなに出てこないけど、まあそんな様なということ)不快極まりない汚い画がプエルトリコの豪華リゾートの画と対照的に出てくるけれど、そういうことなのでしょうか?
アル中のおっさんが醜いから15歳以下は見るの止めた方がいいという親心なのでしょうか?


映画の内容もそうですが、そんなところまで意味がわからない作品でした。

公開日初日、初回に観に行きましたが、金と時間の無駄でした。
ここ最近3週~1ヶ月くらい新作映画鑑賞の感想文を書くペースが落ちてきてる私ですが、この糞映画だけはみなさんに早くお知らせして被害を食い止めよう・・・もしくは、逆にそんな糞映画愛好家たちは打ち切られる前に今すぐ劇場へ!という喚起の意味も込めまして、早々と書かせていただきました。




・評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (0)
・公式サイト



【関連作品】








マイヤーズ ラム 40° 700ml 1本マイヤーズ ラム 40° 700ml 1本

キリンビール 洋酒
売り上げランキング : 19959

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ぱたた
2012年07月04日 08:40
昔ミッキーロークが一瞬だけカッコいいと思った時期に
「バーフライ」を観てガックリしたの思い出しました。

鶴岡まちなかキネマ、イオン三川で上映なしなのでスルーで。
かつを
2012年07月04日 09:05
ああ、「バーフライ」。そんなものもありましたねぇ。中身覚えてないですけどw

今回の「ラム・ダイアリー」。ジョニー・デップのファンが「彼の顔を眺めてるだけで文句がない!」というのであればそういう理由で評価するのもいい(?)のかもしれないとは思いますが、それ以外の人にとっては完全に糞映画って言っても言いすぎではないと思います。

これに比べたらやっつけ辻褄合わせ、強引な奇跡が起こるような洋画、邦画の方が少しだけマシです。
もっとも、これはこれで「リアルだろ?」と言われればそうかもしれませんが、もしそこを評価するのであればなんでこれは映画にしたの?と問いたいくらいです。

伝説のジャーナリストがどう伝説なのかわかりませんし、映画の中では結局何もできずにプエルトリコからアーロン・エッカートのボートを盗んで逃げるというところで終るという。
鑑賞の記憶が薄れないうちにまだまだ愚痴りたい作品ですよ、これは(苦笑)

この記事へのトラックバック