がんばりましょう(キリンチャレンジカップ2012:第二試合)

U-23日本代表 1-1 U-23ニュージーランド代表


得点:(日)杉本  (ニ)ルーカス


画像



シュート数、日本19:ニュージーランド2。

それに表されるように内容は日本の圧勝だった。
でも、終了直前のアディショナルタイムに村松のビルドアップ時の不注意からボールを奪われ、繋がれ、容易く失点を喫してしまう。

なんとも後味悪い終り方だった。1-1。

でも、先ほども書いたように内容は日本の圧勝ペースだった。
1トップに入った大津はハードフィジカルからのボディコンタクトに優れ、チャンスを量産した。

それでも決まらなかった。

サイドに入った永井もチャンスを生んだが決められず。
エース的な存在の清武も決定機を作るがボールをふかしてしまい、ゴールが遠い。


後半、徳永のミドルを相手GKが弾いたこぼれだまを杉本が押し込んで先制したものの、結果は先ほど書いたように1-1で終ることに。

まあ本番試合前にいい反省材料はできたと思う。
ただ、大津と永井の位置は逆じゃないのか?と思ったり、バックアップメンバーを本メンバー斉藤よりも先に出したりと、関塚監督の采配には疑問の残るところも。

オリンピックの予選リーグには今は誰もが認める世界一のサッカー王国、スペインがいる。
2位以内でいいならと思うかもしれないがそんなに容易いものではないはず。

色々と厳しいことも想定される結果になってしまったが、本大会ではなんとか頑張って欲しい。


・・・ただ、バックアップのGK(林@清水エスパルス)に使ったOA枠が本当にもったいないな。



COOLCOOL
森浩美 SMAP

ビクターエンタテインメント 1995-01-01
売り上げランキング : 58843

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック