『コンフィデンスマン/ある詐欺師の男』を観てきました。

たまってた分、殴り書き




画像

<2012.10.22 銀座シネパトス にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:『パルプ・フィクション』『アベンジャーズ』など多彩なジャンルの作品で存在感を放ってきたサミュエル・L・ジャクソンが、主演と製作総指揮を務めた犯罪サスペンス。親友殺害の罪で服役していた天才詐欺師が刑期を終えて出所し、第二の人生を歩もうとするも、殺した親友の息子が現われたことで平穏な生活に陰りが生じていく。『テイク・ディス・ワルツ』のルーク・カービー、『フィクサー』のトム・ウィルキンソンらが共演。過去にとらわれた男の苦悩を体現したサミュエルの熱演に注目。

ストーリー:親友を殺害し服役していた元詐欺師のフォリー(サミュエル・L・ジャクソン)は、25年に及ぶ刑期を終えて出所し、堅実に暮らすことを決意。バーで知り合った若い女性アイリス(ルース・ネッガ)と恋に落ち、順調な日々を送っていたある日、親友の息子イーサン(ルーク・カービー)が現われる。イーサンに持ちかけられた訳ありな依頼を断り切れず、フォリーは再び裏の仕事に手を出すが……。



詐欺師で親友殺害の罪で服役していた男が出所。
そして、その人物に惚れ込みまた同じ道へ誘おうとする。
しかし、本人は真っ当に生きたいと拒みつつも、仕事を引き受けなければならない状況に。

って何かに似てると思ったら最近の映画では『アウトレイジ ビヨンド』ですね。
まあ、アウトレイジに関係なく昔から映画などの作品でよくあるパターンですけどね。


でもなー、これオチ読めちゃった。
最初にフォリーが元の嫁のところに行くシーンあるのですが、そことその後に出てくる若い女性。
それだけでもう読めちゃう。

だから意外性もなにもなくて冷めてしまった。
あと、詐欺師が映画にかかわってくるところなのに詐欺らしい詐欺のシーンはラストの1ヶ所くらい?
小さい詐欺シーンなどがなく、フォリーを天才詐欺師とみんなが褒めても実感するところなし。
しかも、ラストの詐欺だって・・・・・・・・・・・・・・・ですしね。

詐欺師らしいキャラ作りを要所要所でちりばめて見てる客に説得力を持たせ、また登場人物もミスリードを誘うところも持たせれば結構傑作になったかもしれないのにと思うと残念。

これだけでは駄作で終わってしまうような気がするかな。




・評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (3)
・公式サイト


【関連作品】







映画 アウトレイジビヨンド オリジナル・サウンドトラック映画 アウトレイジビヨンド オリジナル・サウンドトラック
サントラ 鈴木慶一

ドリーミュージック 2012-09-26
売り上げランキング : 41263

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック