ゴーイングmy上へ(第92回天皇杯4回戦)

柏レイソル 1-0 横河武蔵野FC


得点:(レ)田中


画像



相手はJFL中位。カテゴリーが2つ下のチーム。
自他共に勝って当然という雰囲気があるのは否めない。
しかし、相手の横河はFC東京を倒してここまで勝ち上がった。
油断はならないのはわかるものの、この日トップチーム初先発となった山中に表れるようにどこか固さもあった。
それでも5バックで守備固めする横河に対し、ボールを回せる箇所が多く、柏は前半24分。工藤がトラップで繋いだボールを田中がターンで叩きこみ先制!

リードを奪うと横河も前に出てくるようになり、柏もチャンスを生み出す一方で横河も攻撃に手数をかけた分だけそれまでとは一変しチャンスを幾度か掴むようになってくる。

今年で柏を退団するアン・ヨンハ、水野を途中で入れるも横河の勢いの方が終盤は柏へプレッシャーを効かせていて、終了間際には大チャンスを生むもシュートを外し、結局1-0で柏の勝利。


感想としてはやはり東京を倒しただけのことはあって、弱くはなかった。
横河のチャンスも菅野のセーブや相手のシュートミスなどもあったのだけれども、柏も決定機は同じように何本も作っていた。2点目を取れれば大分楽になれただけに課題ではあろう。

それでも勝利して上へ進めた。
ニーヤンはリーグ最終節の鹿島戦の退場が響き、3試合の出場停止。
天皇杯はもう決勝戦まで行けた場合しか出場できない。
ニーヤンやこの日怪我で出場回避したジョルジがいればこの試合ももっともっと楽になれたことだろう。
ニーヤンが次も出ないのは確定しているが、ジョルジも出場できるかどうかわからない。
それでももうあーだこーだ考えてもしょうがない。試合はすぐやってくるし、悩んでいてもしょうがない。
次の相手はリーグ戦でコテンパンにやられた大宮アルディージャ。
今日も3-0のビハインドを一気にひっくり返したような今は力のあるチーム。
気後れすることなくぶつかって後悔ないように戦って欲しい!

期待しています!















ゴーイング my 上へゴーイング my 上へ
SURFACE

マーキュリー・ミュージックエンタテインメント 2000-04-26
売り上げランキング : 150294

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック