『アウトロー』を観てきました。

ジョニー・デップだけじゃなくトム・クルーズも不発続き?




画像

<2013.2.4 ワーナーマイカルシネマズ市川妙典 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:イギリスの作家リー・チャイルド原作のハードボイルド小説「ジャック・リーチャー・シリーズ」を映画化したアクション大作。街から街をさすらう元軍の秘密捜査官だった男が、たった一人で悪に鉄拳を食らわすさまを描き出す。『ミッション:インポッシブル』シリーズなどでおなじみのトム・クルーズが孤高の主人公を熱演し、『タイタンの逆襲』のロザムンド・パイクらが共演。世界一の無法者が仕掛ける一世一代の大勝負の行方に目がくぎ付け。

ストーリー:真昼のピッツバーグ郊外で無差別に6発の銃弾が撃ち込まれ、5名が命を落とすという事件が発生。警察は事件発生後1時間という早さで、元軍人で腕利きスナイパーだったジェームズ(ジョセフ・シコラ)を容疑者として拘束する。だが彼は容疑を全面否認し、かつて軍の内部で一目置かれていたジャック(トム・クルーズ)への連絡を求める。



もう劇場はトム・クルーズ主演!ってだけでは客は呼べないのかもしれませんね。
512人収容のシアターでの上映。回は18時台。しかもレディースデーでもある。
それでも客は公開日から4日目なのにたったの6人。

まあ、その集客に見合ったような出来でしたかね。
『コラテラル』みたいにタフなちょっと悪い香りのする主人公なのかと思ったら、思ったよりもそこまで強くなくて・・・いや、普通にしてるよりは十分強いんだけれどもね。

『アウトロー』というのは邦題。アウトローっちゃアウトローなんだけれどもこれほどしっくりこないタイトルってのも珍しい。
だからといって原題の『ジャック・リーチャー』ではなんのこと?と思えてしまうからってのもわかる。
もっといい邦題なかったんですかね。
たいてい主人公の名前がタイトルの映画って糞映画が多いんですよ。昨日TOHOで見てきた『PARKER/パーカー』もそうでした。まあ、全てが全てっていうわけじゃないけど糞映画率高いですよね。

映画の内容について書いて無いな・・・まあいいでしょ。この映画だから。
もう一度簡単に言うと『コラテラル』のトムみたいに屈強な男を想像してるとちょっと外される。
だからといって基本的には人間味があるわけでもない。
なのに予告でもありましたが最初女弁護士を助けないと言い切ったのに直後に「気が変わった」といって助けにいったり。
主人公像がブレブレなんですよ。もっともっと冷血な中に助ける優しさを持つとかそんなキャラだったら魅力的なのにね。いろんなところで中途半端な主人公のジャック・リーチャーでしたってのがこの映画の感想。


あと・・・まあ、ラストのラストのシーンってわけでもないので書いていいか・・・。
ラストの方にですね。相手先に乗り込むわけですが、囚われの身の女弁護士の命が危ないって言う時なのにラスボス的な屈強な敵を相手にして相手が丸腰になる大チャンスに銃を捨てて肉弾戦を挑むとかね・・・もうね・・・。

なんだっけかな・・・なんかの映画でお前とは銃じゃなくて素手で決着つけるといって肉弾戦を挑んできた敵のいる映画がありました。『ザ・レイド』だったかな。
あれは、それまでの前フリがあるわけなんですよ。別の特攻隊?警察?とも素手で戦って仕留めたという。
ちゃんと格闘技の巧い相手方にもポリシーがあるのはそれまでの展開でちゃんと見せていたので納得できたんですよ。
なのにこの映画のあの戦いのシーンだけは「はあああああああああああああああ?」と思ってしまった。
どこまでバカなのかと。『海猿』でピンチの中愛の告白シーンがあってマヌケだとか言われてるけれど、洋画だってこんな感じでバカなシーンあるんですよ。
それまでの展開も面白くもなんともないのに、そんな本人たちは真面目なのに客から見たらただの間抜けシーンがあって笑いそうになるほど。


ただね。この映画でいいところが1つあったんですわ。
犯人が通っていた射的クラブ?のオーナーのおじいちゃんがロバート・デュバルだったんですよ!
トムとロバート・デュバルと言えば私の青春時代の映画『デイズ・オブ・サンダー』のコンビなんですよ!トムと言えば『トップガン』って人も多いですけれど、私は1990年頃に第一期映画ファン期を迎えたので『トップガン』よりも『デイズ・オブ・サンダー』なんですよ。間違いなく、私のマイベスト20くらいには入る作品ですね。

・・・良かった点はそこだけかな。



・評価:★★★★☆☆☆☆☆☆
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (4)
・公式サイト


【関連作品】










誤認逮捕 (幻冬舎新書)誤認逮捕 (幻冬舎新書)
久保 博司

幻冬舎 2011-09-29
売り上げランキング : 316778

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック