『ストロベリーナイト』を観てきました。

簡単に2、3行の感想。




画像

<2013.1.26 ワーナーマイカルシネマズ市川妙典 にて鑑賞>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:竹内結子がノンキャリアから警視庁捜査一課の刑事にのし上がったヒロインを熱演したテレビドラマ「ストロベリーナイト」の映画版。誉田哲也原作の人気ミステリー小説「インビジブルレイン」を基に、ある連続殺人事件に絡んだ思いがけない出来事のてん末を描き出す。主人公の腕利き女性刑事と道ならぬ恋に落ちる暴力団幹部を大沢たかおが好演。彼らの禁断の恋の行方はもとより、複雑に交錯してもつれ合う事件の真相に衝撃が走る。

ストーリー:警視庁捜査一課の刑事として活躍する玲子(竹内結子)が率いる姫川班は、管轄内で起きた4人の殺人事件を担当することになる。警察が合同特別捜査本部を設けて捜査に臨む中、犯人を名指しした匿名情報が寄せられるが、上層部からはすべてを黙殺しろとの命令が下る。玲子は単独で捜査を続け、その過程でマキタ(大沢たかお)と出会う。


本当は観る予定なかったんです。
というのも、昔はこのブログでもよく書いてたほどテレビドラマ好きな私でしたが、パッタリとテレビドラマ見なくなったわけでこのドラマもその中で見てなかったわけです。

で。ワーナーマイカルのスタンプカードでの無料鑑賞券が1月期限のが1枚ありまして・・・。前売り買って無いもので消去法で未見の映画といえば田舎の方の青年相撲の映画しかなかったわけで。
正直あまり見る気はしなかったけどそのまま無駄にするのももったいなくて・・・そんな中、同僚の女の子に話したら「『ストロベリーナイト』はたぶんテレビのはあれで完結してるから映画は映画で楽しめると思うよ」って聞いたので、まあ無料だしいっかということでこの映画を観ることにしたわけです。

その同僚が言うとおり、テレビ版見て無くても問題なく見れましたし、それなりに楽しんで観れました。

でもでも、なんでフジテレビの作る刑事もの映画って全部とは言いませんが、警察上層部の腐敗っていう背景の映画ばっかりなんでしょうか。多いですよね?
確かにそういうところもあるのかもしれませんけれど、敵意の矛先を全部そこに向けた作品ばかり作ってると「またか」「どこかで見たような」という気持ちにさせられるんです。
『アンフェア』とか『SP』とか『踊る大走査線』とか。(『SP』は正確には刑事ものとはちょっと違いますかね)

そこがちらつかなければもうちょっと素直に楽しめたのかもしれませんね。
あと、編集がいまいちだったかな。結構都合よいところが幾つかあったようにも思う。

まあ、ドラマ見てなかったのでそこそこ楽しめましたがドラマ版見てたら評価はどうだったのかわかりません。



・評価:★★★★★★★★★★
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (10)
・公式サイト


【関連作品】








線と面の思考術 ワンパターン発想を打破する頭のトレーニング線と面の思考術 ワンパターン発想を打破する頭のトレーニング
袖川 芳之

大和書房 2008-07-24
売り上げランキング : 598597

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック