『ゴッドタン』のライブに行ってきました。

『マジ歌 まさかの渋公フェスティバル』 /2013.4.18 渋谷公会堂




画像


昨年1月に開催されたマジ歌ライブはチケット発売日忘れてて取り逃したんですよ。
今回はちばぎんカップで並んでる時に思い立ったように申し込んでみたらあたったので渋谷に行って2年ぶりのマジ歌ライブ観てきました。

開場されると真っ先に入ってまずグッズ売り場を観に行ったのですが2年前は小物からTシャツまで5~7品くらいグッズ売ってたような気がするのですが(Tシャツは2種類くらいあったような)、今回のライブはTシャツとトートバッグしか売ってませんでしたね。あとはショップでも買えるDVDしかなかった。
ちなみにTシャツは開演15分前には完売してましたね。私は以前の時に買ったので今回は何も買いませんでしたが。

あと、入場時に特製タオルを全員に配布してくれたのでそれがお土産ですね。この日は初夏のような気候だったのでタオルはありがたかったです。

さて、開演は19:00からでしたが、5分前には前説VTRが流れました。
小木とあいながマジ歌ライブの楽しみ方をクイズ形式で説明し、掴みはOK!
その直後19時ジャストに開演し、矢作と大堀恵がレギュラー陣を呼び入れしましたが、大堀さんの掛け合いが微妙でグダグダのタイミングでまあそれが狙いなんでしょうけれど面白かったです(笑)

オープニングはバナナマン日村のお姉キャラソング(なんだっけあの蜂の歌)で幕を開けると、劇団ひとりのガリガリ君が早くも出てきたり、ダイノジ大地、東京03角田のバンドなどが出てくるとマキタスポーツのビジュアル系ソングなども入り盛り上がる。

みんなが心待ちにしてるフットボール後藤はまだ登場せず、日村の2周目からまた入るとラスト2組前に客席の合間を縫ってようやく後藤が登場(笑)

1周目に登場しなかった代わりに「ジェッタシー」と「ヘブリカン」2曲を立て続けに演奏(笑)



あの自腹で55万した糞ダサいギターも持参してくれたし、「ヘブリカン」の口笛では客が何度も笑ってしまうので何度も演奏が止まったり(笑)

いやーほんと、生ジェッタシーは糞ワロタですよ。
その後、劇団ひとりがトシムリンの進化系のムキムリンで「抱きしめてイムハタ」を歌うと、最後はゴッドタンのサライというべき「さくら」で締める。


アンコールは2年前の時もアンコール曲だった「TMN」(この名称でやっていいんか・・・?)のGET WILDほぼパクリの「ベットマイルド」。
そしてもう1曲あると言うことでアンコール含めて本公演を締めたのはフット後藤の「ヘブリカン」アダルトバージョン(笑)


こうして公演が終わったのは21時ジャスト。

2年前同様にまた楽しいライブでしたね!
ライブビューイングの客入りはどんなもんか?と思い、ネットで劇場の残席情報を事前に調べてみたのですが驚くことにお昼に私が見たときで7、8割客席が埋まってたんですよ!

こんなに人気あったんですね!今回ホールクラスのライブは初めてだったんですが、次はそろそろアリーナクラスくるか?!


本当に楽しい2時間でした・・・が2年前のライブレポ見ると今年のライブは2年前より45分も短かったのか・・・。
そう思うと、もうちょっと見たかったような気もします(笑)


p.s.
番組終了の雰囲気をフリに使って重大告知として発表された「キス我慢選手権」の映画化。
無類の映画好きの私なので間違いなく見に行くとは思いますがけして楽しみで行くというわけではなく「映画だから」「ゴッドタンだから」という理由でしょうか。
劇団ひとりのキス我慢はもう飽きちゃってるんですよね、正直。もうアドリブ暴走ですっかり役に入りきってしまうので、暑苦しいし、笑いどころも減るし、最初こそ新鮮味はあったけれどいつもそれだと飽きるんですよね・・・。
先日、ハライチ澤部のキス我慢DVDを観たばかりなんですが、新鮮味があって面白かったですもん。
まあ、今回は文字通り映画なので役者気取ってキス我慢するのもありなんですが、ちょっと出来が心配です(苦笑)






開演
19:00 (実質18:55)

終演
21:00








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック