『V/H/S ネクストレベル』を観てきました。

久しぶりのヒューマントラスト渋谷




画像

<2014.2.6 ヒューマントラストシネマ渋谷 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:気鋭のクリエイターが競作したオムニバスホラー『V/H/S シンドローム』の続編。失踪(しっそう)した人を捜索する探偵たちが残されたビデオテープを再生するというファウンドフッテージの手法で、テープに記録されていた衝撃の映像とその映像が引き起こす恐怖を描く。前作から続投する『サプライズ』などのアダム・ウィンガード、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』などのエドゥアルド・サンチェス、『ザ・レイド』シリーズなどのギャレス・エヴァンスらが繰り出す過激な描写の数々に身も凍る。

ストーリー:こつぜんと姿を消した青年の捜索依頼を受けた探偵と助手は、青年が滞在していたという古い家屋に潜入する。そこには大量のビデオテープと血痕が残されており、戸惑いながらも助手はビデオテープを再生してみる。しかし、映し出される映像は恐怖に満ちたおぞましいものばかりで、助手は取りつかれたようにテープを再生していくが……。



昨年のベスト20にこの作品の前作である「V/H/S シンドローム」を入れるほど好きだったことと、友達と9日に「フィンランド式残酷ショッピングツアー」を鑑賞する予定だったのでそのチケットを押さえる意味もあり平日ですが、渋谷まで出向いてこの作品をみてまいりました。

前作は盗みに入った家で見つけたVHSテープの山を再生してみたら・・という流れでしたが、今回は失踪した学生を追ってるうちにたどり着いた家のVHSテープを再生してみて・・・という展開です。

今回も紹介されるVHSテープは4本。

①最先端技術で視力を取り戻す義眼を装着する代わりにその義眼に仕込んだカメラで見たすべての映像を研究チーム?に提供するはめになった男の話。
プライベート映像もだだ漏れになることに不満はあったものの、やはり視力が戻ることは嬉しい。でも、その視力は本来見えないもの・・・見てはならないものまで映してしまうという義眼で・・・、という。
『the EYE』に似てるかもしれませんね。あっちは予知みたいなものもあったんでしたっけ?まあ、こっちは率直に言うと霊みたいなものなんですけどね。


②携帯で遠距離の彼女と通話しながら朝のサイクリングに出かけた青年。お笑い芸人がバンジーとかやるときに頭につけるようなヘルメット+カメラでサイクリングしてると、ゾンビに出くわして自分もゾンビになってしまうんですね(笑)これだけならよくある話ですが、そのヘルメット+カメラの映像が面白い。視点をちょっと変えてみると新鮮になる例ですね。


③これが4つの中では一番面白かったですかね。タイ?あたりの国のあるカルト教団へ取材へ行くドキュメンタリーを作成するという趣旨で撮影されたVTR。
不気味で怪しさもあるも、取材には協力的なのだがやがて・・・これはここで伏せておきますか(笑)是非、皆さんに直に見てほしいです!

④ある田舎の家でガキめらが友達に悪ふざけとかしながら犬にカメラを装備させて撮影した映像がメインの話。あるものが襲撃をかけてくるのですが、POVなのでリアリティが出てきて怖いやら面白いやら・・・(笑)



相変わらずどれもこれも面白い短編が詰まった作品でした。
特に③、④あたりは大好きですね。
皆さんも是非一度ご覧になってみてください。


あ、R18なのでそれなりの映像が大丈夫な人ということで・・・







・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★★★★★☆☆☆ (17)
・公式サイト


【関連作品】







TDK VHS ハイグレード 120分録画 3本パック [T-120HGUX3]TDK VHS ハイグレード 120分録画 3本パック [T-120HGUX3]

TDK 2008-09-10
売り上げランキング : 7783

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック