『そこのみにて光輝く』を観てきました。

★のみやっぱ少しだけ感想




画像

<2014.4.24 ヒューマントラストシネマ有楽町 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:『海炭市叙景』の原作者、佐藤泰志の三島由紀夫賞候補となった小説を基に、北海道函館を舞台に生きる場所のない男女の出会いを描くラブストーリー。仕事を失った男がバラックに住む女と出会い、家族のために必死な彼女をいちずに愛し続ける姿を描く。主演は、『シャニダールの花』などの綾野剛。主人公と惹(ひ)かれ合うヒロインを、池脇千鶴が演じる。メガホンを取るのは、『オカンの嫁入り』などの呉美保。美しい函館を背景につづられる、男女の愛の軌跡と人生の過程が心に突き刺さる。

ストーリー:仕事を辞めて何もせずに生活していた達夫(綾野剛)は、パチンコ屋で気が荒いもののフレンドリーな青年、拓児(菅田将暉)と出会う。拓児の住むバラックには、寝たきりの父親、かいがいしく世話をする母親、そして姉の千夏(池脇千鶴)がいた。達夫と千夏は互いに思い合うようになり、ついに二人は結ばれる。ところがある日、達夫は千夏の衝撃的な事実を知り……。



★のみじゃなんなので、一言程度。

綺麗な北海道の自然の風景と、そこに暮らす底辺の小汚い人々のこじんまりした生き様の対比が興味をそそられた。
役者については池脇さんは清楚で小さく可愛らしい浅ヤン出身の女の子のイメージだったけれど、もうすっかりおばさんの体つきになってましたねぇ・・・。
まあ、この役には池脇さんはピッタリでしたが時間の流れを感じましたね。

あと、注目してる男優さんでは仮面ライダーWでフィリップを演じていた菅田将暉の演技良いですね。
まだ感想文書いてないですけれど、『ウシジマくん2』でもDQNに人生を振り回される青年を演じてました。
この映画でも似たような底辺青年を演じておりましたが、いい味出していてあの可愛らしい男の子のフィリップの印象がなかったです。いや、それくらいいい役者に成長したなと思うとライダーファンとしては嬉しいんですよ。

まあ、長くなりすぎるとなんなのでそろそろ締めますが役者はよくて画もいいのに何故に★10か?というと、綾野剛演じる主人公が過去に部下を事故で亡くしたトラウマがあるとはいえ、少し・・いや結構、自分を過保護にしすぎていて、イライラしたからですかね。そんなところです。





・評価:★★★★★★★★★★
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (10)
・公式サイト

【関連作品】










るるぶ函館 大沼'14~'15 (国内シリーズ)るるぶ函館 大沼'14~'15 (国内シリーズ)

ジェイティビィパブリッシング 2014-02-08
売り上げランキング : 54558

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック