コブクロのライブに行ってきました。(2回目)

KOBUKURO LIVE TOUR 2014 ”陽だまりの道”/2014.7.6 さいたまスーパーアリーナ




画像


ライブ友と6月に横浜アリーナ公演を観に行ったわけですがそもそも友達が6月公演を、私が7月公演を申込んで互いに当たったので2回観に行ったわけです。
1回目を経ているので演出・選曲などはわかっています。
そこで開演前待っている間に「ライブって人によってほぼ同じMCを各地で話す人と毎回違う人いますよね。」という話題になった。
最近でこそ同じアーティストの同じ公演を複数回行くことも増えてきましたが、そんなに回数こなしてるわけでもないので比較対象がそんなにあるわけではないのですけれども、体験上でいうとサザン(桑田佳祐)、B’zなどは同じようなMCであることが多い印象でした。もちろん、それが悪いわけではないです。MCにも演出がある場合はやはり同じようなMCにしなければなりませんしね。(例:昨年のサザンのヤゴや、B’zの井戸など)

さて、6月の公演では長いMCには爆笑の連続だったコブクロ。友達も私もコブクロライブは前回が初めてで今回が2回目ということでそのMCの内容はどうなるかね?という話をしていた。
前回は直後に控えた台湾公演の話題や黒田の家の庭にカエルなどの小動物を解き放ち、ちょっとしたジャングルみたいになってる話などをしてました(笑)

台湾の話題はもうしないだろう、もしくは台湾の想い出話とかするかな?などと予想していたのですが、結果から言うと・・・全く前回とは被ってないMCで台湾の話題も恐らく他の公演で出尽くしたのか全く話しませんでした!


最初のMCではアリーナ最前列に居た長身の母子(21歳とその母推定50歳前後)を捕まえて同じ長身の黒田が「お前はそこの席取ったのならキャンセルせいよw後ろの人見えへんやんかw」と笑いながら言った後に「でも、お前も好きでその席に当たったわけじゃないもんな。しゃあないもん!」と背が高い故にの悩みを同情し慰めた後で黒田と同じ身長193cmということで小渕も寄ってきてその青年と並んで「これでコブクロですと言ってもわからない。」と話すと場内大爆笑(笑)
いやあ、話すと小渕よりも身長の高いお母さんといい2人に弄ってもらえていい想い出になったんじゃないでしょうか。

この後に「いやー、今日もほんと(客を)いじった!」と満足そうにステージに戻る黒田(笑)
本当に自由だな、この人と思いました。


こんな感じで前回、曲の感想などは大雑把にしているので今回は前回のライブとは異なるところを中心に感想文を書きたいと思います。
(ちなみにセトリは前回と同じです)

後半の長いMCのところでは、小渕のMCの最中にステージに寝転ぶ黒田。
「俺、これでもちゃんと唄えるもん」と言い張る黒田に釣られて、女性のストリングスチームとキーボード以外は寝転んで(ドラムはステージに直座りでしたがw)「陽だまりの道」をほぼ1コーラス歌うという(笑)

その後、前日(5日)の公演ではキーボードの人が他にバックで演奏しているという縁でT-BOLANの森友が観に来ていたという話になり「めっちゃ聴いてた世代」という2人がT-BOLANの曲を歌えるという話になりの、「By For Now」を途中まで歌って、その後誰々が来ていたという話になり
黒田が「ヒムロックが・・・」と捏造しそうになったところ「それはあかんw」と制し捏造が本当かはわからないがゴールデンボンバーの鬼龍院が来ていたということで「女々しくて」を歌詞がわからないまま1コーラス歌いの、最後は小渕が10月に大阪のマラソンに出場、その主題歌もコブクロが作るということで爆風スランプの「RUNNER」を1コーラス歌いのMCコーナーなのに色んな曲が聴けて楽しいライブでした(笑)

「女々しくて」を即興で歌った時に小渕が「コード進行全く知らないのに、すごいなw」とバンドメンバーを褒めてましたけれど、本当にそう思いました。



ということで、曲紹介の前の小渕のMCこそ毎回同じかもしれませんけれど、途中の長いMCの時間帯では本当に前回聴いたライブとは全く被ることなかったです。

今回も曲はもちろん、MCもかなり楽しいライブでした!
(自分の席がレベル400ということで周囲も座ってる人が多く落ち着いて見られるのもよかったです)


相変わらず幅が広い客層で(私の親くらいの年齢層のファンも結構来てました!ただ、高校生以下っぽい人はほとんど見かけなかったかな。)、MCで言われてたように陽だまりのような温かいライブだったと思います。
また、機会があれば是非コブクロのライブに駆けつけたいですね!





1. サイ(レ)ン
2. 君という名の翼
3. ストリートのテーマ
4. 六等星
5. 君への主題歌
6. 流星
7. 大樹の影
8. BEST FRIEND
9. 風
10. Saturday
11. 今、咲き誇る花たちよ
12. 時の足音
13. 陽だまりの道
14. 太陽
15. SPLASH
16. Moon Light Party!
17. 神風

EC
18. One Song From Two Hearts
19. あの太陽が、この世界を照らし続けるように



start 16:12

end 19:27









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック