ブランニューウェーブ(キリンチャレンジカップ2014)

日本代表 2-2 ベネズエラ代表


得点:(日)武藤、柴崎 (べ)マリオ・ロンドン[PK]、ガブリエル・シチェロ


画像


新生日本代表!アギーレ日本代表が観たい!!

と、言うよりは順也と酒井(宏樹)が代表に出るなら見たいと思いチケットは買っておいたものの、アギーレジャパンデビュー戦の札幌でのウルグアイ戦で2人とも先発し、順也は慣れないポジションで消化不良であり、酒井も中々守備はよかったものの最後の最後にクリアミスで失点に直結してしまうプレーをしてしまい、また軽く怪我した様子もありこの日は出番は無いかなと思いつつ、でもアギーレジャパンの1stgゴールは是非生で観てみたいなと思ったのでそっちを楽しみにしました。(ウルグアイ戦は0-2で敗戦)

気候も涼しくなり、この日も2日前のナビスコカップ同様月が綺麗に輝く中でのキックオフとなった。

前半はベネズエラが決定機を何度も生み出し、日本は柿谷が1本相手GKに阻まれたシュートの時だけか。

後半は日本も盛り返してきて、スペースをフリーでドリブルで前に運んだ武藤がそのままミドルシュートを決め1-0と先制!!
実にいいゴール!
ここから猛攻を・・・と思った矢先。水本がパスミス。相手に取られ、長友のスライディング及ばずドリブルで2-1の状況からミスした水本が背後から追いついたかと思えば相手を倒しPK献上。それを決められ1-1。

嫌なムードが流れてきたが、岡崎が粘りドリブルで持ち込み、クロスをあげると前に張ってた本田に釣られ空いたスペースにそのボールが飛び、それを柴崎がボレーで叩き込み2-1と逆転!

その直後、直接FKで本田のFKはゴールポストに当たり日本のイケイケ状態であったものの、相手のミドルシュートをGK川島がファンブルし、後逸するという致命的なミスで同点に。2-2。

結局そのまま終了。

お望みの田中順也も途中から投入されていたものの相変わらずのインサイドハーフということで持ち味発揮できず。

本田か岡崎の位置で試してほしいんだよね。あんなに窮屈そうな順也あまり見たくないな。


ということで、初めて生観戦したアギーレジャパンはドロー発進でした。

札幌では坂井、酒井。横浜では水本、川島とミスでの4失点は本当にもったいない。
でも、逆に言えば崩された失点ではない。そこに僅かに光を見たような気がする。

また、この日ゴールを決めた武藤、柴崎は代表初召集の選手。
選ばれるまではJリーグたったの4試合出場しただけでも、視察のあった試合で輝いてた(らしい)鳥栖の坂井が選ばれたことで誰にでもチャンスがあることが明確になった。

これは海外チームに移籍すれば高確率で選んでくれるザッケローニの時と違い、Jリーグも活気づく。
新しい日本代表は今までとは変わってくれる、そう信じてみたい夜でした。







MONOBRIGHT threeMONOBRIGHT three
MONOBRIGHT

アミューズ 2013-11-12
売り上げランキング : 66027

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック