ほらね、春が来た(2015.J2第4節@栃木:勝ち点5)

栃木SC 2-1 徳島ヴォルティス


得点:(栃)河本、阪野 (ヴ)廣瀬


画像


今年、栃木SC”生”初観戦で栃木の今季初勝利を観られたのは幸運でした。
既に4節のうち開幕、3節、この4節とホームゲーム開催をしている栃木ですが、開幕は日曜日の16時キックオフということで千葉への帰りが色々めんどいのでいかず、2節は三ツ沢で行きやすいアウェイであったが野球を観に行ったので行かず、3節はTM NETWORKのライブを観に行ってたので行かず。

ですので、ようやく第4節にして生栃木SCなわけです。

J2では人気のあるほうの札幌(開幕)、千葉(3節)ではないこともあり、また3試合未勝利ということもあってか、客入りは2,846人と寂しかったものの栃木のサッカーを直に見ることの楽しみでこの時を待ち焦がれておりました。

事前の天気予報では雨も予想されましたが、キックオフ直前は初夏を思わせるような陽気でした・・・が、キックオフのあたりで陽射しが雲に遮られ、一転し寒さがグリスタを覆い尽くしておりました。

そして、新生栃木が昨年はJ1で戦っていた徳島相手にどこまでできるのか?

キックオフしてみると意外でした。
圧倒的な栃木のペース。決定機も栃木が次々につかむのに対し、徳島はゴール前でシュートまで持ち込めない。
そんな前半21分。右CKをパク・ヒョンジンが蹴るとハン・ヒフンが待ち構えるところの前に割って入った河本がジャンプし頭で合わせると、相手のカバーが脚に当てるもクリアできずのそのままゴールラインを割って先制!!

その後も、左サイドからのアーリークロスに抜け出てノートラップで阪野がシュートするも徳島GK長谷川のファインセーブに阻まれ得点できなかったりなど一方的な栃木のペースを呼んでも過言ではない内容で後半を迎える。

後半になっても栃木の試合は続き、点が取れない試合内容のまま終盤。

ようやく再びヒョンジンのCKから4やはりハン・ヒフンの前に割り込んできた阪野がヘッドで徳島ゴールを割る!
2-0!

圧倒的に試合を掌握していても、何かの拍子で1失点してしまい勝ちきれないなんてこともあるだけにこの終了間際のゴールには胸をなでおろすものがあった・・・と思った、アディショナルタイム。
エステバンのゴール前のクロスに栃木GK竹重と相手選手と栃木のDFが重なり交錯し、こぼれたところを徳島の方の廣瀬選手に流し込まれ2-1・・・。

うーん、アンラッキーと言えばアンラッキーな失点ではありましたが、やっぱりこの失点は余計。
次節への反省材料にしていただければ。

ともかく、こうして栃木SCが4試合目にして今季初勝利。
点差以上の内容があったようにも思います。サッカーというものは全部の決定機を物にできるわけでもないですし、そう思えば野暮なのかもしれませんが、もう少し決定機は物にしてほしいところも・・・(苦笑)

何はともあれ、栃木SCの勝利を目の前で見られて嬉しい!

負けた試合も含め非常にいい試合をしていただけに栃木の勝利も近いものだろうと思っていたが、そのとおりのものを見ることができた。

ようやく、春がやってきた栃木。
次節は水曜日にアウェイで強敵ジュビロ磐田との試合ですが、是非とも勝ちきって波に乗ってほしい!
そう願います。


p.s.
この試合を見てよいなーと思った選手はゴールやアシストをしたからというわけではないですが、河本とパク・ヒョンジン。
河本のフィジカルコンタクトの強さと前への推進力は見応えありますし、ヒョンジンの正確無比なFK(またはCK)は大きな武器だと思います。
ただ、ヒョンジンは守備力をもうちょっと上げられるといいかなと。
河本もヒョンジンもそして決勝ゴールを決めた阪野もレンタルではありますが、これらの有望な選手のこれからが楽しみですね。






Myこれ!クション うしろ髪ひかれ隊BESTMyこれ!クション うしろ髪ひかれ隊BEST
うしろ髪ひかれ隊 Makiko Akko Shizuka

ポニーキャニオン 2001-12-05
売り上げランキング : 219471

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック