6ヶ月ぶりに野球を見てきたよ。

横浜DeNAベイスターズ 7-5 阪神タイガース


9/19 2015年 24回戦
勝:井納  S:山崎康  敗:能見
本塁打: 阪神: 鳥谷 6号(1回表ソロ) 、ゴメス 15号(7回表ソロ)
      DeNA: 筒香 20号(3回裏3ラン) 、嶺井 4号(8回裏ソロ)



画像


午前中に柏のチケットを確保してこの日の午後はTOHOで映画2本くらい見ようとしていたんですよ。
でも、兄に2日前に連絡もらって野球いこうぜ!っていうんで行ってきました。
シーズンシートをもらったらしいです。

で、行ってきたのですが阪神戦ということで客も多く、人、人、人・・・そのうえここ数日のような曇り空ではなくカンカン照りの暑さで、ドーム球場でもないこの横浜スタジアムでの野球観戦は汗だくでした。

そんな気候の中の試合だったんですけれど、試合内容がグダグダダラダラしすぎていてつまんなかった(苦笑)

よく、サッカー嫌いで野球好きな人が「サッカーは点が入らないから面白くない。野球は点が結構入るから面白い」みたいなことを言う人がいるんですが、面白い・つまらないは個人の感想の範囲なのでその考えがどうこうというのは特に言いませんが、私の場合は野球は投手戦の方が好きですかね。
1点を守る攻防。泥臭くても欲しい1点の渇望する両チーム。そんな試合がいいですね。

この試合は確か両チームとも残塁数が10・・・(苦笑)
勝ち投手の井納はとりあえず5回投げて勝ち投手にはなりましたが、奪った奪三振は「1」。
それも相手のピッチャーの能見のバッターボックスの時にとった「1」のみ。

被安打8で、自責点4で5回もピンチの場面にもなったのにそのまま投げてなんとか耐えて勝ち投手の権利を得て、6回になるとすぐ交代。
DeNAの中畑監督は井納選手に勝ち投手の権利をあげたかったのかな?
もっともっと勝ちに貪欲な監督だったらあの井納投手だったらもっと早く交代させていたでしょう。

両チームグダグダの先発でしたが、能見が4回、井納が5回。
なんで両チームそんなに引っ張ってるんだろうかなーと素人ながらに思った。
(野球に詳しい兄いわく阪神は12連戦だから投手の疲労を考えてるんかもしんないと教えてくれましたが)

ホームラン4本見られたのはよかったが、残塁10x2チーム分=20残塁(両チームで)。
これではグダグダになって、試合時間が4時間になるわけだ(3時間53分)

昔のスタジアムだから客席間は狭くて疲れるし、先ほど書いたようにクソ暑いし、グルメイベントをスタジアム外でやってはいたが、スペースの使い方が下手で大混雑でグルメを楽しむどころじゃない混雑でげんなりしたし(実際諦めてスタジアム入ってから食事買った)、試合はダラダラして4時間も試合してるし・・・。
うーん・・・まあ、しょうがない。こういう時もあるさ。

しかしまあ、めちゃ疲れた。。。。



今日行けなかった代わりに明日はサッカー観に行く前どこかのにTOHOシネマズで映画観に行ってきます。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック