祈りの季節(2015.J2第36節@栃木:勝ち点33)

栃木SC 1-1 大分トリニータ


得点:(栃)杉本 (ト)伊佐


画像


J3降格がチラついているJ2ビリの栃木とJ2ブービーの大分との直接対決。
直接対決だから是非見たいというのもありますが、柏の試合が被らないので是非グリスタへ~というところで行ってきました。

しかし、今年は意外と生での栃木SC観戦はこれで4度目。
2000年から栃木SCも見ることになってからおそらく一番生観戦しなかった年かもしれません。

柏の応援がメインってことでACLなどもあり平日の試合ばっかりで会社休んで応援にいって、で代わりに土日は何もないんだけれどもいつもなら柏がロングアウェイなどであればそこで土曜か日曜が空いていれば栃木の試合を観に行ったりするところですけど、なんか実家帰るのも面倒臭くなってなかなかグリスタいかなかったですね。

結果から言うとこの試合は引き分けで、個人的には一応2013年からの栃木SC観戦で17試合中2敗と不敗率は高まったがちょっと試合後は言葉に詰まるような試合でした。
確かに負けるよりはまだ引き分けで良いとポジティブに考えればその通りではありますが、何とか勝てば20位の水戸まで片手が届くようなところにまで登れたのに勝てなかった。

残りは6試合。厳しいですね。。
この試合勝てなかったことで自力の残留は不可能になってしまったわけで。
試合内容を見ても大分も大分でさすが21位くらいのところでしたが、どっちかというと大分の試合だった。
TVでは全試合見てきていますのでそれなりに勝たれますが、倉田監督になてからは「いい試合」をあまり見てきていないだけに厳しいかなと。(もちろん坂倉監督時代に「いい試合」が多く出たかと言えばNOではありましたが。たまに草津戦みたいな試合もありましたが・・・)

だが、根性を見せた試合はあった。
例えば金沢戦、水戸戦などは0-2から追いついた根性は見せたもののもう1つ積み重ねられずにドローに終わった。
追いついてのドローにはまだ光明が見えるがこの試合のように追いつかれてのドローは気が重い。

この先はどうなるかとか考えずに目先の1勝だけを1つ、1つ全力で取りにいってほしいですね。
変な星勘定だけは絶対しないようにしてほしいです。
「残り全部勝って~」とかいうのはフラグになりますからね・・・。


個人的には今年はどうかな?
11/11は柏の天皇杯がその前後で被らなければ是非、京都戦行きたいし。
万が一入れ替え戦に入ったらホームゲームは駆けつけたい。


ただ、とりあえずのところは今年の栃木SC観戦は最後。
まあどこのカテゴリーであろうが、JFL初年度のクソ弱い時からずっと栃木を見て来てるんですから、今更J3に落ちたところで見に行かないなんてことは絶対ありませんが、でも出来ることであれば当たり前ですが上のカテゴリーで戦う栃木の試合が見たい。


そんなわけで残り6試合、現地に観に行けないかもしれませんが栃木SCの残留を祈ってます。
頑張ってください!






家庭教師家庭教師
岡村靖幸

ソニー・ミュージックダイレクト 2012-02-14
売り上げランキング : 18414

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック