初めての呼吸で(フットサル国際親善試合)

フットサル日本代表 3-2 フットサルコロンビア代表


得点:(日)渡邊、森岡x2、(コ)トロ、カスティジョ


画像



サッカー、フルコートのサッカーに関しては1995年3月22日に初めて国立で柏vs鹿島を観戦後、21年間年間数十試合観戦しつづけておりますが、フットサルに関してはFリーグや、素人のフットサルにしろ全て含めても初めて生で試合を観ました。

スローインが無くキックインでアウトボールからの試合再開だったり、試合時間が40分トータルだったり、プレーが途切れてるところは時計を止めてるとかそういうなんとなくは知っておりました。(「やべっちFC」などでもよく放送してますしね)

でも、わからない部分も多いままですが、日本サッカー協会の後援会で無料で見れるので代々木まで行ってきました。
代々木第一体育館に17時40分頃到着し、会場入りすると結構スカスカだったのですが、なんだかんだで試合会s直前には1Fスタンドは満席になり、清掃などの手間が入ることを考慮し完全封鎖していた2階席をバックスタンドの中心部分だけ解放するほどの盛況ぶり。

コロンビアのサポーターも10名前後いましたね。
(日本人のコロンビア応援団?)

そして、19時5分キックオフ。

が、森岡がボールをカットされるとそこからの速攻でコロンビアのトロに先制点を許してしまう。
なんと開始23秒だった。

これがフットサル初観戦のゴールかえ・・・。

その後、日本もコロンビアも互いに攻めるがゴールを割れないでいたら前半半ばで渡邊が同点ゴール。

そうそう、バレーボールみたいにタイムアウトってあるんですね!
バレーボールなどはその時間でスタッフが急いでコートをモップがけするんですけれど、この試合ではアリバイ程度に端のとこ少し一部分だけ軽くモップ掛けしてました・・・。やる意味あるのかな?

そして20分の前半終わってハーフタイム(何分だったか忘れたけど10~15分くらい?)後、後半始まり森岡が2点取ると、コロンビア・・・ああ、そうそう。選手交代はサッカーのように副審に申請制ではなく、各自ビブスを脱いで手にもってそれをバトンのように自由に何度も渡しながら出入りするんですね。
テレビのやべっちなどのフットサルなどでも確かに交代自由でしたが、テレビの遊びの企画だから自由にやってるのかと思ってました・・・。

で、話を続けるとコロンビア。
2点ビハインドになると2番の選手が専用のGKユニを作っていて、攻撃時だけ1番のGKと交代し、2番がGKユニのままフィールドプレイヤーとして攻撃に参加し、プレーが切れると慌てて1番のGKに交代。
その繰り返しが10数回くらいあったような・・・(笑)
この自由度は面白かったですね。

で、その甲斐もあってコロンビアに1点返されるも3-2で逃げ切り、初めてのフットサル観戦は日本の勝利という結果でした。


試合時間はサッカーの半分以下の40分ってこともあり、20:30にはとっくに代々木体育館を出ておりましたが、やっぱり短すぎるという印象はある。

ただ、私もかなり昔の話ですがバスケ経験者でもあるのでわかるのですが、短いコートを何度も往復するくらい走り回るのって相当疲れるんですよね。
だから時間に関してはそんなものなのかもしれませんね。

コートが短い分、やっぱり戦術面などよりも個人技が大きく試合を動かすところもあるように思います。
見てみると結構面白かったです。また機会があればみてみたいですね。


ただ、どっちかというとやっぱりフルコートのサッカーの方が好きかな。。。
たぶん、今は全然体動かしてないで言うのもなんですがプレーする分にはフットサルは結構面白そうだなとは思いました。

そんなところです。







太陽の中の生活太陽の中の生活
THE BACK HORN

ビクターエンタテインメント 2008-09-02
売り上げランキング : 297586

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック