落ち葉(2016.J3-第29節@栃木:勝ち点58)

栃木SC 0-1 AC長野パルセイロ


得点:(パ)夛田


画像


前日に天皇杯ラウンド16の柏の試合を見て、2日続けてのこの試合だったんですけれど・・・。
正直、サポーターやってる柏の敗戦よりもこの試合の敗戦の方が精神的にきました。
落胆って言葉しか出てこない。


2位大分との勝ち点差は3。大分の相手はダントツ最下位に沈むYS横浜。
だから勝たなきゃ終わり。大分も栃木も勝たなきゃ終わりということに直結。

大分はYS横浜、鳥取との試合が残り、栃木は上位の長野と盛岡の試合が残る。
鳥取と盛岡は同じくらいの順位ではあるが、この節では栃木の方が厳しいことは想定された。

大分が順当に勝っても栃木が最低でも引き分ければ勝ち点差1で最終節。
つまり、単純に勝てば優勝で昇格となるイニシアチブを握れる立場にあったのに0-0で迎えたアディショナルタイム、、、一瞬の隙を突かれ島川の股を抜けるスルーパスを通され、それをグラウンダのクロスを入れられ、長野のコンハードが栃木の広瀬健太ともつれてボールが抜けたところ、ファーサイドをフリーで居た夛田に楽々流し込まれ終了・・・。

日付的に感想が前後逆になってしまうが、後日書く柏x湘南の柏の敗戦は後半不甲斐なくて笑うしかなかった敗戦である意味受け入れざるを得ない敗戦を試合中に味わうが、この試合は互いに特別決定機もない試合であったし、0-0で終わるもんだろうと思うところであったのでショックも大きい。

これが「隙」なのかなー。客も選手もどこかでそう思ってしまってた「隙」なのかな・・・。

グリスタはすっかり秋に包まれており、帰りの車のフロントガラスにもいっぱい落ち葉が降り落ちてました。
最終戦セレモニーでも監督も「ショック」と言うように私もこの落ち葉のように落ち込んだショックにやられていますが、残りの盛岡戦。また入れ替え戦。きっと全力で戦ってくれると信じております。

来週、大分が引き分け以下で終わって、栃木が勝って昇格してくれることを望んでおりますが、この順位(2位)のまま入れ替え戦まで回ったら・・家族の都合もあって、残念ながら予定されている11/27の第1戦は駆けつけることはできないのですが、それでも絶対スカパーの前で見届けたいと思います。

残り3試合になるか1試合になるかわかりませんが、最後の最後まで頑張ってほしいです。



Singles&More~Antinos YearsSingles&More~Antinos Years
フラワーカンパニーズ

エピックレコードジャパン 2002-10-23
売り上げランキング : 154504

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック