『アサシン クリード』無駄な時間を過せる映画 (40)

個人の好き嫌いではなく、誰が見ても恐らく駄作




画像

<2017.3.4 TOHOシネマズららぽーと船橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
見どころ:世界的なヒットを記録したゲーム「アサシン クリード」を、新たなキャラクターとストーリーで実写映画化したミステリーアクション。遺伝子操作によって、スペインでアサシンとして活躍した祖先の記憶を追体験させられる男が、歴史に隠された謎に挑む姿を描く。主人公とその祖先をマイケル・ファスベンダーが演じるほか、マリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズらが共演。監督は『マクベス』でマイケル、マリオンとタッグを組んだジャスティン・カーゼルが務める。

あらすじ:記憶を失った死刑囚のカラム・リンチ(マイケル・ファスベンダー)は、謎の施設に送り込まれ、遺伝子操作によって自分の祖先の記憶を追体験させられる。祖先は、スペインでテンプル騎士団に立ち向かう伝説のアサシン(暗殺者)であり、禁じられた秘宝“エデンの林檎”のありかを知る人物だった。



いやー、ひっどい映画でした。

ゲームは全く知らずに観たのですが、アクション映画のはずなのに肝心なアクションが少ない。
アクションがあっても、装置のアームに縛られたようなところ(遺伝記憶を探ってるんだけか)での仮想アクションみたいなものばっかり。
シンクロするところをくどいほど説明しているが、会話も多くて飽きるし、途中でどうでもよくなってくる。


とにかく、退屈で面白くない。
こんなものを見るなら『素晴らしきかな、人生』の方が少しだけマシかも・・・。
いや、どっちもどっちか?

それくらいのダメ映画でしたね。





・評価:
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (1)
 
・公式サイト



【関連作品】








テンプル 油処理剤 固めるテンプル 10包テンプル 油処理剤 固めるテンプル 10包

ジョンソン 2004-06-29
売り上げランキング : 2933

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック