オールタイムBEST10を選ぼう9『グレムリン』:ATB10 (9)




画像



今日みたいな日にふと過去を振り返る。

子供の頃、どんな映画を見てきただろう?

私が初めて映画を見に行ったのは『映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史』(1981年3月公開)で、7歳の時でしたね。
親と観に行ったと思います。
そして、洋画を初めて見に行ったのは『E.T.』(1982年12月公開)で9歳の時です。
父親に連れられて・・・兄か弟も一緒だったように思いますが、宇都宮のオリオン通りのすぐそばの宇都宮ヒカリ座というところで見ました。相当混んでたのを思い出します。
(大手シネコンがあちこちに出来る中、宇都宮ヒカリ座は寂れてきた商店街でまだ頑張っております!)

そして、今回の作品の『グレムリン』ですが、その『E.T.』の大ヒットからスピルバーグ=アメリカのファンタジー界の巨匠!みたいなイメージが当時の民衆の間にあり、そのスピルバーグ関係の作品なら(監督はジョー・ダンテなんですけどね)、と。あと、事前に漏れていた登場キャラクターのギズモがすごく可愛い!!
画像

そんなことからこの映画の公開日は1984年12月だから11歳の冬休みあたりに確か母親や弟や従妹と観に行ったような記憶があります。
確か、当時宇都宮にあったマルイのデパートの5階?あたりに東宝系の200数名の客が入れるシアター(ニュー東宝)と大き目の約400人は入れるシアター(第一東宝)があり、第一東宝での上映だったような記憶があります。


さーて、どんな可愛いモキュモキュしたお話が展開されていくんだろうな~~~・・・・・と思っていたら・・・。


とんでもない、コワイ映画だったわけです(笑)


中国の古物商みたいな人の店にいくとモグワイ(ギズモ)を見つけてあまりにも可愛いから欲しいというけど、売り物ではないと拒まれるオヤジ。でも、諦めきれず、店の小坊主に金を掴ませて店主の目の届かないところで購入し、アメリカに連れてきて息子へのプレゼントにする。
小坊主にも水を与えるな、太陽に当てるな、真夜中すぎに食い物を与えるなと3点の注意は受けていて息子にもそれを伝え、ルールを破らないように可愛がってたけれど、そこは「映画」ですからね・・・。

いらんことをする息子の友人らが来て余計なことをしたりなどのアクシデントで水をぶっかけてしまうと、背中が粉瘤でも出来たようにポコポコ膨れ上がり性格の違うモグワイが誕生してしまう。

可愛いのが増えた~と喜びたいところだけれど、増えたモグワイたちは性格が凶暴であったり、イタズラ好きであったり、愛らしく穏やかなギズモと異なり愛されキャラじゃない面々だったんですね。

そして、そのヤンチャなモグワイ達が誕生してからというものの、ギズモは同種の仲間なのにそいつらに虐められて可哀想な目に合うわ、飼い主の青年もてんてこまいになるわで。
そんな中、そいつらの悪知恵で餌をまんまと真夜中に貰うことに成功すると・・・ということで、大パニック発生!!!

という流れです。


しかし、いやー時代ですね。
こんな愛されキャラの出る映画なのに堂々と人が殺されていくシーンを何度もスクリーンに出します。
今では要らんお節介でカットされたり、見せ方に変更を余儀なくされたりなどかかりそうなシーンも結構あるのですが、そこは時代が許してくれました(笑)。


そりゃサイズも小さいグロテスクな小悪魔がケタケタ笑いながら人を殺したり色々破壊しまくったりする惨状は『E.T.』のノリで見に来た人には衝撃的だったことと思います。

今でこそR15などの年齢制限がありますが、恐らくこの映画はGではなく今でならPG12あたりはつけられると思うので、今の子供たちでも見ることが出来る程度ではあると思います。

でも、当時はレーティングなんてものはなく、気軽に映画を見に行くことが出来た時代で、だからこそ子供の頃にみたこの映画はインパクトが大きく、今でも頭に残っていて、たまに映画をまた見たくなるような作品になっているのだろうかと思います。そして、それだけ愛しているのだろうと思います。

ファンタジーというよりも、パニックやホラー要素の強い映画ですが、みんな、大勢もギズモのキュートなキャラと共にこの作品への思い入れも強い人も多いのかなと思います。



今日、この日。
ふと、この映画について書きたくなりました。私の人生で2作目の劇場観賞洋画(洋画というか邦画含めても実写映画も劇場観賞作品では2作目)。
愛する作品が人生の早い段階で出逢えた幸運をこういま、振り返って改めて思います。


映画館離れがあちこちで囁かれる今日ですが、小さいお子さんも、お爺ちゃんもおばあちゃんもどこでどう人生の1本に出逢えるかわかりません。

みなさんも、どんどん劇場に通って、いろんな映画に出逢いましょう!




追記:
この作品が大好きすぎてアメリカで『グレムリン』、『グレムリン2』、『グーニーズ』の3作品BDボックスセットを輸入したのですが、よりにもよって『グレムリン』が動作不良で見れないという・・・。
アメリカに送り返すのも面倒だからそのままにしてますけれど、あとで、これだけ国内版でもいいので単品でBD買おうかなと・・・。

ちなみにこの記事に貼ったチラシと同じデザインのポスター、子どもの頃実家の部屋に結構、長い間貼り付けてましたよ。たぶん、私が中学卒業した後も貼ってたような・・・。それが気に入って貼ってたというよりは面倒で張り替えてなかっただけでしょうけど(笑)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック