2017.12月劇場鑑賞分映画感想②

2017年劇場公開作品、年内”劇場”鑑賞投了:182本 (12/22 『フラットライナーズ』で終了)








2017年、最後の映画鑑賞まとめです。


今回は5本紹介です。6本残りあったのですが、1本(『エンドレス・ポエトリー』)はカルト映画コーナー紹介も兼ねてるので別枠行きですので、今回は5本です。

もしかしたら、『カンフー・ヨガ』をどこかで見るかもしれません。
でも、ムビチケも買ってないし、あまり自分の条件に合ういいスケジュールが見つからないのでそのままスルーするかもしれません。

もし、鑑賞したらこのページに追記したいと思いますが、見なかったらそのままですので併せて宜しくお願いします。






●『否定と肯定』
2017.12.14 TOHOシネマズ八千代緑が丘
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (10)
「いきがってる主人公の女性が苦手でした。」

・公式サイト






●『光(2017年)』
2017.12.14 TOHOシネマズ八千代緑が丘
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★★☆☆☆☆☆☆ (14)
「激しい音と静かな田舎の風景と。そして、まるで『君の名は。』みたいな一瞬でその地域の人の暮らしを根絶やしにする災害と。雰囲気はいいけど、その災害と生き残った当時の少年らの結び付けは弱いような。。。災害の意味はあったのかな・・・?でも、こういう映画好きですよ。」

・公式サイト






●『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
2017.12.15 TOHOシネマズ日本橋
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (11)
「公開日が会社のパーティがあり、午前中休みだったのでそこを使っていきました。仕事さぼってSWを見に来ているリーマンばっかでした(苦笑)」

・公式サイト






●『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』
2017.12.18 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
画像

・評価:
★★★★★★★★★☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (9)
「嫁がユダヤの避難者をかくまうためにナチスの人間に媚びてるのにそれに嫉妬するアホ夫、危険な場所にのこのこついていって、家のことがばれる切っ掛けを作ったアホ息子。夫が帰ってこないからとナチスの動物学者のところにわざわざ出向いてボロを出して家を調べられてしまうアホ嫁。このアホ家族にいらいらさせられっぱなしでした。」

・公式サイト






●『フラットライナーズ(2017年)』
2017.12.22 TOHOシネマズシャンテ
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
「これ、リメイクかと思ったら実は続編だったんですね。前作は私が高校生の頃に宇都宮でポルノ映画館が潰れて普通の映画館になった映画館があったんですけれど、そこで観た想い出があります。しかし、主人公が途中でXXXしてしまう映画って珍しいかな。あと、金子ノブアキに似てる人が出てた。」

・公式サイト

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック