2018.6月劇場鑑賞分映画感想

①『50回目のファーストキス』、②『OVER DRIVE』、③『羊と鋼の森』、④『万引き家族』、⑤『30年後の同窓会』、⑥『終わった人』、⑦『ザ・スクエア 思いやりの聖域』、⑧『空飛ぶタイヤ』、⑨『メイズ・ランナー 最期の迷宮』、⑩『ワンダー 君は太陽』、⑪『焼肉ドラゴン』、⑫『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』、⑬『ゆずりは』、⑭『オンリー・ザ・ブレイブ』、⑮『天命の城』、⑯『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』、⑰『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』、⑱『アメリカン・アサシン』







次の「映画」カテゴリー投稿で当ブログの映画カテゴリー数がちょうど2000になるので、今年の100本目記念個別エントリーでも作ろうかと思ったのですが、それだとちょい時間かかりそうなので(7/20に100本目劇場鑑賞しました)、そうしてるうちに8月になり、6月鑑賞とか振り返ってんじゃねーぞって話になると思ったので、取り急ぎ。
ちなみに今年のフリーパス1回目を発行したのですが、今回は20本に達しなかったですね・・・。
まあ、それは7月まとめの方ででも。

今回は18作品の感想というか☆評です。




●『50回目のファーストキス
2018.6.1 TOHOシネマズ上野
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★☆☆☆☆☆☆☆ (13)
「お笑い、ギャグドラマのイメージが強い福田監督が50回目~をリメイクするとどうなる?と気になったがこうなったかと。悪くはないね。要所要所で福田らしい小ネタもあったし。次はオリジナルの恋愛ものでも見てみたいですね」






●『OVER DRIVE
2018.6.1 TOHOシネマズ上野
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★☆☆☆☆☆☆☆ (14)
「ほとんど”女”が出てこない硬派な作品になったのは良かったところではありますね。せいぜい、兄弟の間での過去の淡い恋愛エピソードの女の子くらか。他は森川葵は主要キャストではありますが、"女"を売りにしたキャラではないしね。ただ、最後の最後のゴールシーンがアッサリしすぎたのが残念」






●『羊と鋼の森
2018.6.8 TOHOシネマズ八千代緑が丘
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★★★☆☆☆☆☆ (15)
「まあ、明らかに"静"の映画ではあったと思いますがよかったと思います。あと、山崎賢人の演技が上手く見える映画でもありました」






●『万引き家族
2018.6.8 TOHOシネマズ八千代緑が丘
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★★★★☆☆☆☆ (16)
「カンヌとった作品で、公開日初日に見たのですけど、普段この手の映画なんかみねーだろというような人まで見受けられ、やっぱり賞や報道の力って強いんだなと。いい映画でした。特に幼女の演技力がパネェので必見です。」






●『30年後の同窓会
2018.6.9 TOHOシネマズららぽーと船橋
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (11)







●『終わった人
2018.6.9 TOHOシネマズららぽーと船橋
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (11)
「定年退職した人でもこの主人公は結構恵まれてる方ですよ。ただ、ベンチャー企業の監査役から、若い社長が病死して社長を引き受けて業績を悪化させて~というのはちょいと展開が安易だったかなと。ちなみにこの映画同様に定年退職したような人が多かったですね、客層。」






●『ザ・スクエア 思いやりの聖域
2018.6.9 イオンシネマ市川妙典
画像

・評価:
★★★☆☆☆☆☆☆☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (3)
「『万引き家族』が2018のカンヌを制しましたが、去年2017年にカンヌを制したのがこの作品です。インタビューに暴言吐いたり、猿を演じて女の人に性欲剥きだして襲い掛かるモンキーマンだったり、人間の薄っぺらい部分への問いかけを作品にするのは面白いと思う。でも、それをアートの一環として映画の中で表現してしまうのは、結構安っぽいと思う。アートってことは私たちが映画を見ていて、そこから離れれば日常に戻れるようにアート作品にしてしまってことはどこかに逃げの部分を、余白を持ち合わせてるわけで。そういうのはなんかズルいかな。あと、どうせならもっともっとえげつない演出を見せてくれればいいのに、そこも半端なんです。だからそういうところも含めてアート作品としてしまってるからです。作品の中の作品なんか見る必要なんかないでしょ。」






●『空飛ぶタイヤ
2018.6.15 TOHOシネマズ八千代緑が丘
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
「池井戸潤原作のドラマはよく見ます(本は読まない人なので・・・)。で、どれも楽しいんですけど、この「空飛ぶタイヤ」は、映画の尺の中で片付けなければならないということもあって、テンポが良いという言い方じゃなくて、テンポが早すぎる。そのせいでカタルシスを感じるべきシーンでもそれを損なう部分もあり、もったいないなと。」






●『メイズ・ランナー 最期の迷宮
2018.6.17 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (10)
「キレイに締めたと思うけど、第四弾もあるとかなんとか・・・ほんとかな?」






●『ワンダー 君は太陽
2018.6.17 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
「悪くないんだけど、なんかきれいにまとめすぎてるような。子供って素直だけど、同時に残酷だから奇形の主人公の子はもっともっと陰惨ないじめにあってたんじゃないかなと思うのですが。いじめっ子が最後だけ物分かりよく終わったけど、あれ居るかな?とことんヒールで終わってよかったような。あれだけで救いにしちゃう中途半端さだけは気になった。」






●『焼肉ドラゴン
2018.6.23 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ (TOHOシネマズフリーパスポート2018年1枚目:1)
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
「2018フリパ1枚目スタートはこの作品で。。。でも、使いどころ間違ったかなー。この直前までやってたシネマイレージウィークを終えて、かつワールドカップ期間でJ1リーグがお休みの中なので、ここだ!と発行したのだけど、17~18作品でフィニッシュになりそうかも。それはそうと、映画はまずまず、韓国人俳優の演技力は良かった。ただ、同胞も多くいるだろう公立へ行かさず私立に強引に通わせた挙句、息子がいじめで自殺したのまで日本のせいだと言うのは、まるで何でもかんでも安倍のせいと言ってる左翼さんと似てるようでなんだかなーと(苦笑)、親父!お前のせいやろ!と。」






●『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-
2018.6.23 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ (TOHOシネマズフリーパスポート2018年1枚目:2)

画像

・評価:
★★☆☆☆☆☆☆☆☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (2)
「エグザイル一族て、ネタ抜きに全く興味ないんです。ただ、人気あるのは知ってます。けど、この映画・・・公開日初日(2日目だったか?)の昼なのに劇場がガラガラ・・・・。エグザイルに映画なんか求めてねーよってことなんでしょうね。それは僕も同感です。元SMAP3人のクソ野郎映画みたいにとりあえず何か映画作りたかったのはわかるけど、、、いや、オムニバスの各エピソードのエンドロール曲をやりたいがための映画かなと。演出も脚本もしょぼい作品ばっかでした。」






●『ゆずりは
2018.6.24 TOHOシネマズ八千代緑が丘 (TOHOシネマズフリーパスポート2018年1枚目:3)

画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★★★★★★☆☆ (18)
「人の死を扱うということで、まあお涙誘うシーンは結構ありましたが、設定が設定だからね。あと、こセレモニーホールに中途入社してくるチャラい青年がいるのですが、最初からここに勤めたい気持ちがあったのは最後の方でわかります。そんな心意気があったんだな・・・と思ったものの、だったら人に採用しやすいような面接を受けろと・・・・。劇中の面接の様子だと格好、言葉遣いで面接落とされても仕方ないようなもんだったしね。ただ、作品は結構よかったです」






●『オンリー・ザ・ブレイブ
2018.6.24 TOHOシネマズ八千代緑が丘 (TOHOシネマズフリーパスポート2018年1枚目:4)

画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★★★☆☆☆☆☆ (15)
「実話の映画化らしいが、まさかあんなオチで終わるとは思わなかった・・・」






●『天命の城
2018.6.24 TOHOシネマズ八千代緑が丘 (TOHOシネマズフリーパスポート2018年1枚目:5)

画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)







●『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
2018.6.30 TOHOシネマズららぽーと船橋 (TOHOシネマズフリーパスポート2018年1枚目:6)

画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★☆☆☆☆☆☆☆ (13)
「アクション映画としてはまずますで楽しめたけれど、そのうち忘れそうな内容だなとは思った。SWシリーズになんの思い入れもないしね」






●『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷
2018.6.30 TOHOシネマズららぽーと船橋 (TOHOシネマズフリーパスポート2018年1枚目:7)

画像

・評価:
★★★☆☆☆☆☆☆☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (3)
「実話の映画化らしいのでしょうがないのかもしれないが、面白くない作品だった。呪いを回避するために増築を続けていった結果、迷路みたいになったお屋敷が舞台なんだけど、ひねりも何もない。せいぜい突然の音で驚かせるのが精いっぱいのクソ映画(←音でびびらせる系には私は厳しいですw)でした。」






●『アメリカン・アサシン
2018.6.30 TOHOシネマズららぽーと船橋 (TOHOシネマズフリーパスポート2018年1枚目:8)

画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (11)


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック