2018.7月劇場鑑賞分映画感想

①『アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!』、②『虹色デイズ』、③『REVENGE リベンジ』、④『パンク侍、斬られて候』、⑤『名探偵コナン ゼロの執行人』、⑥『レディ・バード』、⑦『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』、⑧『インサイド』、⑨『ジュラシック・ワールド/炎の王国』、⑩『BLEACH』、⑪『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』、⑫『ウインド・リバー』





7月は100本記念で別エントリーで1本感想を書いているのでここにある12+1=13本7月の鑑賞数になります。






●『アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!
2018.7.6 TOHOシネマズ八千代緑が丘 (TOHOシネマズフリーパスポート2018年1枚目:9)
画像

・評価:
★★★★★★★★★☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (9)
「公開日初日だったかな。観たの。サッカーがネタになってるクレイアニメなのによりにもよってワールドカップが終わりかけてる頃の公開でこんなんでいいの?と思いました。」






●『虹色デイズ
2018.7.6 TOHOシネマズ八千代緑が丘 (TOHOシネマズフリーパスポート2018年1枚目:10)
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
「家政婦のミタの長男役で初めて知った中川大志くん、最近ご活躍ですよね。でも、有名どころ3人を押さえてお世辞にも4人の男の子の中では一番らしくない男の子が主役なのはやっぱりエグザイル一族だからでしょうか。」






●『REVENGE リベンジ
2018.7.7 イオンシネマ市川妙典
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (10)
「タイトル通りリベンジものの映画ではあるのですが、普通のギャルが殺されかかって、急に攻撃センスに目覚めすぎてて、どうも・・・。あと、そのギャルを犯してしまうのが男の狩り仲間で、男はそのギャルと不倫しててあとでギャルを殺す・・・し、そこなうという人間関係なんですが、もっと単純に見知らぬ(女にとって)男に襲われ、殺されかける。復讐の機会を探すってだけでよかったのかも。不倫してた男はすぐそこで殺されてもOKだったような。シンプルが一番ですよ、こういうのは。」







●『パンク侍、斬られて候
2018.7.8 TOHOシネマズららぽーと船橋 (TOHOシネマズフリーパスポート2018年1枚目:11)
画像

・評価:
★★☆☆☆☆☆☆☆☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (2)
「石井岳龍、元の名を石井聰亙監督の作品。私は彼の初期の作品がもう大好きでした。『高校大パニック』、『狂い咲きサンダーロード』、『逆噴射家族』などなど・・・。ただ、聰亙名義の終盤あたりはちょっと彼の好きな部分がなくなってきたように思いましたが、7年のブランクを空けて名前を変えて最近、また映画を監督するようになってきておりますが、どうも個人的にはいまいちです。今回の作品も奇抜な演出を多く取り入れて昔のような勢いを取り戻したいのかわかりませんが、私の好きな初期のような日常から突然爆発する奇行みたいな映画ではないんです。ただただ奇を衒ってるだけ。入りこめれば幸せかもしれませんが、入りこめなきゃただ退屈なだけです。今回は私は後者でした。」







●『名探偵コナン ゼロの執行人
2018.7.8 TOHOシネマズららぽーと船橋 (TOHOシネマズフリーパスポート2018年1枚目:12)
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
「コナンって普段は全く見ません。漫画も読みません。映画も積極的には見ません。でも、今回みたいにフリーパスを持ってる時には見ます。それで観たのですが、まあまあ面白いです。で、公開から3か月も経つのに大きいシアターを割り当てられたわけじゃないにしろ、この観た回は満席近くて驚きました。コナンってすごいね。」







●『レディ・バード
2018.7.9 TOHOシネマズシャンテ (TOHOシネマズフリーパスポート2018年1枚目:13)
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★☆☆☆☆☆☆☆ (13)
「シアーシャ・ローナン、可愛いなあ。JK役もぴったりだった。初々しい青春ものとしてはなかなかよい」






●『バトル・オブ・ザ・セクシーズ
2018.7.9 TOHOシネマズシャンテ (TOHOシネマズフリーパスポート2018年1枚目:14)
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (10)
「実際にあった出来事の映画化なので、結果などはしょうがない部分があるものの、肝心の試合のところの作りが全然盛り上がらない。また男尊女卑の激しい時代だったからかもしれないけど、今の時代でも考えればアラサーくらいの現役女子と50代半ばくらいの引退後何年も経過してるおっさんが試合したところでおっさんが絶対勝つなんて思う人はいないだろう。でも、この時代は圧倒的におっさん支持。両方割れてもいいと思うのに違和感が・・・まあ、時代ですかね。あと、主人公の女子テニスプレイヤーをサポートする夫がいたのですが、その夫が最後の最後の扱いが可哀想すぎて、共感もくそもあったもんじゃないってことやマスコミに突っ込まれそうな人と敢えて身の回りに置く勝手さにイラっとしたことで★は10。」







●『インサイド
2018.7.17 TOHOシネマズららぽーと船橋 (TOHOシネマズフリーパスポート2018年1枚目:15)
画像

・評価:
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (1)
「なんか観たことある映画だなーと思ったら、『屋敷女』のリメイクかー。この感想のために再度、『屋敷女』を見直すなんてことはしないけど、『屋敷女』ってこんな映画だったっけか?いやー、出てくる登場人物全員アホすぎて、アホすぎて・・・。いやー、元の映画の記憶も結構薄れてるんですけどね。でも、良かった点があります。襲われた警官が謎のゾンビ化しないところでしょうか。オリジナルのあれは意味わかんなかったし。ただ、それだけで他の恐ろしい要素、グロ部分などはオリジナルに及ばない・・・かったような。ちょっと記憶曖昧ですけど。」





●『ジュラシック・ワールド/炎の王国
2018.7.19 TOHOシネマズららぽーと船橋 (TOHOシネマズフリーパスポート2018年1枚目:16)
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★★☆☆☆☆☆☆ (14)
「このようなアトラクション映画はMX4Dで見るべき!と前作はMX4Dで見たのですが、前半半分くらいまでほとんどシートが揺れないような映画でした。続編のこれはフリパ中ってこともあり、タダで見たかったので普通の仕様でみたのですが、最初からアトラクション感全開!いやー、深いこと考えずに洋画大作はこれでいいのよ。MX4Dで見たかったですね。」







●『BLEACH
2018.7.20 TOHOシネマズ八千代緑が丘 (TOHOシネマズフリーパスポート2018年1枚目:18) ※17はこちらの作品
 【今回のフリーパスポートはこれにて使用終了】 
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★☆☆☆☆☆☆☆ (12)
「この手のCGバリバリの邦画ってよく叩かれるけど、偏見なくいつも見ますけど、まあまあ楽しかったですよ。」






●『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
2018.7.29 TOHOシネマズららぽーと船橋
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★☆☆☆☆☆☆☆ (11)
「悪くはないけど、いろんなドラマを映画の尺にぶっこみすぎ。箱から溢れそうなほどまでにぶっこみすぎ。ぶっこめばいいってもんじゃないのが残念。終始落ち着かない展開。」






●『ウインド・リバー
2018.7.30 角川シネマ有楽町
画像

・評価:
★★★★★★★★★★    
★★★☆☆☆☆☆☆☆ (13)
「悪くはない。悪くはないんだけど、宣伝方法がなー。いかにも少女を連続して殺してしまうキチガイの映画だと思うけど、(まあ犯人はキチガイに違いはないにしろ)主人公の娘が亡くなったのとこの映画の事件の犠牲者の女の子が殺された理由は全く関係ないし、映画の犠牲者の方はある意味アクシデント性のあるような急に火がついたかのように男に襲われてって話ですし。ちょっと思ってたよりもイメージが違いましたね。映画は悪くなかったですけどね。」



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック