起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 天国のクリス(2018.J1第24節@柏:勝ち点29)

<<   作成日時 : 2018/08/30 09:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

柏レイソル 5-1 V・ファーレン長崎


得点:(レ)クリスティアーノx2、伊東、手塚(FK)、オルンガ (V)鈴木



画像


いやあ、J1の18位に沈む長崎が相手とはいえ、春の前期の試合では負けてる。
そして何より、今の柏レイソルは弱い。

だから、不安はありました。

蒸し暑さが残る8月下旬のこの頃。長崎との一戦が始まったわけですが、開始早々DFラインの背後のポーンと出されたボールに鈴木武蔵が反応、柏DFナタンも追想し、スライディングでファーに打たれるコースを切ってはいたものの、GK桐畑のニアをぶち抜かれて失点を許す。

うーん、ほんとはジョンスが見なきゃならかったような気もしますし、鈴木ムサシのシュートは威力はありましたが、コースはニアしかないところを打ってきたわけですし、きっちりと弾いて欲しかったかなと。

湘南戦や磐田戦など早い時間に失点し、あとはズルズルいくパターンが最近よくあるので嫌な予感がしました。


でも、1つの幸運なゴールがそれを変えます。

小池のグラウンダのクロスを長崎DFが慌てて足を出してクリア。
しかし、それが短いと、クリスの足元に飛んでくるとそのままボレーで流し込み1−1の同点!

早い時間に取り返したことで、勢いはあがり、その数分後にまた小池からのクロスを頭に当ててゴールに流し込んだクリス。
ゴールとの距離はあったものの、コースが良かったので、そのままゴールイン2−1!


そして、後半早々。

高木のロングパス・・・というよりは前線に浮き球を送るとそれを処理に入った長崎・翁長と、長崎GK・徳重の連携が悪く、間に入った伊東に先にボールに触られ、ループ気味に流し込むと3−1!

ここで2点差が付くと失点こそしたものの、長崎のチャンスらしいチャンスは失点シーンと後半に1個あったくらいなので、それを思うともう柏のものでした。

手塚の直接FKで4−1!

そして、締めはこの日2試合目の出場のオルンガが来日初ゴールをあげ、5−1!で終了。


開始間もない時間帯は嫌なムードもあったものの、終わってみればみんな笑顔の天国状態でフィニッシュでした。
今年はこれまでたった3ゴールと絶不調のクリスも久しぶりの2ゴールにいい笑顔でした!
やっぱりクリスが取らなきゃ勝てないよね!


また、同じくらい貢献したと言えば、特にゴールには直接は絡まなかったものの、瀬川の上下の動きがすこぶるよく、陰のMVPですね。

さて、次節は残留争いのライバルの横浜F・マリノス。。。


柏は今年は連想が無いので、ここで今年初めての連勝を達成し、そして、早く・・・一刻も早く残留の安堵感を味わえるようになりたいです。


この日は天国でしたが、まだまだ地獄の残留ロードは続きます。。。





Very Best Of ICE BOXVery Best Of ICE BOX
ICE BOX

トライエム 1994-07-05
売り上げランキング : 87478

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天国のクリス(2018.J1第24節@柏:勝ち点29)  起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる