未来に絶望(2018.J1第30節@柏:勝ち点33)

柏レイソル 0-1 名古屋グランパス


得点:(グ)前田



画像



絶望の敗戦。

いつもは簡単なミスを繰り返すGK桐畑もこの日は凄く当たっていてファインセーブを連発。
でも、相手の名古屋のGKランゲラックも同様にファインセーブ連発で柏はゴールを割れなかった。

唯一の失点は前半、左サイドから素早いグラウンダのクロスを押し込まれたものだったが、最初はジョーとアナウンスがあり、まあジョーであれば完全にオンサイドだったけど、あとで得点者が訂正になり前田となっていた。
まあ、前田もオンサイドはオンサイドではあったんだけど、非常にギリギリでそういうところも運がなかったか。

けして、名古屋に圧倒されたわけでもなく、序盤はむしろ押していた。
でも、決定機も瀬川のシュートくらいだったか。勢いがあった時にとっておかないとああいうことになってしまうという典型例か。

そして、後半途中で高木は不要なファウルで退場し、万事休す。

各代表帰りで精彩を欠いた伊東、オルンガもパッとしなかったこともあった。


そんなわけで、いよいよヤバイです。
前にも書いたように覚悟はしていたものの、いざその時が目の前に迫っているとなるとこの先を思うと怖いです。
降格するとどれだけの選手が移籍してしまうのか、そうなるとJ1昇格にどれだけの時間がかかるのか。
そう思うと怖いです。



昨日の他の試合も踏まえ、勝ち点は33。
他も33、34で並ぶチームはあれど、個人的予想、見解も踏まえて書くと


14位(34:-5) 名古屋 残り6試合 札幌、神戸、C大阪、清水、広島、湘南
          この中でチーム状態が↑なのは清水くらいであり、他の5チームには勝ち点取れる可
          能性が高い。
          2試合未消化試合が多い。下位5チームの中では一番早く残留争いから抜け出そう。

15位(34:-12) 磐田 残り5試合  湘南、広島、F東京、札幌、川崎
          1~3位のチームとの対戦を残してはいるが、広島とF東京のチーム状態は急激な
          下降線。 (現にそれらには柏でも勝てている)難敵は川崎くらいか
          また1試合未消化試合が多い。

16位(33:-7) 鳥栖 残り4試合 長崎、神戸、横浜、鹿島
          前節止められたものの連勝して調子のよい横浜とACLでテンションあがる鹿島は
          難しいかもしれないが、18位長崎と8試合勝ち無しの神戸を残している。
          ここで勝ち点を取る可能性は高い。
          監督交代ドーピングも生きて勝ち点3取ってることにも注目

17位(33:-8) 柏 残り4試合  川崎、鹿島、C大阪、G大阪
          絶好調首位の川崎、ACLの鹿島という2チームと先日連勝が5で止まったとはいえ
          好調のG大阪も残しているので厳しい。
          前節で勝ち無しが公式戦5で止まったとはいえ、C大阪戦がカギか。

18位(29:-17) 長崎 残り4試合 鳥栖、横浜、G大阪、清水
          現在、絶好調の3チームとの試合が残っているのでこちらもキツイか。ただ、鳥栖
          との直接対決も残しているので、巻き込めることもできる。



こうしてみると、やっぱり柏は厳しい(長崎も厳しいかな・・・)。
もうここまで来てしまったらとりあえず今年は加藤望監督を代えてくれとは言わない。

いや、むしろ最後まで居てもらってセレモニーでは野次の1つくらい飛ばさせてください(笑)


あとは選手の”力”を信じるのみ。
私は根拠がないと「信じる」という言葉は極力使いたくない。
でも、柏の選手たちなら信じられる。

残り4試合、選手を信じて、もがきあがいて、そして結果を掴んでほしいと願います。
頑張ろう!レイソル!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック